続・竹林の愚人 Greeting

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

賀春

2015.jpg

あけましておめでとうございます。

羊の画像は2010年に解体された新ダイビルの四隅に鎮座していた藤本美弘氏によるものです。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 11:51:04|
  2. Greeting
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

午

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


馬の画像を撮りためたファイルから探してみても、動物園のシマウマしか見当たらず、銅像を掲げることにしました。

神戸タワー
神戸タワーと聖徳太子銅像

 神戸市兵庫区の「まちかどの伝説と信仰
湊川公園北、大楠公像(楠木正成)の近くに聖徳太子銅像が建っていた。
兵庫区に聖徳太子像がある由来は、七世紀の初めに太子が法隆寺を建立し、「宇奈五ノ岳(うなごがおか)」(今の会下山)は法隆寺の領地であった。
これにちなんで、大正10年に、当時区内の大工町に住んでいた岡田氏が顕彰のために建てたものだが、震災で壊れ馬像のみとなっている。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/01/01(水) 09:00:56|
  2. Greeting
  3. | コメント:1

阿武山古墳の石槨の構造と年代

白石太一郎高槻市制施行70周年記念歴史シンポジウム
「中臣(藤原)鎌足と阿武山古墳」

阿武山古墳の石槨の構造と年代

白石太一郎(京都橘大学名誉教授)

12月22日(日) 午前11時~11時30分
高槻現代劇場中ホール

阿武山古墳は、墳丘を持たないきわめて特異な古墳である。
尾根上の地山を南北に長い楕円形に掘り込んだ大きな墓境内に南に開口部をもつ横口式の石槨を営み、これに夾紵棺を納めている。
石槨の上部には少量の盛土を施し、その上に塼を葺いて保護し、その上で墓壙を埋めている。
墳丘の盛土はいっさい認められないが、この石槨を中心に東西径約84m、南北径約80mの周溝をめぐらして墓域を画している。
石槨は、比較的小型の石材(花崗岩)を積み上げて構成しているが、壁面には漆喰が塗られ、白壁に仕上げられていた。
側壁上には4枚の天井石が置かれている。
床の中央部には塼を積み上げ、長さ2.3m、幅0.8m、高さ25cmの棺台が設けられていた。
石槨の南側には側壁の南端部から1mほど内側に大きな板石を立て、その上部に石や塼を詰めて閉塞していた。
この板石の外側は、漆喰や石材が厚く充填され、厳重に封鎖されていたようである。
石槨部の内法は長さ2.58m、幅1.16m、高さ1.16mである。
畿内の石棺系横口式石槨との関連で阿武山古墳の年代を考えると、7世紀後半でも新しい時期を想定せざるをえない。
ただ、阿武山の埋葬施設はきわめて特異なもので、小型化した横穴式石室の範疇で捉えることも可能である。

阿武山古墳の周溝内から検出されている土器の年代について検討してみよう。
この土器は、古墳の南側の周溝の埋土中層から出土したもので、須恵器の杯Hの杯蓋3点と杯身1点である。
奈良文化財研究所の飛鳥編年では坂田寺池SGlOO出土の資料に近いもので、660年代でも後半の年代を想定している。

最近、高橋照彦氏は、阿武山古墳の周溝の土器を650年代の坂田寺出土品より少し古く位置づけ、7世紀中頃、おそらく大化2年(646)の直後に築かれた可能性が高いとし、その石槨を「大化薄葬令」の大仁・小仁、大礼以下小智以上の「内長九尺、高濶各四尺」に合致するものとし、墳丘を営まない点も「不封使平」という規定に合致しているとしておられる。
さらに高橋氏は、その被葬者として『日本書紀』大化元年九月条にみえる「阿倍渠曾倍臣(欠名)」をあげている。
この高橋説は、大化薄葬令の評価とも関わる重要な問題提起だが、阿武山古墳の周溝の土器はそこまでは遡らないと考えている。
 
中臣鎌足説については、阿武山の石槨を石棺系横口式石槨の範疇で捉えると、7世紀後半でも新しい時期のものとなり年代が合致しない。
ただこれを横穴式石室の流れを汲むものと捉えると、鎌足の没年(669)もその幅の中に入ると考えることができる。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/12/23(月) 20:03:40|
  2. Greeting
  3. | コメント:0

Coast Salish Totem Poles

Coast Salish Totem Poles

Prof. Greg Fieldsから「A Totem Pole History」に次いで「Coast Salish Totem Poles」を送って頂きました。

Coast Salish Totem Poles

Joe Hillaire と娘さんのPaulineさんでしょうか、 素敵な写真ですね!

テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/13(金) 20:05:54|
  2. Greeting
  3. | コメント:0

茨木スイーツコンシェルジュ

認定証

“茨木スイーツラリー参加店全てのスタンプを集められたので、「茨木スイーツコンシェルジュ」の認定証と、商品をご送付させていただきます。”
という訳で、茨木市産業環境部商工労政課という部署から茨木市長名の認定証を頂戴しました。

コンシエルジュ(concierge)とは、Wikiによれば「集合住宅(アパルトマン)の管理人」
そこから解釈を広げ、ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応する「総合世話係」だとか。

「スイーツコンシェルジュ(SWEETS CONCIERGE)」の方は「スイーツから広がる豊かな食文化を提案することができるスイーツのスペシャリスト」だそうです。
ただスタンプを集めただけでスイーツのスペシャリストとはおこがましい限りですが、こうしてブログの「管理人」として伝える努力はしました。

かすてら

同送された商品は、銀座文明堂で長年修行され、キメの細かいカステラを信条とする「聖磁堂」さんの「かすてら」です。
こちらは美味し頂きました。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/04/27(土) 21:03:47|
  2. Greeting
  3. | コメント:3

あけましておめでとうございます。

巳神社
巳神社(祭神:弁財天巳大神)  四宮神社 境内社 神戸市中央区中山手通5-2-13

新年 あけましておめでとうございます。

テーマ:ごあいさつ - ジャンル:その他

  1. 2013/01/01(火) 04:56:37|
  2. Greeting
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

Bhutan

あけましておめでとうございます。

この龍の図はブータン王国の国旗です。
昨年はジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク陛下ご夫妻が来日し、
国民の大半が幸せだという国民総幸福量 (GNH) という新たな概念を示して頂きました。

優秀とされる官僚や学者が、未曾有の危機に関してはまともな対応ができずに「想定外」と逃げる中、
福島第1原発事故対応を指揮した陸上自衛隊の宮島俊信・中央即応集団前司令官が唯一、
「我々は「想定外」という言葉を使わない。すべて最悪の事態を考えておかないと対処できません。」
と言われたのが救いでした。

今年こそ良い年でありますように。

テーマ:あけましておめでとうございます - ジャンル:ブログ

  1. 2012/01/01(日) 05:00:34|
  2. Greeting
  3. | コメント:2

パソコンのサイトを開設しました。

cloud

NECが中国のレノボと合弁会社を設立するとか。NECとはPC9801が出た82年からのお付き合い。
レノボは存じませんが、IBM ThinkPadなら弁当箱と呼ばれた95年の345CSから何台か乗り換え使っていました。

OSはDOS、Windows3.1、95、98、98SE、Me、2000、XP、Vistaは遠慮して64bitの7、と一通りMicrosoft OSを経験して、現在は2年前に組んだデスクトップにXPと7を入れて、古いノートにはUbuntuを入れて遊んでいます。

プログラムを組むほどの力量もなく、只々、このやっかいな道具と長く付き合って、少しは知恵がつきました。
そこで、皆様のお役に立つことがあればと、パソコンのサイトを作ってみました。

今流行のクラウドの利用法と、ブログに関すること等・・・、
このブログのコメント欄にご質問頂ければ、出来る限りお答えさせて頂きます。

まだ名前もつけていませんが、まずはこちらから。









テーマ:パソコン初心者 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/01/30(日) 00:05:04|
  2. Greeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日、神戸から



今日、神戸に残った友から1冊の本が送られてきた。
あれから16年という今日、この日に届いたことに、言い知れぬ縁を覚えた。

2010年10月から12月の毎土曜日に日本テレビ系列で放映された「Q10」のシナリオ本である。
このQ10シナリオBOOKのあとがきを是非とも紹介したい。

「Q10」のテーマは「愛」だと、ずいぶん前から河野プロデューサーと決めていた。お義父さんの家に残っているものは、どれも愛の果てにあるもののように思えた。そのささやかな生活の延長線上に、私達はいるのだ、と思った。
本来、シナリオは撮影の設計図のようなもので、人の目に触れることはない。今回、編集者の反町さんのお陰で、こうして本として残ることとなった。
私たちが死んでしまった後に、この本を開いている人もいるかもしれない。そんな人たちのために言っておきたい。
こんなささやかなドラマを見て、慰められたり、一生懸命だったり、死ぬほど考えたり、でも最後にやって良かったと思ったりしたこと。
2010年、私たちは、まだものがたりの力を大真面目に信じていたということを。
     2010年12月                木皿

                                                    合掌。

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/01/17(月) 17:56:53|
  2. Greeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年賀

年賀

テーマ:☆ お知らせ ☆ - ジャンル:ブログ

  1. 2011/01/01(土) 06:35:07|
  2. Greeting
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。