続・竹林の愚人 2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第二のフクシマ、日本滅亡


第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)
(2012/02/10)
広瀬 隆

Amazonを見る


1966年7月25日にわが国最初の商業用原子炉、東海原発が運転を開始してから、2011年3月11日に福島第1原発の三基の原子炉がメルトダウンの大事故に突入するまでに、57基の原子炉が運転をしてきた。
そのうち廃炉となったのは東海原発、浜岡原発1・2号の3基で、運転期間を総計すると1453年間であった。
1453年間に3基がメルトダウン事故を起こしたのだから、484年に1回、原子炉1基あたり大事故が起こる、というのが実績の大事故発生確率である。
では、今後も残る50基の原発が稼働し続けたと仮定すれば9.7年、ざっと10年足らずに1回の割合で、末期的な事故が起こる。
一方、全世界に目を転じると、原子炉は運転中が432基あり、1基あたり「484年に1回」大事故が起こるなら、ほぼ毎年1回、原発が大事故を起こすというおそろしい地球上に、人類70億人が生きているわけだ。
原発を保有する9つの電力会社はいずれも、福島第1原発メルトダウン事故を体験しながら、いまだに原発の再稼働を目論むという、信じがたいほど危険な、反省のない人間集団である。
電力会社と保安院と現政権の無能者たち、および原子力専門学者たちに言っておくが、原発を再稼働させることは、最低10万年のあいだ人間が管理し続けなければならない放射性廃棄物を、原発の電気を使うたびに生み出すということである。
北海道から九州まで日本全国各地で拒否されてきた、処分不能の高レベル放射性廃棄物である。
日本列島のいずれの原発も、津波に対して電源を高台に置くというような、ほとんど無防備の対策でしかない危険な状態にありながら、最大の責任者の保安院がストレステストなる机上計算を実施して、原発の再稼働を目論んできたのだから、いつどこで第2・第3のフクシマが起こっても不思議ではない。
次の大地震が迫っていることが明白な現在、ここで導かれる唯一の結論は、「すべての原発の即時廃炉」である。
運転を停止した原発はすべて、使用済み核燃料を金属製のキャスクと呼ばれる容器に移して、崩壊熟を除去できる設計と、中性子による臨界暴走が起こらない設計を厳重にほどこして、ただちに海岸線から遠い高台の場所に保管させるよう、地元の自治体が電力会社に命じなければならない。
そしてそれが終ったら、今後、その保管場所についての新たな議論を開始しなければならない。
政府が原発全廃の政策を決定すれば、電力会社は必ずほかの方法で発電を始めるから、停電は絶対起こらない。
したがって今、原発を廃絶するために自然エネルギーの活用を唱える必要などまったくない。
送電線を開放して、自家発電の電気をフルに有効利用するだけで原発の廃炉には充分なのである。
これによって、大量の電気を消費する産業界を味方につけて、原発を難なく廃絶できるようになるのだ。
人類がめざすべきは、排熱量の小さなエネルギーの利用法の普及が最も重要で、原発は最も排熱量が大きく、天然ガスを使ったコンバインドサイクルはその3分の1以下の排熱ですむ。
さらに電気と共に熱エネルギーを併用するコジェネを使うと、エネルギー効率が80%にもなり、原発の10分の1近くまで排熱をおさえられる。
コジェネと太陽光発電を組み合わせることによって初めて、都会人にとっても、自然エネルギーの有効利用という意味が出てくるのである。
自然界で使える自然エネルギーとしては、小型の水力発電も有効である。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/30(月) 07:00:35|
  2. BOOK
  3. | コメント:4

イスラムの世界戦略


イスラムの世界戦略イスラムの世界戦略
(2012/01/28)
宮田 律

Amazonを見る

イランはなぜ強気に出られるのか


「ペルシア」とは主に現在のイランを構成する民族で、7世紀のイスラムの勃興後、ペルシアとアラブの民族・宗教的相違は両者の関係に常に微妙な影を投じてきた。
このペルシアとアラブの民族対立が、1980~88年のイラン・イラク戦争の一要因となり、また、イランが湾岸地域においてアラブ諸国との円滑な関係を結ぶことができず、孤立する傾向にあることの背景ともなっている。
ペルシア人は7~8世紀のウマイヤ朝時代、支配層であるアラブ人によってさまざまな差別を受け、この差別に対する反発がシーア派イスラムを信奉する契機を与えることになった。
アラブ人が異端と考えるシーア派イスラムを信仰することは、アラブ人からみればイスラムに対する「反逆」と見なされ、ペルシアとアラブの民族対立が中東世界に根づくことになる。
国王時代のイランは、「湾岸の警察」と呼ばれる強大な軍事力を背景に、アメリカとの関係を強化することによって、域内における西側の秩序づくりに貢献した。
GCC(湾岸協力評議会)に属するアラブ6カ国(UAE、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア)は70年代を通じてアメリカと良好な関係にあり、表面的にはイランとの友好関係も維持していた。
しかし、イラン革命後はイランの「革命輸出」に警戒感を示し、また「ベルシアの拡張主義」への防波堤の役目をイラクが果たすというサダム・フセインの「アラブの大義」に呼応して、イラン・イラク戦争中イラクに財政的・軍事的支援を与えた。
異民族国家のイランは近隣のアラブ諸国から常に脅威として見られ、湾岸諸国から真の同盟国と見なされることはなかった。
ドバイでは不動産バブルが崩壊したが、ドバイの旧市街はイラン人、アフリカ系の人々、南アジアからの労働者たちが街頭にあふれている。
ドバイを拠点とするイランの闇市場での莫大な利益を上げているのが、イランの革命防衛隊と宗教財団だ。
ドバイを拠点に対イラン制裁に風穴を開け、漁夫の利を得ているのは中国で、中国は欧米諸国からイランに輸入できない物品のコピー製品を輸出し、アザデガン油田など、日本、フランス、イギリスが撤退した後の石油やガスの権益を手にしており、イランは中国の経済植民地になっている観すらある。
中国と同様に目覚ましい経済発展を遂げるインドも、トルコに次いでイラン石油を多く購入する国となっている。
「アメリカがイランの核兵器を問題にしてイスラエルの核になんの言及もしないのは不公平」という考えはアラブ世界でも広く共有され、アラブ諸国が対イラン貿易を促進する心理的要因ともなっている。
アメリカは湾岸のアラブ諸国を軍事的に強化することでイランを封じ込める意向だが、アラブ湾岸諸国ではこうしたイランに対する同情や共感も高まっており、アメリカが湾岸諸国に大量に売却する兵器や部品、さらに技術がイランに移転され、イランの軍事力増強につながりかねない。
経済制裁はイランの一般国民を苦しめるだけで、政府は闇経済でいっそう私腹を肥やしており、アメリカ、イスラエルのイラン封じ込めのための核兵器開発阻止の意図はまったく実効性が乏しく、機能していないのが実情だ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/29(日) 07:00:39|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

肉食妻帯考


肉食妻帯考 日本仏教の発生肉食妻帯考 日本仏教の発生
(2011/11/23)
中村生雄

Amazonを見る


日本人は自分の国のことを仏教国だと思っているが、実情は明らかにそれに反する。
なぜなら、日本の僧侶の大多数は結婚して家庭をもち、生まれた子どもに寺を継がせ、日常の生活でも肉食を平気でするなど、出家者にあるまじき行為を平然としているからだ。 
このような批判は、とりわけ出家と持戒の原則を厳しく守る東南アジアの人びとが、驚き半分、軽蔑半分といった気持ちで、しばしば口にしてきたところである。
ところが、戒律など意に介さず妻子を養い、まるでふつうの職業のように僧職に就いているところにこそ「日本仏教」の固有の意味があるのだとなかば開き直ってきた。
そもそも「肉食妻帯」という真宗教団常用のスローガンは、親鸞じしんの著作に典拠がないのはむろんのこと、近世にいたるまで使用されたためしのない用語だった。
あえてこれと重なる表現を中世までの資料にもとめると、それは「女犯肉食」という言い方で、しかもその用語は、既成の顕密教団側が法然・親鸞ら専修念仏者のいかがわしい行為を攻撃するために使用したことばだ。
ネガティブな意味をもっていた肉食妻帯というあり方が、近世の、特に元禄・享保期以後の真宗教団によっては、自らの教団の独自性を積極的に示すスローガンとして強調されるようになる。
本願寺の知空という学僧の『肉食妻帯弁』というテキストを始め肉食妻帯の正当性を主張する書物がその時期にたくさん書かれていきます。
『諏訪大明神画詞』によると、神前に鳥獣の肉が供えられているのは、供えられた鳥獣が明神の神徳を経由して最終的には成仏を果たすことになるという。
このような鎌倉から南北朝時代の神仏習合の風潮の中で編み出されていった考えで、肉食することを肯定的にとらえ、獣たちは食べられることによって救われるという、非常に人間の都合のいいような理屈が編み出されていきます。
親鸞が東国の厳しい現実の中で到達した「悪人の自覚」は、覚如の時代になると中世の神仏習合的な流行思想の中に流し込まれて解釈されていったわけです。
中世における真宗教団は絶対的なマイノリティーの異端集団で、彼ら専修念仏の輩は肉食を公然と行ない、念仏の道場では男女が入り乱れて大変淫らな振る舞いに及んでいるという非難を浴びせられていました。
ところが蓮如の成功が大きな起爆剤となって、近世幕藩体制の中で本願寺を中心とする真宗教団が押しも押されもせぬ巨大教団になっていくと、今度は真宗の側から「肉食妻帯」という自分たちの独自の信仰を外部に向けて発信するキャッチフレーズとして積極的に使用されていきます。
そして、明治5年の太政官布告で「肉食妻帯勝手タルベシ」という明治政府の通達が出て、それまで僧侶の妻帯というものは真宗各派と山伏の修験宗以外は禁じられていたのが、結局すべての仏教教団が真宗に足並みを揃え、僧侶の結婚と寺院の世襲制が普通のことになっていったわけです。
こうした日本仏教全体の肉食妻帯容認は、まさしくこの国の仏教がこぞって真宗化したことを示していますし、またそこに「仏教の日本化」という現象がもっとも象徴的に現れていると考えることもできます。
肉食妻帯というふうな日本の仏教にとって非常に重要なテーマが、崩し的に受け入れていった他教団はもとより、宗祖以来の独自の伝統とする真宗教団の双方において、今日あまり活発に議論されない状況には不満が残ります。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/28(土) 07:00:27|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

高槻の社寺

高槻
  
樫田 磐手 清水 阿武野 五領 大冠 高槻 芥川 如是 富田 三箇牧
高槻を11地域に分けてご案内します。




続きを読む

テーマ:大阪 - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/27(金) 17:18:47|
  2. Table of Contents
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東仙寺

東仙寺
東仙寺(とうせんじ) 高槻市西面中2-12-1
曹洞宗天徳寺末 瑞龍山
享保3年(1718)地元の前川良長の創立で、西成郡川崎村天徳寺5世宗頓を請じて開山。
明治元年の大洪水で旧記を流失す。
本尊:地蔵菩薩

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/27(金) 07:20:59|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

高槻物語

宇津木 秀甫 高槻物語 昔ばなし・童べ唄・民謡 (2011)

無念講
石山合戦は勝負つかんさかいに、織田信長が天皇に頼んで勅命を出してもらいよった。
織田信長は戦争せんことになったのに、本願寺に加勢した村々の門徒衆を順番に攻めて殺しょった。
わしらの軍師やった味舌下の明善寺の正義坊とその門徒の勘兵衛さんの首をねらいよった。
三宅の勝久寺では門徒の百姓らが本堂に集まって念仏となえてたら、信長の軍勢が寺に火イかけよった。
逃げまどう百姓衆はぜ-んぷ切り殺され、血がながれたとこが今でも流れの馬場ゆうんじゃ。
信長は「昧舌の明善寺の正義坊は 手強いぞ」ゆうて、騎馬三千を仕向けよった。
正義坊は勘兵衛さんをつれて逃げ、箕面の止々呂美ゆうところで追いつかれて、勘兵衛さんは正義坊の身代わりになって殺された。
そのあと、明善寺の門徒衆は勘兵衛さんの無念を弔うために、村の墓地の中に供養塔を建てたんじゃ。
無念講ちゅう念仏講はそっから続いてるゆうんじゃ。
(メモ)
本願寺門徒の百姓が村ごとに団結し、その中心に本願寺派の末寺が存在していた。
織田信長も、豊臣秀吉も、徳川家康も寺に集まる門徒勢力(惣村勢力)を分断しようと圧力をかけ続けたのです。
本願寺を東西の本願寺に分けた徳川家康の政策は、末端の村々に及びました。
私の故郷の西面村は、戸数120戸あまりの村ですが、その惣百姓が正徳寺に結集していた筈です。
それが江戸時代になると、有力農家は正徳寺の檀家では無くなり、
近隣の茨木市馬場村、茨木市穂積村、淀川対岸の枚方市中振出口村の寺とか富田町本照寺の檀家にされ、
正徳寺の檀家に残れたのは、分家した小百姓や貧乏百姓がほとんどでした。
村人が団結の中心として作った道場寺・正徳寺の解体ともいうべき措置は、惣村の解体を狙ったものでした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/04/27(金) 07:15:59|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

正徳寺

正徳寺
正徳寺(しょうとくじ)  高槻市西面中2‐16‐10
正徳寺は凌雲山と号し、浄土真宗本願寺派(西本願寺)に属し、阿弥陀仏を本尊とする。
創建の年月は不詳であるが、寺伝によれば、もとは真言宗に属して聖徳寺と称していた。明応6年(1497),了専が蓮如上人に帰依して浄土真宗に転じ、寛文6年(1666),現在の寺名に改めたという。
本堂は、元禄14年(1701)に再建され山門は平成元年に修築された。
境内には、本堂や庫裏、鐘楼堂等のほか、市指定「保護樹木」のウツギ(卯の花)があり、毎年5~6月にかけて、可憐な白い花を咲かせる。     高槻市教育委員会
 
門前の寺号碑に「本尊阿弥陀仏は聖徳太子御作と伝え聖徳寺と称せしが寛永十九年正徳寺と改めたり」とあり、現住職に伺うと、集落自体が400年程で、聖徳太子の時代とは大きな隔たりがあるとのこと。

正徳寺
本堂 本尊:阿弥陀仏

正徳寺
太鼓楼

正徳寺
鐘楼

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/27(金) 07:10:06|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

真光寺

真光寺
真光寺(しんこうじ) 高槻市三島江2-10-22 
浄土宗 知恩院末 三島山 無量院

真光寺
本堂 本尊:阿弥陀仏

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/27(金) 07:05:29|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

碧流寺

碧流寺
碧流寺(へきりゅうじ) 高槻市三島江3-24-17
浄土真宗大谷派 玉江山
永暦年間(1160~1161)近江源氏佐々木氏の一族河野氏の菩提寺として建立したと伝えられる。
もと禅宗であったが、蓮如の教化で真宗に転派。
寛永15年(1638)5月洪水により堂宇流失して池沼となり、寛文11年(1671)住職湛能が檀家と協力して現在の所に再建す。
本堂 本尊:阿弥陀仏

碧流寺
鐘楼

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/27(金) 07:00:35|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

くらわんか舟発祥地碑

くらわんか船
くらわんか舟発祥地碑 高槻市柱本3
淀川百年記念 題字 樋田健一郎書
     円山川産石  昭和49年10月建立
くらわんか舟
昔から、淀川は大阪と京都を結ぶ交通の大動脈 として、多くの舟が上下していましたが、大阪 夏の陣(1615年)のときに徳川方に協力した功によって、淀川を上下する舟に、食物を売る特権を与えられたのがくらわんか舟で、後に, 地の利によって、枚方の方が繁栄したようです。
発祥の地は、ここ高槻市柱本といわれ、「柱本茶船記録」に書き残されています。
   

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/04/26(木) 07:15:03|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。