続・竹林の愚人 2008年05月

バード

FI2620946_1E.jpg
Common Myna  インドハッカ(八哥) スズメ目ムクドリ科  よく歌う鳥。

FI2620946_2E.jpg
Red Crested Cardinal  コウカンチョウ(紅冠鳥) スズメ目ホオジロ科  赤い冠の鳥。

FI2620946_3E.jpg
Zebra Dove  チョウショウバト(長嘯鳩) ハト目ハト科  綺麗な声で長く鳴く鳥。

FI2620946_4E.jpg
移民の島ハワイは
Japanese White Eye(メジロ)やJava Sparrow(文鳥)等、鳥たちの出身地もさまざま。
屋外で食事をしていると、おねだりに飛来してきます。油断していると、お皿にもつついてきます。

FI2620946_5E.jpg
エサをまくと、たちまち群がってきます。

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/31(土) 06:23:50|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カイルア・ビーチ

FI2620948_1E.jpg
アラモアナS・Cから全米ベスト・ビーチのカイルア・ビーチへ。58番が来たら、シーライフ・パークで乗り換えの海岸線コース。57番はチャイナタウンから山を縦断するコースになります。57番が来ました。カイルアショッピングセンターの先で下車。ラニカイ・ビーチへ行く70番は便数が少ないというので、歩き出したところ目の前を通過していきました。

FI2620948_2E.jpg
閑静な住宅が並んでいます。

FI2620948_3E.jpg
カイルア・ビーチパーク
正面ゲートの両脇に屋外シャワーと、トイレ、更衣スペースが設けられています。駐車スペースも充分なひろさです。

FI2620948_4E.jpg
広い砂浜で子供たちもボードで遊んでいます。少し沖ではカヤックも。

FI2620948_5E.jpg
コバルトブルーに輝く澄み切った海、パウダーのようにサラサラと した真っ白な砂浜、サンサンと照りつける太陽。観光パンフ通りのビーチで泳ぐでもなく、木陰でうたた寝していました。
.

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/30(金) 07:12:46|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Bus

FI2620944_1E.jpg
The Bus はオアフ・トランジェット・サービスが運営するオアフ島の公共交通サービス。
アメリカで最も質の高い公共交通機関に贈られる賞、「ベスト・トランジット・システム」を与えられています。

FI2620944_2E.jpg
車内前方の「COURTESY SEATING」と書かれたシートはお年寄りや身体障害者のための優先席です。右側の3席シートを畳むと車椅子専用のスペースになります。

FI2620944_3E.jpg
秀逸なのはこのリフト。車椅子ばかりか、歩行介護器具の必要な方も1人でバスに乗り降りしています。こうしたリフトが日本でも普及すれば、介護タクシーを呼ばないとという人も、もっと気楽に外出できると思えるのですが。

FI2620944_4E.jpg
フロント部分に自転車を載せられるのも良いですね。

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/29(木) 07:52:14|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤモンドヘッド

FI2620945_1E.jpg
カハラ・トンネル
ワイキキから58番に乗って、登山口で下車。少し登って、トンネルを潜ってクレーター内に入ります。

FI2620945_2E.jpg
インフォーメーション・センター
入山料1ドルを払って、登山の開始です。

FI2620945_3E.jpg
ガス管で出来た手すりに支えられながら登っていきます。
この先のトンネルは前は懐中電灯が必要だったのですが、ちゃんと足下を照らす照明が取り付けてありました。

FI2620945_4E.jpg
イキキの町並み
螺旋階段を上り詰め、トーチカの低い天井に気をつけて外に出る。西側にワイキキの町並みが一望されます。

FI2620945_5E.jpg
左側に向くと、ダイヤモンドヘッド・ビーチ、カアラワイ・ビーチ、クピキピキオ岬と続いています。


大きな地図で見る

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/28(水) 08:27:01|
  2. TRAIL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラモアナ・ビーチ・パーク

アラモアナ・ビーチ・パーク_1E
アラモアナ・ビーチ・パークはB・B・Qを楽しむ市民で一杯です。

アラモアナ・ビーチ・パーク_2E
ビーチでは子供達の砂遊び。築いた堤防に黄色いインコが遊びに来ました。

アラモアナ・ビーチ・パーク_3E
マジック・アイランド側にステージが設営されています。

アラモアナ・ビーチ・パーク_4E
メモリアル・デーの今夜はランタン・フェスティバルも開催。今年で10年目だそうで、すっかり市民に受け入れられています。


テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/27(火) 20:05:38|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メモリアル・デー

メモリアル・デー_1E
空港お出迎え
勿論、私たちではなく、新婚さん用です。こんなリムジンが走っているのは此処くらいでしょう。

メモリアル・デー_2E
コンドミニアム
今回は、リノベーションされたというアンバザダーにしました。お昼寝してシャワーの後は外出です。

メモリアル・デー_3E
ピンクパレス
テラスからピンクパレスが望めます。

メモリアル・デー_4E
バス券
ABCストアでオアフ・ディスカバリー・パスポートを購入。裏面の今日の月日をスクラッチして、これで4日間バス乗り放題。早速、滞在中の食料品の買い出しに行きます。

メモリアル・デー_5E
コスコ
ホテル近くから19番でダウンタイウンを通り過ぎ、ドール・キャナリーで下りてコスコへ向かうと、ガラガラの駐車場。そうだ、今日はメモリアル・デーでした。

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/27(火) 18:17:42|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

泉殿宮

泉殿宮_1E
泉殿宮(いづどのぐう) 吹田市西の庄町10-1
次田ノ社と称え、河内の次田連の祖神 天香山命を氏神として、宇迦之御魂大神(うがのみたまのおおかみ),伏見稲荷大社の御祭神を祀る。

泉殿宮_2E
貞観11年(869年)の干魃で疫病が流行。播磨の広峯神社より祇園八坂神社の御祭神として迎えられる「建速須佐之男大神」(たけはやすさのおのおおかみ)の御神輿が立ち寄り、雨乞いすると、忽然と清泉が湧いた。その後、鳥居を築き、建速須佐之男大神を勧請した。

泉殿宮_3E
泉殿霊泉
明治22年(1889年)に「泉殿霊泉」をミュンヘンに送ると、ビール醸造に適水と保証を得たので、隣に東洋初のビール醸造工場(アサヒビール)が建設された。現在は霊泉の水脈が下がり、湧水していない。

泉殿宮_4E
元柱(もとつはしら)
昭和45年の日本万国博覧会会場建設の地鎮祭、立柱祭の斎主を当宮宮司が努め、祭儀に使用された元柱「木曽50年杉」が本殿裏に祀られている。

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

  1. 2008/05/26(月) 14:32:11|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高浜神社

DSCN2043.jpg

高浜神社(たかはまじんじゃ) 吹田市高浜町5-34
高浜は吹田の別名とされ、次田連がその祖神を祀ったことによる。
天平7年(735)には吹田の大宮として存在しており、貞観11年(869)に素盞嗚大神を祀って疫病の流行を止めたと伝えられる。
慶長3年(1251)後嵯峨上皇が吹田殿宮に御遊幸のおり参拝され、「来て見れば千代もへぬべし高浜の松に群れいる鶴の毛衣」を詠まれた。

DSCN2046.jpg

拝殿   

高浜神社

本殿  祭神:素盞嗚大神・天照大神・春日大神・住吉大神・白山大神・稲荷大神。
元和3年(1617)に領主竹中氏が建立し、元禄6年(1693)に再建。総けやきの三間社流造り。
明治41年、神境町の春日神社(天児屋根命)・白山神社(白山大神)、南町の菖蒲神社(宇賀御魂命)を合祀。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/05/26(月) 13:48:15|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹田慈姑

吹田慈姑(西尾家)


吹田慈姑(すいたくわい) なにわ伝統野菜

吹田くわいは、大阪の名物番付に関脇に位置づけられ、万葉集にも「君がため 山田の澤に ゑぐ採むと 雪消(ゆきげ)の水に 裳のすそぬれぬ」と詠まれた日本古来の植物。
西尾家の12代当主與右衛門と親交があった牧野富太郎が学術的に紹介し、Sagittaria triforia L.forma Suitensis Makinoと名付けた。
小粒なため、現在は商品出荷されていない。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/05/26(月) 11:44:56|
  2. GOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧西尾家住宅

DSCN2065.jpg
旧西尾家住宅  吹田市内本町2-15-11
旧仙洞御料(せんどうごりょう)庄屋の西尾家から寄贈を受け、吹田文化創造交流館として市民に開放されています。仙洞御料とは天皇を譲位した上皇の所領地のことで、ここから皇室や伊勢神宮の新嘗祭などに、神饌(しんせん)を献上してきました。

DSCN2067.jpg
主屋  明治28年(1895)上棟。数寄屋風の贅をこらした造りは御料庄屋の風格を感じさせます。

DSCN2078.jpg
積翠庵  主屋に大小の茶室もありますが、茶道薮内流家元の燕庵(えんなん)と雲脚をドッキングした茶室まであります。

DSCN2085.jpg
洋風棟  離れは洋風と和風の2棟あり、武田五一の手によるもの。
親族の貴志康一作の「竹取物語」が大正・昭和初期のムードをより感じさせてくれます。

DSCN2069.jpg
キッチン  へっついのある土間から板敷きのモダンな台所に改修され、外国産のタイルを貼り付けた大きな配膳台や、一際目立つ壁面の配電盤など、村一番の富豪の新しいモノ好きな趣味が出ています。電話も村役場より早く導入され、番号も1番とのこと。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/05/26(月) 08:41:27|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク