続・竹林の愚人 2011年06月

河堀稲生神社


河堀稲生神社(こぼれいなおじんじゃ) 大阪市天王寺区大道3-7-3
当社は、景行天皇の御代己亥年の秋、夏目入穂の孫逆輪井が鍬津の西浪花潟昼々丘に神地を賜り、稲生の神を奉斉し代々祭祀するようになった。
後に聖徳太子が四天王寺創建と共に、此の地に社殿を建て、崇峻天皇を祭祀し、四天王寺七宮の一宮として、稲生鯛明神と併祀することとなった。又、この地を古保礼と云う。
延暦7年3月、摂津太夫和気朝臣清麿が、河内摂津両国の界に川を掘り堤を築き、荒陵の南より河内皮を導き西の海に通せんとして、当社に祈願した。以後、河堀と書いて「コボレ」と称す。


拝殿


本殿 祭神:宇賀魂大神・崇峻天皇・素盞嗚尊
明治40年(1907)清水谷の稲荷社、明治41年林寺の素盞鳴神社を合祀。

桜樹大神若宮八幡宮


『摂津名所図会』 崇峻天皇社(すしゅんてのうしゃ) 
天王寺東門より四町ばかり、江堀口にあり。この地の産土神とす。
例祭十一月十日。この所に柏戸(りょうりや)あり。春秋賑はし。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/30(木) 07:20:33|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳳林寺


鳳林寺( ほうりんじ ) 大阪市天王寺区六万体町2-10
曹洞宗永福寺末寺 最勝山 
当山は曹洞宗最乗山鳳林寺と称し、才菴存芸和尚の開基、天正16年(1588)に創建された。 はじめ武蔵国岩付に在り、芳林寺と書いたが天正の終り豊臣秀吉公よりこの地を賜り岩付より移った。 
元和元年(1615)徳川家康公より摂津一国僧録の朱印を授けられ、大本山永年寺より僧録状を受けた。 この頃当山の門前に鳳瑞あり、天下大平の吉兆とて寺号を鳳林護国寺と改められた。 寛永から元禄年間にかけて佛殿を中心とした七堂伽藍が建立されるとともに寛永6年(1629)僧録司に任ぜられ朝廷からは綸旨を賜り正徳4年(1714)には大本山永平寺より常恒会地という格式を与えられている。
爾来江戸時代200余年にわたり大坂城代の菩提寺として末寺十ヶ寺余を有し、畿内における曹洞宗第一の道場であった。
昭和20年3月の大阪大空襲で七堂伽藍全て焼失したが、昭和34年本堂、山門等を再建した。 なお境内には大坂城代米倉丹後守代々、同じく安倍摂津守代々、江戸期の俳人上島鬼貫、明治期大阪財界の重鎮松本重太郎等の墓碑がある。


山門 


一願不動明王 


印刀塚 昭和5年建立。 はんこの彫刀の供養塚。


本堂
当山は江戸時代寛永から元禄年間にかけて大坂城代米倉丹後守一族の帰依篤く、 総欅造りの佛殿を中心とした七堂伽藍が建立されていたが昭和20年3月の大阪大空襲により全て灰塵に帰した。 この佛殿のあったところに建っている現在の本堂は山門とともに、文久3年(1863)京都二條家の当主二條斉敬が関白太政大臣に任ぜられたとき叔父水戸烈公徳川斉昭の水戸家がこれを祝って 京都御所に隣接する地に建てた宸殿で「関白御殿」、「銅駝御殿」とよばれていたが昭和34年に譲り受け移築したものである。 15代将軍徳川慶喜は上洛すると従兄弟の二條斉敬を訪れこの御殿で休息し、会津の松平容保、土佐の山内容堂等と幕末の政情について階段したと伝えられている。


上島鬼貫墓(かみじまおにつら) 元文三戊午歳八月初二日 平泉右膳・同 立節 建
貫墓は伊丹の人、寛文元年(1661)生。名は宗適、法名は僊林即翁居士。
延宝年間(1673~81)大坂に莱住し、芭蕉に先んじて「まことの外に俳諧なし」と開眼して多くの名句を残した。
  春の水 所どころに 見ゆるかな
  こひこふと いへど蛍が 飛んで行
  によっぽりと 秋の空なる 不尽の山
元文3年(1738)市内鰻谷で没した。


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/30(木) 07:15:26|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天鷲寺


天鷲寺(てんじゅうじ) 大阪市天王寺区六万体町3-18
天台宗延暦寺末寺 聖龍山 顕性院  寛永11年(1634)僧慈顔の開創、賢海が中興。
当山は開創以来1200年天台宗大阪最古の名刹にして世々天台仏法の中心道場たる格式を伝ふ。昔平安時代比叡山の傳教太師最澄上人は、桓武天皇の勅命を奉じ延暦22年4月16日遣唐使藤原葛野麿と共に難波津を出帆唐中国へ留学し、天台鵜甘国清寺行満座主より天台仏法を相承し、更に圓教・密教・禅法・圓頓菩薩戒など諸法門に就て、諸師の直伝を受けて遣唐使と共に帰国し、延暦24年7月4日帰朝復命す。記念して此の地に釈迦・弥陀・薬師の三尊を本尊とする天鷲盛福寺を創建して一乗弘通の縁由となす。時に最澄39才なり。
釈迦は大毘盧遮那華厳大法界の理法を覚り、慈念を以て一切衆生済度化益のため、薬師如来現世応化の本願に生き、生田の衆生を教化善導し、皆成仏道の楽邦弥陀の浄土を説き示す。法界の真理の道に目醒めたる覚者、仏陀即ち釈迦の説き給へる法門は、唯一乗の理念に貫かれたる大慈悲心の教法なれば、其の畢竟住一乗の認識に立ち解行ふ双修を以て信行すべきものなりとの信念を以て、伝教大師が圓密禅戒一乗修習の総合仏教たる天台圓宗を創し給へる所以も亦実に此処に存すなりと謂つべき。
即ち延暦25年1月26日、桓武天皇の勅許によりて日本天台宗は開宗され、総合仏教を解行双修する出家学生式を制定して一乗就学の基を確立す。天台の伝法は諸宗の明鏡なりと、諸法門融合の一乗思想を顕揚し、道心を以て普く有情の皆成仏道と、浄佛国土のため国宝人師の養成を期し、大乗戒を体した菩薩道即ち一乗修習実践の枢要を教導さる。爾来天台宗より諸宗諸派の法脈興り幾多の人師輩出せるは、是れみな仏法の一分を信行するものにして、総じて以て一乗に違背せず、憶へらく、宗教は人間の只菅なる祈りの文化にして、神を崇め佛を尊信し霊を祀るは、本来一切萬有共生の中にありて、実感体得する人間の敬虔崇高なる観念なれば、敢て一神一佛乃至無神自然原理などと限定取沙汰して、徒らにあげつらい論難し合うべきものに非ず。かたくななる絶対主義や、排他的独善主義に固執する者は、自ら戯論の渕に溺れるに等し、唯願わくは行きとし生ける者皆其二平安ならんことを念じて倶に精進あるのみ、之を信心の道と名づく。而して宗教は人間の魂の趨帰する境地なれば、須らく各自謙虚に懺悔滅罪して、倶に相互の福利に寄与し奉仕せん事こそ大切なり。此の理念を心の鑑として、お互いに真摯に勤むらば、やがて相互の信頼感も培われ、其処に必ず神仏諸天の冥助もありて、和平も実現し現実の楽土共生の平安を欣び生きる日の来たらんこと以て銘すべきなり、時恰も当山開創1200年並に天台宗開宗1200年、今や、紀を新たにして、仏教の一乗理念に鑑み、茲に仏堂精舎の面目を復興して、仏法僧の三宝に報謝し奉り、謹んで聖域を整備して、宗教心の滋養に資し、皆共に慈念と道心を育み、善行精進にこれ勤めて三世に必ず値過せんことを庶幾ふ。
維時 平成9年1月26日  天鷲寺復興開山 天台沙門現薫 菩薩金剛 圓明 識


本堂 本尊:釈迦如来

長谷川貞信墓(はせがわていしん)
北山李庵墓(きたやまりあん)

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/30(木) 07:10:54|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍徳寺


龍徳寺(りゅうとくじ) 大阪市天王寺区六万体町3-14
臨済宗妙心寺末寺 景雲山 寛文3年水龍和尚の創建、湛月和尚が開山。文政元年岷川中興。
遠州 奥山半僧坊大権現  本尊:釈迦如来


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/30(木) 07:05:19|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天王寺寺町

 

吉祥寺(きっしょうじ) 大阪市天王寺区六万体町1-20
鳳林寺( ほうりんじ ) 大阪市天王寺区六万体町2-10
天鷲寺(てんじゅうじ) 大阪市天王寺区六万体町3-18
龍徳寺(りゅうとくじ) 大阪市天王寺区六万体町3-14
太平寺(たいへい) 大阪市天王寺区夕陽丘町1-1
天瑞寺(てんずいじ) 大阪市天王寺区夕陽丘町1-11
春陽軒(しゅんようけん) 大阪市天王寺区夕陽丘町1-14
梅旧院(ばいきゅういん) 大阪市天王寺区夕陽丘町1-18
珊瑚寺(さんごじ) 大阪市天王寺区夕陽丘町1-21
浄春寺(じょうしゅん)  大阪市天王寺区夕陽丘町5-3
昌林寺(しょうりんじ) 大阪市天王寺区夕陽丘町2-20
洞岩寺(とうがんじ) 大阪市天王寺区夕陽丘3-24
法岩寺(ほうがんじ) 大阪市天王寺区夕陽丘町3-8
称念寺(しょうねんじ) 大阪市天王寺区夕陽丘町5-14
真光院(しんこういん) 大阪市天王寺区夕陽丘町4-8
勝鬘院(しょうまんいん) 大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町5-36




大坂寺町めぐり

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/30(木) 07:00:24|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合邦辻閻魔堂


合邦辻閻魔堂(がっぽうがつじ えんまどう) 大阪市浪速区下寺3-16-11
聖徳太子の開基と伝えられ、立派な大伽藍があったが、兵火にあい辻堂となって、 江戸時代には、「町内持ち」となって、町内によってまつられていた。
明治10年(1877)の明治天皇住吉行幸の際、道路拡張のため、西方寺に移された。
西方寺は融通念仏宗 暁築山で、本尊:阿弥仏。
天平2年(730)行基が河内国池島に創設した六万寺が渕源で、弘安5年(1582)水瀬吉松が西方寺と名を変え再建。
貞和3年(1347)大坂玉造に移転、寛永2年(1625)難波へ映り焼失、明治4年(1871)現在地で再興された。
昭和20年3月13日の空襲で、石造閻魔は西方寺ともども焼失したが、昭和27年、大念仏寺(東住吉区)から木像閻魔を譲り受け、再興される。

浄瑠璃「摂州合法辻」の舞台にもなっている。


『摂津名所図会』 合法辻(がつぽうがつじ)
相坂清水の西の辻なり。焔魔堂あり。実は学校辻なり。むかしここに天王寺の学校院ありし古蹟といふ。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/29(水) 07:20:57|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逢坂


逢坂(おうさか)
天王寺区松屋町筋終点、いわゆる合法ヶ辻から東へ上がって四天王寺西門に至る坂道である。逢坂は、逢坂の関になぞらえてよんだものとも、他説では聖徳太子と物部守屋の二人が信じる方法を比べ合わせたと言われた「合法四会」(がっぽうがつじ)に近いことにより合坂(おうさか)と名付けられたなどの諸説がある。


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/29(水) 07:15:29|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

興禅寺


興禅寺(こうぜんじ)  大阪市天王寺区伶人町5-28
曹洞宗太平寺末寺 神応山 延元元年(1336)僧月舟の創立。住吉より明治13年(1880)に移転。


本堂 本尊:釈迦仏


厄除け不動明王


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/29(水) 07:10:50|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天神坂


天神坂(てんじんざか)
安居天神へ通ずる坂道なので、このように呼ばれている。 この神社境内は大坂夏の陣に真田幸村が戦死したところで、
本殿わきに「眞田幸村戦死跡之碑」がある。また、同境内すぐ下には七名泉の一つ、安居の清水があり、「かんしづめの井」(癇静め)とも呼ばれよく知られている。



テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/29(水) 07:05:49|
  2. SIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

増井清水


大阪市顕彰史跡 増井清水(ますいしみず) 大阪市天王寺区伶人町5-35
左 信貴山命蓮上人御自作 辯財天
右 鱗大明神 高光大明神 

昔は「増井」と自然木板の額を掲げた門があり、入って右側に2つの水溜り場、その上に垣根で区切られてもう1つ水溜り場があった。
この清水が醸造するのに適したので、合清の清水とも云われたという。
明治以前は上の溜り所の水を武家用とし、下の溜り所は一般町人の飲料水にした。
この溜り場所より上に2つの元井戸があり、清水寺の玉出の瀧の水ともなっていたが、枯れてしまった。
上の溜め場の上には信貴山命蓮上人御自作と伝えられる弁財天が祀られている。




『摂津名所図会』 増井清水(ますいのしみず) 
清水の下、南の方にあり。七名泉のその一つなり。


テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/06/29(水) 07:00:10|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (738)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (39)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (4)
TRAIL (8)

FC2カウンター

リンク