続・竹林の愚人 2011年05月

原発とプルトニウム

原発とプルトニウム (PHPサイエンス・ワールド新書)原発とプルトニウム (PHPサイエンス・ワールド新書)
(2010/03/20)
常石 敬一

Amazonを見る
世界最初の原子炉、CP-1は、米国が原爆開発計画のために建設し、1942年12月2日に臨界に達した。
プルトニウムを製造するための原子炉は、ワシントン州のバンフォードに、東京23区の2倍以上の敷地に建てられ、その後9基まで増えたが、1987年にはすべての原子炉が活動を停止し、バンフォード工場は閉鎖された。
操業開始から閉鎖までに、57トンのプルトニウムが製造された。
ベルリンの壁崩壊の1989年から、米国エネルギー省はバンフォード工場の諸施設の解体と敷地の汚染除去作戦を開始した。
毎年10~15億ドルの資金が投入され、これまでの20年間で約250億ドル(2.5兆円)が使われている。
今後も同規模の予算が見込まれ、2050年までに施設の解体を終え、廃棄物処理は2065年に終えることになっている。

原爆に使用されるプルトニウムは純度90%以上で、兵器級プルトニウムと呼ばれ、原子炉で得られるプルトニウムの純度は80%以下で、原子炉級プルトニウムと呼ばれる。
しかし、軍民どちらにも利用可能なデユアル・ユースは現代の科学技術の特徴で、原子炉級プルトニウムで原爆製造が不可能というわけではない。
実際に米国では1962年に、英国から提供された原子炉級のプルトニウムを使って原爆を作って地下核実験を行っている。
原子炉を動かしていればプルトニウムはたまるが、通常は使用済み核燃料というゴミとなる。
ところが日本はゴミの中からプルトニウムを取り出し、有用な資源として使用しょうと計画している。
現在、たまったプルトニウムは32トンまで膨れ上がっているが、再処理工場と高速増殖炉はどちらも動いていない。
核燃料サイクル方式だと、ウランとプルトニウムが繰り返し使用されるので、燃えカスは出ないが、それ以外の扱いが非常に難しい廃棄物が大量に出る。
これら循環中に排出される廃棄物は、時間をかけて出るため、その影響が分かるのは、何らかの被害が出たときだ。
英国では、1947年以降プルトニウムの抽出を行っていた再処理工場があったセラフィールドでの白血病患者の発生が全国平均を上回り、フランスの施設でも同様の報告がある。
廃棄処理は、燃料棒を格納容器に詰めて、地上か地中に安置する方法がとられているが、格納容器よりプルトニウムの寿命のほうがはるかに長く、この問題は未解決だ。

日本は世界で唯一、再処理工場と高速増殖炉を稼動させ、プルトニウムを使った核燃料サイクルを軌道に乗せようとしている。
日本が核燃料サイクルにこだわる理由は、エネルギーの安定供給である。
しかし、再処理工場の実体は、プルトニウム製造のバンフォード工場を小規模にしたものだ。
そうした工場を必須のものとする核燃料サイクルを追い求め、プルトニウムをためこむことは、核拡散を進める雰囲気を醸成することになる。
さらに、納税者の観点からは、核燃料サイクルにはきわめて膨大な経費がかかることが問題だ。
また、使用済み核燃料の再処理過程において広範囲な環境汚染をもたらす心配があり、事故が起きれば取り返しがつかない。
核燃料サイクルという「夢物語」を追うことは、経済的に引き合わず、その中核となる再処理工場は環境に重荷を負わせ、さらには事故やテロリストによる攻撃の危険を増大させている。
今ならまだ、再処理施設も、高速増殖炉も本格稼動の目途が立っていない。
核廃絶においても、地球環境保全においても大国となる道は、核燃料サイクル推進の断念がその一歩となるだろう。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/31(火) 07:00:49|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クジラは海の資源か神獣か


クジラは海の資源か神獣か (NHKブックス No.1172)クジラは海の資源か神獣か (NHKブックス No.1172)
(2011/01/26)
石川 創

Amazonを見る

アメリカの脳生理学者J・C・リリーは、1950年代後半から60年代にかけて、イルカに英語を教えようと試み、1961年に発表した『人間とイルカ』は、それまでのイルカや鯨類に関する人々の考え方を大きく変えた。
リリーの研究とその著書は、鯨類をあたかも神の獣のごとく信じる新しい「神話」を生み出した。
捕鯨に反対し、イルカを愛する人々は、人間は昔からイルカと友人であり、ほかの動物とは異なる見方をしてきたと主張する。
イルカを愛する国の人々が、大昔からそうであったというわけではなく、ニュージーランドはザトウクジラの捕鯨を枯渇するまで続けていたし、オーストラリアはナガスクジラやイワシクジラが捕獲禁止になる1978年まで立派な捕鯨国だった。
世の中には鯨を捕って食べることを是とする人々と、否とする人々がいて、両者はまったく理解しあうことがなく、しばしば激しく罵りあい、ときには捕鯨や調査活動を攻撃することすらある。
日本を含め、世界のいくつかの国は、鯨を食物=海の資源として考える捕鯨国である。
私は好んで野生動物を殺す気持ちはないが、鯨を捕ることを生業とする人たちがいて、鯨を食べたいと思う人たちが少なからずいる限り、捕鯨に反対する理由がないと考えている。
19世紀末に開発された捕鯨砲と汽船を使う近代捕鯨により、20世紀中頃まで世界中の海で大型鯨が乱獲されたのは、まざれもない事実である。
乱獲された最大の理由は、鯨から採れる鯨油が貴重な資源だったからで、戦後の石油製品の開発・普及と共に欧米の多くの国々で捕鯨業は消滅し、鯨を食糧資源としても利用していた日本やノルウェーなどの水産国だけが、その後も捕鯨を続けることとなった。
国際捕鯨委員会で捕獲頭数は厳しく制限され、1994年には、資源保護を最優先とし、安全な捕獲枠を算出する改訂管理方式(RMP)が採択された。
推定生息頭数を出すには、捕獲対象が海域にどのように分布しているのかを調査しなければならず、これが北西太平洋と南極海で日本が行なっている鯨類捕獲調査の大きな目的の一つだ。
たとえ調査といえども捕殺手段は野生動物狩猟と同じで、常に即死とは限らない。
国際捕鯨委員会の鯨の人道的捕殺の定義は、致死時間が短いことであり、ほかの大型野生動物の捕殺と変わらず、鯨の捕殺手段だけが批判される理由はない。
もしあなたが動物の殺傷と縁を切ろうと思うならば、肉類や卵などの動物性タンパク質の食事を止め、皮革や被毛など動物の体を使った製品を一切身につけず、動物の組織を使ったり動物で安全性を確認したりした医薬品や化粧品を利用せず、犬猫を飼うことも止めるべきである。
山から降りてきて田畑を荒らす動物を殺傷しないためには、山林の開発や耕作すらも止めたほうが良いかもしれないし、鳥インフルエンザや口蹄疫が発生したからといって家畜を処分することも認められなくなるだろう。
一方、鯨を神の獣、神の使い、あるいは神そのものと考えれば、もはや無敵である。
学問の世界では、反捕鯨国の鯨研究者のほとんどは捕鯨反対論者である。
アメリカはアラスカの先住民イヌイットに伝統的揃鯨を認めている立派な捕鯨国であるが、多くのアメリカ人は捕鯨を激しく非難するのに余念がない。
反捕鯨国の研究者たちは、日本が収集した貴重な鯨の調査データを無視したりこき下ろし、はては「倫理に反する」との理由で論文の掲載すら拒否されてしまう。
神の獣のしもべたちは、鯨を食べる野蛮な国々の人々を放ってはおかずに糾弾するのである。
イスラム教徒は、ほかの宗教信仰者に豚を食うなとは言わないが、鯨教徒は黙ってはいられないようで、このあたりは反捕鯨国の主流を占めるキリスト教の歴史を連想してしまうのだ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/30(月) 07:00:05|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米、オスプレー配備を伝達

米、オスプレー配備を伝達 来年普天間へ、 (共同通信) 2011/05/30 02:02
ゲーツ米国防長官が6月初旬にシンガポールで予定している北沢俊美防衛相との会談で、垂直離着陸輸送機MV22オスプレーを来年に米軍普天間飛行場へ配備する方針を伝達する方向で最終調整していることが分かった。



Miramar welcomes whisper-quiet Osprey (san diego union-tribune) 2009.12.18.
MV-22オスプレイはCH-46ヘリコプターよりも6倍静かだという。
だとすれば、騒音に関しては改善されるということになりますね。

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/05/30(月) 05:58:02|
  2. NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンバーガーの歴史

ハンバーガーの歴史 世界中でなぜここまで愛されたのか? (P‐Vine BOOKs)ハンバーガーの歴史 世界中でなぜここまで愛されたのか? (P‐Vine BOOKs)
(2011/02/18)
アンドルー・F・スミス

Amazonを見る
ハンバーガーの誕生を促したのはアメリカの工業化だった。
19世紀後半に都市周辺に工場ができ、労働者は弁当を持っていくことにした。
これをビジネスチャンスとみたのがロードアイランド州プロヴィデンスのウォルター・スコットだった。
1872年にスコットは手押し車をつくって、サンドイッチ、ゆでたまご、バターをぬったパン、パイ、コーヒーなどを積み込み、工場の前で販売を始めた。
車を大きくすればたくさんの食べものを積むことができ、当然もうけも大きくなると考えたプロヴィデンスのルエル・B・ジョーンズは、1887年には客の集まりそうな場所に移動させては販売し、完全なキッチンを備えた「ランチワゴン」が大はやりした。
当時、屋台でよく売られていたのがソーセージで、エール大学の学生が屋台を「ドッグワゴン」と呼び始め、1890年代に「ホットドッグ」ということばが生まれた。
屋台にグリルが備わって、ハンバーグはメニューに加わり、客の多くが立ち食いをすることから、ハンバーグは必然的にパンにはさまれることになる。
J・ウォルター・アンダースンがいなければ、ハンバーガーは今も労働者の食べものだったかもしれない。
店の名前をホワイト・キャッスルに決め、建物にはシカゴ・ウォーター・タワーを模した小塔をつけた。
ハンバーガーとソフトドリンク・コーヒーにパイだけを扱い、従業員には制服を着用させ、清潔さに徹するよう求めた。
エドガー・ウォルドー・イングラムが効率性と経済性を追求した「ホワイト・キャッスル方式」という経営計画を立て、この成功に刺激されて新しいハンバーガーチェーンが次々と誕生した。
第二次世界大戦が始まると、求人難や配給による肉の不足が生じ、配給の対象になっていないポテトが重要な商品になった。
戦後、白人が問題の多い都会を離れて郊外に出ていったから、都会に店を持つホワイト・キャッスルやホワイト・タワーなどの大手は次第に勢いを失った。
マクドナルド兄弟は家族連れをターゲットに、郊外の住人が来てくれる店づくりを進め、効率性を高めることで経費を減らし、収益を増やそうと考え、10代の少年が働く軍隊のような調理システムが生まれた。
クロックが270万ドルで買い取ったマクドナルドは、ファストフード・車・家族連れをターゲットにフランチャイズ展開を進めた。
クロックは、子どもが「おねだり」というパワーを備えていることに気づき、遊具があって不思議なキャラクター、ロナルド・マクドナルドに会える、鮮やかな色のプレイランドを設け始めた。
ファストフード業は安い労働力の上に成り立っので、マクドナルドは賃金を抑えるために故意に組合をつくらせないようにしてきた。
マクドナルドが急成長していた1950年代、60年代には、ベビーブームの若者たちを好んで雇ったが、若者の人口が減り始め、雇用における差別を禁じる連邦法ができると、女性を採用し始めた。
1986年、ロンドン・グリーンピースは「マクドナルドの何が悪いのか?」と題したちらしを配って、マクドナルドが貧困を助長し、不健康な食べものを売り、労働者や子どもを食いものにし、動物を虐げ、アマゾンの熱帯雨林を破壊していると糾弾すると、1989年にマクドナルドはメンバーを訴えた。
これはしかし、マクドナルドにとって企業イメージを損なう裁判でもあった。
ハンバーガーチェーンはあっという間に世界中に店舗網を広げたが、一方で、地元の文化や経済に悪影響を及ぼしているという厳しい批判にさらされている。
栄養や環境の面でもファストフードは大きな問題を抱えている。
マクドナルドのビジネスモデルはスピイーディー・サービス・システムと呼ばれ、そのかなめは効率性だった。
リチャードとモーリスの兄弟はハンバーガー、フライドポテト、飲みものの調理や包装の作業上程を見直して無駄を排除。最新式の装置を導入して時間の節約を図り、調理場は最も効率的に作業ができる設計にした。
だが従業員の待遇という点ではフォードと方針が異なった。
賃金は最低限で、手当てはなし。
大口顧客であるファストフードチェーンは納入業者にさまざまな要求を突きつけ、値段も安くさせる。
ファストフード業界は効率性を何よりも優先し、追い求めた結果、アメリカ社会は均質になった。
そして、ファストフードのグローバル化によって、今、全世界で均質化が進行している。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/29(日) 07:00:56|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発崩壊

原発崩壊―誰も想定したくないその日原発崩壊―誰も想定したくないその日
(2007/11)
明石 昇二郎

Amazonを見る

自分が犯した過ちを言い訳する言葉に、「想定外」というものがあります。
しかし、何があろうと「想定外」など決して許されないものが「原子力」の世界でしょう。
2007年7月16日に発生した「新潟県中越沖地震」で、その震源域の真上に建っていた東京電力の柏崎刈羽原発は、震度7という「想定外」の地震に襲われました。
原発からは火の手が上がり、原発の敷地は液状化現象を起こし、土砂崩れまで発生しました。
堅固を誇っていた原発の壁には、あちらこちらで亀裂が走り、明かりが消え暗闇の中に閉じ込められた作業員の中にはパニックに陥る者もいました。
これまで電力会社は、「原発を建設する際には過去に周辺で起きた大地震や、地震を引き起こす活断層がそばにないかどうか徹底的に調べている」と自信満々に語っていました。
今、原発の安全を守るための「想定」が、次々と崩壊しています。
大竹政和(東北大学名誉教授)は、「原子力の世界では、『S2』を超える地震動は存在しなかったわけです。その 『想定外』の事態が、女川、志賀、柏崎で続いて起こっている。もう『想定外』ではなくて、十分『普通の出来事』です。」と述べています。
我が国で稼働している原発は、国の「安全審査」に合格したうえで運転されています。
「安全審査」には、経済産業省の原子力安全・保安院で行なわれる「一次審査」と、内閣府におかれた原子力安全委貞会が行なう「二次審査」の2種類があり、特に重要視されているのが「耐震性」の問題です。
原発周辺では、科学技術に裏打ちされた綿密な活断層調査が行なわれ、それに基づいた耐震設計がなされていると、国や電力会社は説明してきました。
ところが最近、原発周辺で、新たな活断層が「発見」されたとのニュースが全国各地で相次いでいます。
原発の活断層調査や国の安全審査に関わっている『専門家』の中に、電力会社の活断層調査の指導をしている人がいます。
そのうちの1人、衣笠善博(東京工業大学教授)は、中国電力が島根原発3号機の原子炉設置許可申請前に実施した活断層調査への「技術指導」を行なう一方で、原子力安全・保安院が同原発の一次審査を実施した際の「委員」や「原子力発電技術顧問」として、国の審査にも深く関与していました。
国は「想定外」の事態を招いた張本人に、健全性や安全性の評価をさせていたのです。
実際、衣笠教授はこれまで、電力会社から「活断層問題の第一人者」として、至れり尽くせりの扱いを受けてきました。
思えば、地震列島の日本にこれだけ多くの原発や核施設が立地できたのも、国の安全審査にまで影響力を持つ衣笠氏の「甘い活断層評価」のおかげだったのかもしれません。
大竹政和(東北大学名誉教授)は、柏崎刈羽原発の「震災事故」発生後、『毎日新聞』(2007.7.21)で、「既存の原発建設に使われた旧(耐震)指針による地震の評価法は完全に破綻した」と、コメントしました。
「原発震災」という言葉の生みの親・石橋克彦(神戸大学教授)は、「政府・電力会社は、原発は耐震性が保証されているから大地震でも絶対に大丈夫だという。しかし、その根底にある地震と地震動の想定が地震学的に間違っており、例えばM8級の東海地震が起これば、阪神大震災を一ケタ上回る広域大震災が生じ、そこに浜岡原発の大事故が重なれば、震災地の救援・復旧が強い放射能のために不可能になるとともに、原発の事故処理や近隣住民の放射能からの避難も地震被害のために困難をきわめる。
地震活動期に入りつつある日本列島で大型原子炉を日々動かしている私たちは、ロシアンルーレットをしているに等しい。」と述べています。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/28(土) 07:00:11|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

歓喜天信仰と俗信

歓喜天信仰と俗信歓喜天(聖天)信仰と俗信
(1989/08)
笹間 良彦

Amazonを見る

聖天は梵名でナンディケーシュヴァラ(Nandikesivara)といい漢訳して難提自在天という。
一般的にはガネーシャ(Ganesa)で、漢訳では誐尼抄と書く。
また障害をあたえる王と障害を取り除いてくれる王という2つの梵語の呼名があるが、呪力の猛烈さに恐れる反面、他の神々や仏様に祈願できないようなことでもできるというところに多くの信者を獲得できる所以がある。
ガネーシャが漢訳されて歓喜天といわれ、『加持祈祷秘密大全』に、歓喜は女性と交わって、快感の絶頂に達したこととあり、性交の絶頂のよろこびを味わった神ということになる。
日本において多く見る所は二神抱擁の二体で、一体は毘那夜迦で、一体は十一面観音の化身である毘那夜迦女であり、この両体をもって聖天としている。
おそらく、その両親であるシヴァ神とハールヴァティ妃の抱擁より生じて一体神となったアルダナーリーシュバラ (Ardhanarisvara)の投影であるとも考えられる。
シヴァとパールヴァティーが子を欲したときに神々はシヴァの子が生まれれば、シヴァ以上の破壊力のある子になるであろうと戒めたが、パールヴァティーはついに子をつくってしまった。
それが俄那鉢底で、神々の恐れたとおり無類の障礙神であるが、反面無限の超能力をもつ神でもあるために、恐れられ、信仰される立場となった。
インドにおける毘那夜迦像は象頭人身で単身であり、二臂・四臂・八臂・十二臂で、それぞれに持ち物がある。
しかるに象頭双身抱擁の毘那夜迦は抱き合うばかりで、持ち物は何一つない。
日本に伝わり、また聖天(歓喜天)として祀られるのはほとんど象頭双身であり、抱擁ミトゥナ像としての表現であるからこそ愛の神、幸福の神の観念が強く、また日本人的感覚からみだりに公開しない秘仏となるのである。
違い大根歓喜団
聖天を祀る所にはよく違い大根と巾着状の袋が表現されているが、大根や巾着は中国で訳された経には聖天の持ち物の中には見られない。
大根(蘿蔔)が白い人肌をも想わせる大根の打ち違えをもって、ミトナ像を抽象的に示したのではあるまいか。

捧げ供える歓喜団と訳されたモーダカ(最中)は女陰をあらわしたものであり、具を包み上部で絞った中国の饅頭の形を巾着が代用したともいえる。
聖天に祈る修法として浴油供が行われるが、これは密教だけで行う行法らしく、秘密裡に行われ、俗人には一切公開されない。
聖天像に油を濯いで修法する意味で浴油供というのであろうが、秘事中の秘事らしく、一山の僧でも住職が夜秘かに行い、他の僧はこれを行うことができない。
日本における聖天への浴油供は、十一面観音の行為に対して、より歓喜の効果を高からしめて聖天の好むところを助長させて喜こぼせ、その見返りとして願いをかなえてもらおうとする意図からの方便かとも思われる。
日本仏教のほとんどが仏像は厳粛で、性的感覚は極端に避けているのに、聖天像のみは性の姿、否性交の姿をそのままに表現していて、インドをはじめとする仏教系の国々とまったく逆の現象である。
それらの国々では、シヴァとバールヴァティーの性交像をはじめとし、幾多の神々の性交像がある中で、毘那夜迦(聖天)はほとんどが単身の象頭人身であって性的感覚はまったく見られない。
仏法に帰依させて善神に転向させるためにたまたま観世音菩薩が性の方便を用いたにすぎず、性を根本原理として示す対象の神でないから、ミトナ像でないことと思われる。
これに対して日本においては経典に伝えられる(インド神話の)観世音菩薩が性の方便をもって善神に転向させたことに関心を強め、性の好きな神として見るようになったのであろう。
シヴァ神は日本においては仏教の経典によって大自在天に表現され、性の感覚は微塵も見られないし、抱擁像もない。
これほどまでに性の表現を忌避する日本仏教の中で聖天のみが抱擁像として表現されることは観世音菩薩の性の方便が非常に大きくクローズアップされ、観世音菩薩の大慈大悲の効験を強調した結果にはかならない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/27(金) 07:00:21|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イトカワ、45億年前に誕生

天体衝突で現在の姿に-微粒子を詳細分析・北大など(時事)2011/05/26

イトカワ01
イトカワ2

探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」から回収した岩石質の微粒子を分析した結果、イトカワのもとになった天体が約45億年前に誕生した可能性が高いことが分かった。別の天体と衝突して破壊され、現在のイトカワになったとみられる。北海道大の圦本尚義教授や岡山大の中村栄三教授らが26日、千葉市で開かれた日本地球惑星科学連合大会で発表した。
圦本教授らによると、微粒子の鉱物比などの特徴を分析した結果、イトカワのもとになった母天体は、太陽系誕生に近い約45億年前に誕生した可能性が高いという。太陽系は約45億6800万年前に誕生したとされるが、それより約630万年以上新しいという。
また、中村教授らはイトカワの砂粒4個の表面を調べ、切断して内部を観察。700~900度の熱変化が起きた痕跡を発見した。高温の熱変化は、長さ535mのイトカワより大きな天体でなければ起きず、イトカワには母天体があり、別の天体と衝突したことが確認された。衝突の時期は不明という。

テーマ:宇宙 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/05/27(金) 06:26:14|
  2. NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝塚の社寺



武庫郡 良元・小浜  川辺郡 小浜・西谷・長尾


続きを読む

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/26(木) 08:01:06|
  2. Table of Contents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊和志津神社 武庫郡式内社


伊和志津神社(いわしづじんじゃ) 宝塚市伊孑志1-4-3
当社は、延喜の御代(約1060年前)式内官幣大社として、近郷の崇敬をあつめた古社。
御祭神の須佐男命は和歌の祖神・学問の守護神・縁結びの神・開発の神。
迦具土神は火の守り神である愛宕の神。又末社、宝塚水天宮は安産の神、水商売の神。
伊孑志・小林・蔵人・鹿塩四村を領家ノ荘と呼ばれ(摂津志)当社の小字、良元ノ庄が旧良元村の発生地、古来宝塚の総鎮守であります。

延喜式の伊和志豆神社と比定される式内社はもう一つ、廣田神社境内末社の伊和志豆神社があります。


二の鳥居 県道が境内を横断したため、途中で参道が高くなっています。

狛犬


拝殿


本殿 祭神:須佐之男命

宝珠水天宮愛宕社 明治41年に合祀。

遥拝所(大将軍社・山神社・天照皇大神宮・春日大明神・八幡宮)

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/26(木) 07:15:30|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川面神社


川面神社(かわもじんじゃ) 宝塚市宮の町11-7
川面村の生土神。延暦13年3月創立。寿永年間に神弁山法楽寺を建立し、社僧が奉仕し大梵天王と称した。
明治維新の際、宮寺を廃寺して、天照大御神を正中に祀り、社名を皇大神宮と称す。
大正4年に現在の社名に改める。


鳥居


拝殿


本殿 祭神:高皇産霊神・神皇産霊神・天照大御神

八幡神社天満神社                      稲荷神社


素盞嗚神社

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/26(木) 07:10:20|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (39)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (8)

FC2カウンター

リンク