続・竹林の愚人 2011年05月01日
FC2ブログ

宇治川


宇治川(うじがわ) 宇治野川とも。
六甲山西部再度山に発して、再度谷を南流して南西に転じ、平野谷川に合流して、大倉山の東で南東に向きを変えて海に注ぐ。全長約4.5km。
『摂津名所図会』「宇治野渓(うぢのかは) 水源、宇治野山中より流れて、走水を歴て、海に入る。」




護岸には桜並木が続いています。


  
大倉山公園 伊藤博文銅像
伊藤博文の銅像は楠公を崇敬する伊藤の希望で明治37年(1904)10月22日、湊川神社本殿右側に建立された。
しかし、翌年の9月7日、日露戦争の講和条約の内容に激昂した群集により引き倒されてしまう。
明治42年(1909)10月26日、安重根義士の銃弾によって倒れると、銅像の再建を諏訪山公園にすることに決まるが、伊藤と親交のあった大倉喜八郎が、自身の別荘「春畝館」のあった山を寄贈し、明治44年(1911)、この地に建立された。この山は麓の広厳寺・安養寺にちなみ、広厳寺山あるいは安養寺山と呼ばれていたが、以後、大倉山と呼ばれるようになる。
しかし、この再建あった銅像も昭和17年(1942)に金属供出され、今は台座だけが残る。

広厳寺(こうごんじ) 神戸市中央区楠町7-3-2
楠寺とも呼ばれ、湊川神社ができるまでは、楠公墓碑はこの寺で護られていた。
堂宇は戦災で焼失し、先の震災でも大きな被害を受けた。

   
安養寺(あんようじ) 神戸市中央区楠町7-1-10
尼崎城主青山大膳亮幸利の遺命により、遺体を坂本村の山内に葬り、寺を大物からこの地に移し、青山家の菩提寺とした。


大倉山以南で暗渠となる。
 
スポンサーサイト

テーマ:神戸 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/01(日) 07:15:11|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

兵庫県里程元標


メルカロード宇治川
昭和13年(1938)の阪神大水害を契機に改修工事が行われ、山手幹線から南が暗渠となって、道路・宇治川線となり、JRの東海道本線高架手前までの両側がメルカロード宇治川(宇治川商店街)となっています。


兵庫県里程元標
旅人の道しるべとして明治42年に相生橋西詰に建てられたもの。
昭和6年10月、国鉄高架線の完成で撤去されていたのを、昭和35年(1960)に湊川神社正門東側に移され、
平成16年(2004)に現在地に再度移設されました。


三越百貨店(みつこしひゃっかてん) 元町に三越があったことを知る人も少なくなっている。
昭和3年(1928)開店し、昭和59年(1984)閉店。 その後も近くに小規模店舗を構えるも平成16年(2004)に完全撤退す。
跡地には関西最大級の結婚式場ホテルシェレナが昭和61年(1986)に開業するも、平成7年(1995)の阪神・淡路大震災で罹災以後、無残な姿をさらしていましたが、どうやら改修工事に入っているようです。


明治維新開港当時関門趾(かんもんあと) 元町通6
幕府が外国人居留地を設置した慶応3年(1867)に密貿易を防ぐために置いた14の関門のうちの1つで、「西関門」と呼ばれた。
明治4年(1871)には関門は廃止され、自由に通行できるようになった。
現在、碑が埋め込まれた建物が改修中で、見ることは出来ません。

テーマ:神戸 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/01(日) 07:10:48|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸中央郵便局前


神戸中央郵便局前交差点 宇治川線と栄町線が交差する南東が神戸中央郵便局です。
阪神・淡路大震災で半壊し、平成11年(1999)に建て替えられました。
切手ブームの頃は、記念切手シートを求めに行列に並んだものです。


旧三菱銀行神戸支店(現・ファミリアホール) 神戸市中央区相生町1 
明治33年(1900)竣工。曽禰達蔵設計。


ファミリア 皇室御用達子供服として知られる。
神戸の子供服としてはキムラタンというメーカーもありましたが、一時、テレビも販売するというぶれ様。
一方、ファミリアは設立当初の欧米の上質な品と同等のモノを提供するという姿勢を護っているようです。


鈴木商店(すずきしょうてん)
郵便局の宇治川線西側、神戸貯金事務センターのある場所にあった。
明治7年(1874)頃、初代鈴木岩次郎が洋糖取引商として創業。
女店主鈴木よねの時代に、番頭金子直吉が手腕を発揮し、日清戦争後の台湾開発や大戦景気の波に乗り、砂糖から肥料・茶・樟脳などの業務拡大で三井・三菱と並ぶ大財閥に成長。
大正7年(1918)の米相場で焼き討ちにあい、昭和2年の金融恐慌であっけなく倒産する。
双日(日商岩井)のルーツでもある商社。城山 三郎の鼠―鈴木商店焼打ち事件 (文春文庫)に詳しい。

テーマ:神戸 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/01(日) 07:05:31|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治天皇御用邸趾


モザイク(三菱倉庫 高浜倉庫跡地) 神戸市中央区東川崎町1
平成4年(1992)10月1日に開業した商業施設。


史蹟 明治天皇御用邸趾 大正13年9月建立。
明治19年(1886),清流が流れていた宇治川河口(弁天町)の西側海岸沿いのこの一体の土地、建物、桟橋一一式を宮内省が購入し、明治天皇の御用邸が営まれました。その後、宇治川東側の土地を買い足し、3,970坪の広大な敷地が御用邸となりました。

幕末に長州藩御用達を勤めた専崎弥五平(せんざきやごへい)の屋敷あったところ。
この屋敷は西南戦争の時に明治政府の運輸事務所となり、明治13年(1880)から18年までは行在所として、
明治19年からは御用邸として使われる。


弁天町  宇治川河口付近を弁天町という。かつてこの辺りに弁財天を祀る厳島神社があったことから名付けられた。


モザイク運河 


安治川河口


旧新港第5突堤信号所について
当信号所は、神戸港に入出港する船舶に対する信号所として、大正10年に新港第四突堤に建設され、昭和12年に新港第5突堤に移設された。以来平成2年に役目をおえるまで、神戸海上保安部の運営のもとで、半世紀以上にわたって神戸港を見守り続けた。
往年を偲ばせる信号所を当地に移築し、永く保存する。
    最高高さ46.30m
       平成4年3月 神戸市長 笹山章俊


テーマ:神戸 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/01(日) 07:00:15|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク