続・竹林の愚人 2010年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伏見港


遺児側派流域の歴史
伏見港・宇治川派流は文禄3年(1594)豊臣秀吉の伏見城築城にともなう建築資材を運ぶため、宇治川の流路改修工事によりつくられた内陸の河川港です。
伏見城の外堀りであった濠川につながる宇治川派流沿いには江戸時代に問屋、宿屋、酒蔵が建てられ、米や薪炭、できた酒などを運ぶ小舟が往来していました。現在も柳に酒蔵が映える往時の佇まいを残しています。
淀川三十石船をはじめとする大小の船で賑わった伏見港の中心地は現在の京橋付近でした。
前を流れる宇治川派流の両岸は総称して伏見浜を呼ばれる荷揚げ場で、辯天橋の西は主に材木を荷揚げしたことから本材木町と云う町名が残されています。
月桂冠旧本店のある付近は馬借前として、大阪からの旅人や船から荷揚げされた物資が馬や荷車に積み替えられ、陸路を行くための中継基地として繁栄を極めました。
なお、このあたりの浜は辯天浜とも言われています。   京都市



月桂冠旧本店
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/03/31(水) 08:44:06|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寺田屋跡


史蹟 寺田屋跡(てらだやあと) 坂本龍馬先生遭難址 京都市伏見区南浜町263
NHKで竜馬のドラマがあり、伏見の町もそれにあやかろうと、あちらこちらで竜馬の名前が踊っています。
その中でも、寺田屋は慶応2年(1866)正月21日に竜馬が伏見奉行所の捕方に襲われて、危うく難を逃れた所として有名です。
残念ながら寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)に罹災し、焼失しました。

刀痕はいづこ寺田屋寒柱  野風呂

ですから、明治になって再建された建物で、刀痕が残っている訳がありませんね。


薩摩九烈士碑 有栖川宮熾仁親王筆  明治27年(1894)建立。
文久2年(1862)4月23日、薩摩藩急進派の有馬新七以下9名が落命した所でもあります。


テレビクルーが待機している中、先程、荒俣宏さんが中に入ったと思ったら、
今度はNHKの新撰組に出演した堺雅人さんの登場です。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/03/31(水) 07:31:47|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでわかった!部落の歴史

これでわかった!部落の歴史―私のダイガク講座これでわかった!部落の歴史
(2004/12)
上杉 聡

Amazonを見る

鎌倉時代の『塵袋』(ちりぶくろ)に、「えた」という言葉が記録されています。
さらに古い『延喜式』には、神社の境内に死者を埋めてはならず、下鴨神社の南側に、「濫僧」(ろうそう)「屠者」(としゃ)などが住んではならない、とあります。
税金や課役を免除してもらえるお坊さんに、勝手になる人が出てきます。それを「乱僧」とか「濫僧」と呼び、のちに「非人」とも呼ばれます。
『塵袋』は、この濫僧を「キヨメ」に付ける場合があり、人交わりしない点で「エタ」と同じであるからだと説明しています。
「屠者」も「天竺に『施陀羅』と云うは『屠者』なり。生き物を殺して売る『エタ』体の悪人なり」とあります。
こうして、『塵袋』には、「非人」「穢多」が「濫僧」「屠者」と同じものとして書かれ、『延喜式』では「濫僧」「屠者」がともに下鴨神社の南側から追放されていました。
下鴨神社の「南辺」は、かつては河原と考えられる場所です。つまり、「濫僧」「屠者」は河原に住んでいたのです。
「河原人」と呼ばれて差別されていた「濫僧」「屠者」たちは、検非違使にその仕事の下請けとして使われはじめ、人間や動物の死体を処理し、やがて警察の任務も請け負わせられるようになります。彼らは死穢や罪穢を取り去る仕事から「キヨメ」と呼ばれるようになり、やがて『塵袋』の書かれた時代になると、彼らのうち「濫僧」は「非人」へ、「屠者」は「穣多」へと呼び方も変わっていったのです。
三善清行は『意見封事12箇条』(914)で、当時、国家財政が行き詰まった原因を脱税にあると考え、「心は屠児の如し」、「濫悪の僧」だと、税などを納めない者を激しく非難しています。
国の許可を得ずに勝手にお坊さんになった「濫僧」を、戒律を破って妻帯し、口に生臭い肉などを食べて穢れていると、問題にしています。
社会の「税の秩序」から外れた人々であるということが根底にあったと考えられます。
『鹿苑日録』には日本庭園の作者として有名な善阿弥のお孫さんの話が載っています。
河原叉四郎が「私は、ひとえに屠者の家筋に生れたことを悲しんでいます」、「また財宝を貪らないよう、心がけしています」と語ると、これを聞いた京都相国寺山内鹿苑院の院主・周麟は、「私が思うには、叉四郎こそ人物ではないか。いまどき頭を丸め、袈裟を着て出家した僧侶のやることを考えると、この屠者に及ばない。恥ずかしい、恥ずかしい」と書いています。話の舞台となった鹿苑院も、もとは善阿弥が造り、その孫である又四郎が手入れをしていたのです。
『後愚昧記』に京都の祇園社の山鉾巡行の際、将軍足利義満が世阿弥を一緒に座らせて見物したことを、公家の内大臣・三条公忠が非難しています。「猿楽」とは、「声聞師」とも呼ばれた「散所非人」が担い、その「散所非人」の少年といっしょに将軍が座り、食事をしたからたいへんです。「穢れがうつる」からです。
三条は、「かくの如き散楽者は乞食の所行なり」と、猿楽師を「乞食」と呼んでいます。
彼らは一歩間違えば、食べることさえできなくなる不安定さのなかで、努力し、精進を重ね、世界に誇る能や庭園を生み出していったのです。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/30(火) 08:00:56|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫毛フェルトの本

もっと猫毛フェルトの本 うちの猫と楽しむ簡単ハンドクラフトもっと猫毛フェルトの本
(2010/02/24)
蔦谷 香理

Amazonを見る

猫毛フェルトは、使う用具も技法も、羊毛フェルトとまったく同じです。
動物の毛は表面をキューティクルといううろこ状の組織で覆われていますが、このキューティクルが互いにひっかかって取れなくなり、毛がひとかたまりにまとまることで、フェルト化するのです。
そのためには、まずは毛同士を絡み合わせます。
毛をぎゅっと押しっけて手でこすったり、フェルティングニードルで刺したりする目的は、毛同士を絡み合わせるところにあるのです。
さらに、よりしっかりとフェルト化させるための工夫があります。
キューティクルには、熱を加えると開き、冷めるとまた閉じるという性質があります。
アルカリ性の液体に入れると開き、中性の液体に入れるとまた閉じるという性質もあります。
熱を加えるためには、アイロンやお湯を使い、アルカリ性にするためには、せっけんや洗剤を使います。
これらを使って、キューティクルのうろこ状の部分を絡み合わせて、しっかりフェルト化するというわけです。
できるだけ温度の高いせっけん液の中でこすることでしっかりフェルト化します。
せっけんや洗剤は、洗濯用でも台所用でもかまいませんが、成分表示に「弱アルカリ性」と表示されているものを使います。

手順としては、
①猫をブラッシングして、必要な分量がたまるまで猫毛を集めます。
②必要量を手のひらで転がして玉にしてから、上下左右に何度かぎゅっとつまみ、厚みのある小判形にします。
③せっけん液を含ませてこすります。湯の温度が高いほど、しっかりとフェルト化します。
④水でゆすぎます。
⑤タオルの間にはさみ、両手で押して水気をきります。
⑥形を整えて、洗濯ネットなどに入れて風通しの良い場所につるし、完全に乾かします。

これで猫毛フェルトができました。
あとは、これを使って作品に仕上げていきます。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/29(月) 08:00:00|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

SEXY VOICE AND ROBO


古くからの神戸の友人からセクシーボイスアンドロボBOX [DVD]を頂戴しました。
見逃した回があり、近くのビデオ店に行ったが置いてなかったと云ったことを覚えてくれていたのです(感謝)。
折角だからとサインを求めると、ムーミン谷のニョロニョロのようなおかしな字体で書いてくれました。


お手本にしたのが、このファンから贈られた手袋を使った縫いぐるみのロゴです。


原作のセクシーボイスアンドロボでは登場人物にニコとロボと老人という設定でしたが、
番組では主人公のニコ役に大後寿々花、ロボが松山ケンイチ。そして老人役の男の設定を浅丘るり子が演じています。
原作の性別を変えるのは木皿泉の得意とするところで、「野ブタ。をプロデュース」では男子の野ブタを堀北真希にしていました。
大後寿々花の演技は良かったですね。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/03/28(日) 12:29:04|
  2. GOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大阪の部落史

新修 大阪の部落史〈上巻〉新修 大阪の部落史〈上巻〉
(1995/05)
「大阪の部落史」編纂委員会

Amazonを見る

左右田昌幸 「部落寺院と真宗教団」
近世における名古屋以西の部落の人びとの宗旨の多くが真宗で、その場合の多くが西本願寺派であったことは周知のことであろう。
そして、被差別身分の人びとが檀家となっており「河原道場」「穢寺」(えじ)などと呼称された寺院は、嘉永7(1854)年の「御末寺惣計取調書」によれば、寺院総数9,850ヵ寺の内、451ヵ寺であった。ただしこの時の西本願寺の調査では帳外の「穢寺」がこのほかに108ヵ寺存在していたという。
摂津・河内・和泉国でも3ヵ国総計で95ヵ寺が存在していた。
天保未~弘化初期にかけて末寺統制の一環として作成した「五畿内横寺下帳」では摂津国に32地区35ヵ寺・河内国11地区11ヵ寺・和泉国9地区8ヵ寺の55ヵ寺とあり、東本願寺の末寺も摂津国の2地区に2ヵ寺、河内国に1地区1ヵ寺が存在していた。
近世の部落寺院に関する研究では、真宗との関わりが近世の幕府権力による信仰の強制によるものではなく、徳川幕府成立以前の戦国末期より形成されていたとの共通認識に立つ。そのことは部落寺院の開基年が近世以前にさかのぼり得るということによって示される。                                   
木仏・寺号の下付年が、慶長15年以前に開基した寺院が、摂津国が8ヵ寺・河内国が1ヵ寺・和泉国が4ヵ寺ある。これらの寺院以外で蓮如・実如の六字名号や室町期の「方便法身尊像」(阿弥陀如来絵像)を所蔵している寺院や、古文書でその所蔵が銘記されている寺院が、摂津・河内で8ヵ寺存在する。
最も信頼のおける史料となるのが、本尊として西本願寺より下付された「方便法身尊像」の裏に宗主の花押を据えて添付される「裏書」で、中本山の摂津富田本照寺以下、「四ヶ之本寺」である金福寺・万宣寺・福専寺・教徳寺、堺聞蔵寺・八尾顕証寺などで確認できる。
六字名号の場合は蓮如・実如筆という伝承を持っているからといって、寺院の開基の古さを必ずしも示すものではなく、現時点で戦国末期に被差別身分の民衆に真宗が受容されていたことをうかがわせる確実なものはほとんどない。
本山である西本願寺からは「穢寺」として教団制度的に差別を受け、免物類の下付時には「穢寺」の場合が5割増であったこと、「穢寺」の僧侶には得度・自得度・剃刀は認められず、天明3(1783)年に自剃刀がやっと認められたが、周囲の一般の寺院との付き合いからも除外されていた。
一般の寺院でも免物下付は教団内でのより有利な立場獲得の手段となっており、5割増規定の適応される「穢寺」の場合はなおさらその意向は大きかったと思われ、袈裟・衣の格の上昇によって対抗しようとする「穢僧」と門徒の意志が、結果的には西本願寺に大きな経済的利益をもたらす機能を果たしていた。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/28(日) 08:00:41|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日韓歴史共同研究報告書 第1文科篇


  日韓歴史共同研究報告書 第1文科篇
  日韓歴史共同研究委員会 編
  (2005.11)

金鉉球 「6世紀の韓日関係」
『日本書紀』では、大和政権が4世紀中盤から6世紀中盤までの200年あまりの間、韓半島南部を支配したかのようになっている。
369年の木羅斤資の加耶7国平定と382年の大加耶救援の主体が、倭なのか百済なのかを立証してくれる端緒が、広開土王陵碑文の中にある。
広開土王陵碑文 永楽10(400)年条と同14(404)年条の倭が高句麗と戦ったという内容を否定する人はいない。
倭が今日の黄海道まで北上し高句麗と戦うためには、当時の韓半島南海岸地域を占めていた加耶や、中部地域の漢城を首都としていた百済の地を経なければならず、高句麗と戦った倭は加耶・百済・倭の3国連合軍でなければならない。
広開土王陵碑文では、396年に百済王が広開士王に敗れ、その奴客となることを盟誓したとある。そして、翌年の397年に百済は王子月腆支を倭に人質として送り、405年まで留まらせた。そうして399年には倭と和通して、404年には対高句麗戦に倭を引き入れたのだ。
大加耶を救援した木羅斤資が百済の将軍であることから、大加耶を救援したのも百済に違いない。
百済が369年に加耶をその影響下に置き、382年に再びその関係を強化したという一連の神功紀の内容は、404年以前に百済が倭と和通し、加耶をその影響下においたことを示唆する広開土王陵碑文404年条の内容とも一致する。
『日本書紀』に見られる6世紀の韓日関係は、任那が滅亡する562年以降には、任那の回復問題を中心に展開したものとなっている。つまり、継体天皇が登場するとともに、対外的には韓半島との関係が緊密化しており、対内的には現天皇家が始まったものと理解される。
当時、韓半島では北方の強者である高句麗が南下政策を推進し、百済と新羅に対する圧力を強めていた。百済と新羅両国は対高句麗戦では協力関係にあったが、任那地域への勢力拡張で俄烈に競争していたから、百済が助けを求めることができるところは、広間土王陵碑文に見られるように、4世紀以来協力関係にあった大和政権以外になかった。
一方、507年から562年の間に大和政権も15回にわたって使者を派遣しながら、百済と緊密な関係を求めていた。当時、大和政権は中国と直接的な交流がなかったことから、百済から先進文物を導入するほかなかった。
507年から562年の間に、百済では前後24回にわたって大和政権に使者を派遣し、大和政権に援軍や宣需物姿要請し、代わりに、前後10回にわたって、五経博士を中心とした学者や専門知識人・僧・仏経・幡蓋などの仏教関係の品物と珍物などを送っている。
大和政権が百済に提供した10回の軍事支援の中で5回が援軍や、それに準ずる派遣であるが、傭兵の規模は1000人を大きく上回らなかっただろう。
6世紀の大和政権と韓半島各国との関係が、過去に考えていたように任那を中心にして展開したのではなく、百済を中心にして展開したのであり、任那との関係は百済を支援する役割にとどまったのならば、6世紀の韓日関係の前提として、第三国の任那経営を示す神功紀49(369)年条の木羅斤資による加耶7国平定と、同62(382)年条の大加耶救援、顕宗紀3(487)年条に見られる紀生磐宿禰の任那駐屯、継体紀(507~531)に見られる近江毛野臣の任那経営、そして、欽明紀23(562)年条の新羅に滅ぼされた任那を救援するための紀男麻呂宿禰の出兵なども、百済によるものである可能性が大きい。少なくとも『日本書紀』の体系上ではそのようになっているのだ。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/27(土) 08:00:18|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白村江の真実

白村江の真実 新羅王・全春秋の策略 (歴史文化ライブラリー)白村江の真実 新羅王・全春秋の策略
(2010/02)
中村 修也

Amazonを見る

忠清北道から流れ出した錦江は、忠清南道と全羅北道の境界を流れ、扶余といった百済の主要都市を通り抜け、群山市で黄海に注いでいる。この河口が白村江である。
『旧唐書』には、百済復興軍において余豊璋が鬼室福信を殺害し、戦力が低下してしまったので、高句麗と倭国に援兵を請うた。それに対して、唐・新羅軍が陸・海両面から周留城を攻める作戦をとったところ、海軍の劉仁軌軍が偶然にも熊津江から白村江に向かう途中、「白江之口」で倭国軍と遭遇し、四度の海戦に及んだという。
『日本書紀』では同じ場面が、百済復興軍内部でいざこざがあり、鬼室福信が排除され、高句麗にも使いが派遣され、日本軍と唐軍が白村江で海戦したと、骨子は同じで「海水皆赤」という地獄絵図が展開したと考えてよかろう。
百済の「百済本紀」は『旧唐書』をもとにしているため、オリジナルな記事は見受けられず、新羅の「新羅本紀」では日本は唐とだけ戦い、新羅とは戦闘していないことになる。
扶余豊が単身で脱出したという記事は四つの史料で共通している。
白村江の敗戦は、日本にとって衝撃であり、天智はその対策に追われ、近江にまで遷都することになるのだが、『旧唐書』には、これに関する記事は一字たりとも存在しない。
唐王朝にとって半島問題は、第一に高句麗問題であった。
高宗が百済戦に踏み切った理由は、百済が対新羅戦のために高句麗と同盟関係になったことにあり、また、新羅が唐に従順な姿勢を見せ続けたことにある。
唐の攻撃目標が高句麗だけであれば、日本にとって対岸の火事でしかなかったが、唐が百済を攻め、その次の目標が高句麗となると、新羅も支配下におかれ、やがて日本にも遠征してくると考えざるをえなかった。
そして、武烈王の努力が実り、唐の高宗が蘇定方を大管に、金仁問を副大管に任じて、水陸13万の軍を率いて百済討伐を実施したのである。武烈王の次男・仁問が百済討伐軍の副大管に任じられているところに、武烈王の長年の対唐外交の結実を見出すことができよう。
白村江の戦いとは、実は日本が自ら選択して出兵したように見えて、新羅の金春秋の計画の1つであり、新羅にとって日本の参戦はなくてはならないものだったことがわかる。
白村江の戦いが唐の水軍と日本の水軍の戦いであり、新羅が関与していないのも、日本にできるだけ頑張ってもらって、唐の水軍へのダメージを大きくしておいてもらいたいくらいであったかもしれない。
日本にはあくまで親唐路線を貫くことと、百済を救援して白村江の戦いを行う2つの選択肢があったが、結果的には、金春秋の遠大なる計画の通りに、日本は行動してしまったといえよう。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/03/26(金) 08:00:43|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配送センターからの返答

メール便運営会社の問い合わせフォームからメール便が郵便局から返送されることとなった経緯を問い合わせました。

すると、配送センターの方から電話がありました。
その要点は
今回の封筒は郵便会社の局留めのため、本来扱えないモノである。
東京まで配送されたが、茨木の配送センターに返却された。
こうしたケースがエコポイント申請で多く発生している。
急ぎのようなので、当方で切手を貼って投函した。

本来はどうするのかと問うと、「封筒を返却して返金します。」とのこと。
「どうされましたか?」と問われましたので、郵便局から送った旨伝えると「今後ともよろしく」と、電話を切られました。

郵便としたことで問題は解決したと判断されたようですが、ちょっと違うのではと感じています。
気をきかせて投函するなら、切手は180円分貼るべきでしょう。差額はセンターの雑収入とでもするのでしょうか?

メール便の配達履歴がネットで分かるという利便性を評価していたのですが、
ここを利用するならトラック便とすべきでした。




テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

  1. 2010/03/26(金) 07:54:14|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

問い合わせ伝票番号を入力すると

郵便局から料金不足で返却されたメール便を「荷物お問い合わせシステム」で参照すると、、



確かに、返品されているのですが・・・、
まさか、返送するのが面倒だから郵便局にしてもらったのでしょうか?
ますます謎が深まるばかりです。

テーマ:信じたくない現実についてのあれこれ - ジャンル:

  1. 2010/03/25(木) 15:52:35|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。