続・竹林の愚人 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家庭料理の近代

家庭料理の近代 (歴史文化ライブラリー)

(2012/10/19)

江原 絢子

明治後期、日常の食事はご飯を主食に汁・おかず・漬物の基本的形をとりながら、おかずに洋風・中国風・それらの折衷を取り入れることが求められるようになる。
それらの料理をこなすのに和食用の食器や調理道具だけでなく、フライパンなどの洋風道具に洋食器を用意し、蒸籠など中国の蒸し器も使うといった家庭料理のパターンを作りあげてきた。
コロッケ・とんかつは調理法は洋風でもご飯のおかずに合うようアレンジされている。
肉じゃが・牛肉のすきやき・豚汁は食材を外国に由来しているが、味付けは日本的な醤油を用いている。
さらには、食堂などでハンバーグ定食・マーボー豆腐定食といった日本の食事形式を取りながら洋風・中国風にしている。
最初は外食店や肉屋などで提供されたこれらのアレンジ料理が次第に家庭科理としても定着していく。

明治後期から、料理学校・女子中等学校の調理実習・料理書・料理雑誌・通信教育などから家庭向けに料理技術を伝授される。
東京日本橋人形町の商家では、夕飯(冬)に、白飯・ぶり大根・シチュー・白菜漬を食べ、シチューは洋食屋をまねておかみさんが作るという。
シチューは都市部で定着していたのか、横浜のミッションスクールに通う家庭でも夕食には「お母さんの北海道仕込みのお得意料理」のシチューである。
大阪の薬種問屋でも女学校に通う娘は、お弁当に女学校出入りのパン屋からクリームパンやあん入り揚げパンを購入している。
女学生がパンを弁当に用いるのは一種の流行であった。
女学校を卒業すると花嫁学校に通い、ビーフステーキ・ビーフカツレツ・ハンバーグステーキを習い、家でも作るようになった。
氷入り冷蔵庫には、三ツ矢サイダー・ビール・カルピスが入っていた。
「お肉のぐちゃ炊き」(肉じゃが)は薄切り牛肉とじゃがいもと玉葱を炊いたものでみんなが好きなおかずだった。
大阪の新興住宅地の月給取りの家庭では、じゃがいも・人参・たまねぎと薄切り牛肉のカレーライスやビフカツ・肉じゃが・肉団子なども時に食べている。
神戸市の家庭もライスカレー・神戸牛のすきやきなどを時々食べている。

都市部で発展する外食店として百貨店の食堂があげられる。
関東大震災後に改修された東京三越の食堂は、子ども用の椅子が設置され、メニューには御子様ランチ・オムレツ・チキンライス・ハヤシライス・御子様弁当・子供パンなどがあった。
大阪では阪急百貨店の食堂に出かけ、子どもはライスカレー、父親はステーキを注文し、時には「自由軒」という洋食屋に寄り、キャベツとフライポテト・「ビフカツ」を食べている。
昭和10年頃の東京下町では、家庭でのすきやきはまだ日常のものではなく、ライスカレーも御馳走に出されるものだった。
杉並・板橋・駒沢などの農村地帯では、時々講習会が開かれ、ライスカレーはかなりの家庭で食べている。
農家に最近入った飲食物は、ビール・サイダー・西洋料理・支那料理・牛乳・コーヒー・りんご・キャベツ・トマト・白菜などである。
他の地域もほぼ同様だが、麦飯が中心のところも多い。

明治後期以降、都市部の中流以上の家庭に新しい食材が入り、それを後押しする学校・料理書・雑誌・料理学校などによる「教育」が和洋折衷料理を工夫し、主食に偏していた家庭料理に少しずつ副食を充実する動きがみられる。
全国的な規模で家庭料理がかわっていくのは、第二次世界大戦後の食糧難が解消された1960年代であろう。
しかし、1980年以降は、作って食べることより、作らないで食べる、外食や中食を多用した食生活を選択する人びとが多くなった。
再び家庭料理とその技術を見直す動きが起こることを期待したい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/30(金) 07:00:22|
  2. BOOK
  3. | コメント:2

EOS 6D 製品紹介セミナー

EOS6D
EOS 6D 製品紹介セミナーに行ってきました。

EOS6D
場所はキヤノンギャラリー梅田のある梅田ダイビルの18階、EOS学園です。

山本学
EOS学園の講師でもある山本学さんのプレゼンです。
「今日はEOS6Dの良い所しか云いません。」と御用カメラマンらしいご挨拶でスタート。

EOS6Dは廉価版の35mmフルサイズ一眼デジカメ。といっても結構なお値段がついています。
特徴は無線LANとGPS機能が付いていること。
私的にはブツ撮りでのピント合わせにラップトップとカメラをUSBケーブルでつないだリモート撮影で、よくコードを引っ掛けていましたので、無線でリモートできることは嬉しい限りです。
天体撮影や野鳥撮影で威力を発揮しそうですね。

安くなったEOS5DMarkⅡとの比較になるかと思いますが、そもそもフルサイズが必要かという根本的な問題があり、APS-Cサイズのハイアマチュア向けEOS7Dで充分じゃないかとも、買えもしないのに思い悩むのを楽しんでいます。

それにしてもISO6400でもノイズが目立たないのは凄いですね。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/29(木) 07:00:34|
  2. PC
  3. | コメント:0

伝承された縄文技術

伝承された縄文技術伝承された縄文技術

(2012/10)

名久井文明 著

明治10年(1877)エドワード・S・モースの大森貝塚の発掘で科学的日本考古学発展の黎明を告げる。
植物性遺物のわずかな痕跡が土器の底に残されていたが、当時民間で使われていた実用品の[莚]や「敷物」との関連性を追究する研究者は現れなかった。
大正末に、青森県三戸郡是川村中居(現・八戸市)の泥炭遺跡から縄紋時代晩期の土器、石器とともに、おびただしい量の植物性遺物が発見された。
土中から忽然と姿を現した、見たこともない美麗な珍品や優品に誰もが引きずられたが、一緒に発掘された「樹皮製撚糸」「樹皮製編物」「蔓製品残欠」「藺製籠の残欠」などはことさら注意を引かなかったようだ。
昭和2年(1927)、杉山寿栄男は小論文「石器時代の木製品と編物」(『人類学雑誌』)で、是川中居遺跡から発掘された植物性素材を組んで壺型に成形してから漆を塗って仕上げた容器を紹介。
昭和17年には『日本原始繊維工芸史 原始編』「土器底部縄蓆紋」の解説文で「土俗編物」と余山貝塚(千葉県)の土器底部の痕跡紋様が酷似している様子から縄紋時代人が作った敷物と民俗例が深く関連している事実を示そうとした。
このような民俗例を参照することによって考古学的事実の理解を図ろうとする「民俗考古学的方法」はこれまでの日本考古学には存在しなかった。

この列島で生きた旧石器時代の人々は1ヵ所に定住することなく、獲物を求めて移動を繰り返す遊動生活を送っていた。
それが1万5000年前の最終氷期が終わろうとするころ、1ヵ所に定住する人々が現れ始めた。
人々は温暖化によって大きく変わった植生の恩恵を受けて新たに入手が容易になった各種の植物性食料を利用するようになった。
そのことが定住を可能にしたというのが、これまでの考古学の共通理解となっている。
しかし温暖化に伴って植生が変化すると何故に定住が可能になるのかを明快に説明していない。
鳥浜貝塚の草創期層の発掘で、「爪形紋土器、無紋土器、多縄紋土器」などとともに、緑が不規則に破れたトチ皮の大破片が発掘されている。
このトチ皮を民俗考古学的視点に基づいて観察すると、鳥浜貝塚人が生や保存したトチを水に浸けてふやかした後に実を取り出したさいの皮である可能性が非常に高い。
つまりこの鳥浜貝塚例は、現在のところ人為的に剥かれたわが国最古のトチ皮と考えられる。
トチは「あく抜き」をしないと煮ても焼いても食えないものだから、草創期の人々が「あく抜き」方法を知り、トチを食料に加えていたことを裏付ける有力な物証となる。
煮ても焼いても食えなかった木の実を主食にもなり得る食品に変えることができたのだから、「あく抜き」技術は食料の絶対量を増やすことと同じ効果を持っていた。
東黒土田遺跡、西鹿田中島遺跡、王子山遺跡から出土した「どんぐり」は、いずれも皮が除かれた剥き実で、乾燥処理されてから保存され、搗くことで皮が除かれたものと判断される。
落葉広葉樹林帯で獲得された堅果類その他、動、植物性食料の乾燥処理技術は、狩猟や漁労、採集活動によって入手した各種食料の多寡を平準化し、食料を食い延ばすことを可能にした。

また、旧石器時代の人々は石器を作る原材料をかなり遠方の産地から運ぶことがあったと考えられている。
硬質で角ぼった重い石を運ぶには、シナノキ・ビバ・ヒノキなどの樹皮製の組み籠が適しているだろう。
三角山I遺跡(鹿児島県)から発掘された土器の底部には「縄目編み」の痕跡が認められる。

乾燥させた食料が長期間にわたって利用できることを知った草創期の人々は少しでも多くの食料を乾燥させ、貯蔵しようと食料乾燥・貯蔵用の小屋を少しでも大きく丈夫に作る方向に努力を傾けたと思われ、それは遊動から遠ざかる営みだ。
多くの乾燥食料を蓄える営みは、獲物に頼る生活よりも食料事情を格段に好転し、人口を増加させたから、獲物に寄りかかる生活をいっそう困難にし、ついに獲物を追って遊動しなくなった。
遊動を止めた彼らは、食料の乾燥兼貯蔵小屋に住み始めたのではないか。
こうしてみると、おそらく後期旧石器時代末期までに獲得されていた「いれもの」の製作技術、磨石や石皿状石器が暗示する粉砕タイプの「あく抜き」技術、縄紋時代草創期に至って顕在化する、食料の乾燥処理技術、乾燥食料の製造、貯蔵施設の構築やそのための工具の開発といった諸要因が草創期の人々の食料事情を大きく好転させた。
その大変革がこの列島の人々を遊動から定住へと向かわせたというのが、民俗考古学から知られるいくつかの事実を総合して得た私の仮説だ。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/28(水) 07:10:12|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

Festival des Métiers

Hermes
Festival des Métiers
11月21日(水)~26日(月)
11:00~19:00
阪急うめだ本店9階 阪急うめだホール
1837年にパリで馬具工房としてスタートしたエルメスの職人たちの仕事振りを間近に見ることが出来ました。

Hermes
フレーム

Hermes
作業台

Hermes
刺抜きを大きくしたような木製の器具で皮を股にはさみ、キリで穴を開けます。
その穴に1本の糸に2本の針で両側から糸を通して縛るように縫っていくクウジュ・セリエという縫い方です。

Hermes
フレームに皮を張りつけ、仕上げの段階です。

Hermes
制作台帳には依頼者の氏名・制作年・図が記載されています。
鞍の裏側に通し番号が刻印されており、修理の場合は物故者を除き制作した本人が行うという。
想い出に残る作品として、アラブの王族の依頼で制作した大変手の込んだ装飾のある鞍や、ディスプレイ用にシルクで作った鞍など、写真を見せてくれました。

Hermes
いかにもエレガントな女性用鞍の出来栄えです。

Hermes

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/11/27(火) 07:00:28|
  2. SIGHT
  3. | コメント:0

梅田阪急ビル

阪急百貨店
梅田阪急ビル 大阪市北区角田町8-1
設計:日建設計 施工:大林組 地下2階、地上41階
2007年7月~2012年11月21日

阪急百貨店
建替前 
1929年3月28日梅田阪急ビル第1期竣工。
隣接のビルで営業していた「阪急マーケット」が入居し「阪急百貨店」と改称。1階に駅コンコースを設置。
以後、9期に渡る建増しで、フロアーは歪になって迷路のようでした。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/11/26(月) 07:05:13|
  2. SIGHT
  3. | コメント:2

阪急旧コンコース

阪急
シャンデリア テーブル 大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店13階
阪急百貨店がこの21日にグランドオープン(全館開業)したというので、行って来ました。
但し、お買い物にではなく、旧コンコースの一部が13階のレストランに復元されているというので、
阪急大食堂の名物カレーも頂きに伺いました。

阪急
獅子(左) 月に白兎〈中央)に唐草模様 鳳凰(右)

阪急
龍(左) 赤い日輪に三本足の烏と唐草模様 飛馬(右)

阪急うめだ本店 記憶の継承
”旧コンコースの建築意匠”
京都平安神宮を設計した事でも知られる建築家伊東忠太氏がデザインしたオリジナルの四神のガラスモザイク壁画や大シャンデリアなぢは、昭和4年に完成し、大阪・梅田のシンボル空間として親しまれてきた旧コンコースにあったものを修復し移設しました。
また、唐草模様のレリーフは型取りし複製、床なども同じパターンを採用するなど、当時の状態を再現しています。

阪急コンコース
旧コンコース 原画:伊東忠太 設計:岡野寛治(竹中工務店)

モザイク壁画とシャンデリアが保存されていたことに安堵。
もう一方の名物カレーはレストランでは提供されていないとのこと。
もはやカレーライスは”ごちそう”ではないということでしょう。

阪急名物カレー
という訳で、地下2階の食品売場でレトルトになったものを求めて帰りました。
阪急百貨店大食堂~カレーライス物語~
昭和4年(1929),世界初のターミナルデパート阪急百貨店に大食堂がオープン。
その目玉メニューがカレーライスでした。
当時高級だった洋食を廉価で提供することによって爆発的な人気を呼び、1日に1万3千食も売れた時代もありました。
シェフが3日間丹精こめて作りあげるこのカレーライスは、大食堂が閉店する平成14年(2002)まで、長きにわたり愛された、大阪を代表する想い出の味です。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/11/26(月) 07:00:28|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0

コケの自然誌


コケの自然誌コケの自然誌
(2012/10/30)
ロビン・ウォール・キマラー

Amazonを見る

ネイティブアメリカン流のものの考え方では、あるものを理解するには、私たちの4つの側面のすべてでそれを知らなければならない。
すなわち、マインド、身体、感情、そして魂である。
コケを観ることを学ぶのは、観るというよりも聴くことに近く、岩の上を流れる水にじっと耳を澄ませるのと同じように観るといい。
コケ植物は、陸上の植物では最古のものだ。
コケには花も、果実も、種も、そして根もない。
維管束系もないし、内部に水を運ぶ木質部も師部もない。
コケは植物の中で最も単純で、その単純さゆえに、優雅である。
茎と葉にいくつかの基本的な構成要素があるだけで、進化の過程は、世界中に2万2000という種類のコケを生み出した。
そのすべてが、事実上あらゆる生態系で隙間植物として生きられるようにデザインされた独特の生き物である、という同じ主題を持つバリエーションなのだ。

土壌を住処とするスギゴケなど数種のコケは芝草のように移植が可能だが、岩を好むコケを別の岩へ移植しようとすれば、大概は失敗に終わる。
園芸家たちに伝わる伝承には、コケを生やす一種の魔法があるという。
たとえば岩壁に繰り返し酸をかけるというのを聞いたことがある。
また、生やしたいコケを森の中にある条件の似た岩から採集して、1リットル弱のバターミルクと一緒にミキサーにかけて岩に塗れば、1~2年で岩はコケに覆われると言う。
実際にコケは切り離された葉や茎から再生することができる。
条件が整えば、コケの断片は原糸体を伸ばして新しい生息環境に自らを定着させ、そうやって小さな茎が伸びる。

雨の多い太平洋岸北西部の森は、コケの生育には理想的な環境で、オレゴン州西部の温帯雨林は、最大で年間3000ミリもの降雨量がある。
雨が多く温暖な冬のおかげで木は1年を通じて成長し、それとともに、木に生えたコケも成長する。
潅木や木の枝は、さまざまな種類の蘇類、苔類、地衣類を含む着生植物に厚く覆われ、それらは栄養循環、食物網、種の多様性、そして無脊椎動物類の住処の提供に重要な役割を果たす。
1haあたりのコケの重量は10~200kgであると見積もられている。
この森のコケが美しいのは、見た目だけではない。
コケは、森の働きにとって不可欠なのである。
温帯雨林の湿度の中で、コケは元気よく繁茂するばかりでなく、その湿度を生むのに重要な役割を果たすのだ。
ちょうど、枕型の砂袋が小川を堰き止めるように、コケのかたまりは、木の幹を伝い落ちる雨水の流れを遅くする。
水がコケの上を流れるときに、細くなった葉の先端に捉えられ、小さな雨樋に集められて、葉の根元にあるボウル状のへこみに溜まる。
森林を伐採すると、間もなく洪水が起きるというのもよくわかる。
雨が止んだ後も、コケむした木の幹は水が染み込んだままで、先週降った雨をゆっくりと蒸発させる。
林冠から日の光が射し込み、コケのかたまりに当たると、湯気が立ち昇るのが見える。
はるか頭上の林冠では、銀色の木の実を摘むように、それを集めようとコケが待ち構えている。
コケのコロニーの入り組んだ表面はビーズ玉のような水滴に覆われ、毛のような細い葉先と細かな枝が霧の飛沫を凝縮させる。
さらに、コケの細胞壁には、イチゴを煮詰めてジャムにする働きを持つゲル化剤、ペクチンが豊富だ。
ペクチンによってコケは、水蒸気を空気中から直接吸収することができる。
たとえ雨が降らなくても、林冠に生えたコケは水分を集め、それをゆっくりと地面に落として、木の成長のために土壌の水分を守り、そうして今度は木がコケを養うのだ。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/25(日) 07:00:16|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

リチウムイオン電池回路設計入門


リチウムイオン電池回路設計入門リチウムイオン電池回路設計入門
(2012/04)
臼田 昭司

Amazonを見る

化学電池は物質の化学反応を利用して電気を発生させる装置で、通常、電池といえばこの化学電池を指します。
これに対して物理電池は化学反応を一切用いないで光や熱といった外部から得られるエネルギーを電気エネルギーに変換する装置で、代表的なものに太陽電池があります。
化学電池は一次電池と二次電池、燃料電池に分けることができます。
一次電池は使いきりの電池で、身の回りでよく使われている乾電池やボタン電池が代表的な例です。
二次電池は充電を繰り返して何度でも使用できる電池で、小型のものでは二カド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などがあり、これらは小形二次電池と呼ばれています。

リチウムイオン電池はニカド電池やニッケル水素電池に比べて約3倍の電圧が得られますから、同じ電圧を出すとすれば使用本数が1/3で済みます。
リチウムイオン電池の重量エネルギー密度はニカド電池の約5倍、ニッケル水素電池の約3倍。
同形状のリチウムイオン電池の体積エネルギー密度はニカド電池の約5倍、ニッケル水素電池の約2.5倍になります。
小型軽量でエネルギー密度の大きい電池として構成できるので、モバイル機器の電源として使用することができます。
ニカド電池やニッケル水素電池は、浅い充放電を繰り返すと電池容量が見かけ上、減少してしまうメモリー効果が起きますが、リチウムイオン電池にはメモリー効果がありません。
使いたいときに使い、充電したいときに充電する、いわゆる継ぎ足し充電が可能です。
従来型の二次電池は急速充電を繰り返すと電池寿命が極端に短くなりますが、リチウムイオン電池は電池寿命も長くなりました。
大容量のリチウムイオン電池は短時間の高効率急速充電が可能になりました。
通常、電池は使わずに放っておくと自然に少しずつ自己放電しますが、リチウムイオン電池の自己放電率は1カ月当たり5%程度で、一度充電しておけば数ヵ月は再充電しなくとも使用できます。

一般的な円筒型リチウムイオン電池はシート上の正極と負極をセパレータで挟んで渦巻き状にしたスパイラル構造で、ガス排出弁をもつ蓋とガスケットで密閉した構造になっています。
ガス排出弁は、正極と負極の内部短絡などで温度が上昇し、内圧が上昇した場合の安全弁で、爆発を予防しています。
セパレータは微細多孔膜のフイルムで、通常はリチウムイオンが通過しますが、高温になると溶融して多孔膜フイルムの孔がふさがりリチウムイオンの通過を阻止し、電流を遮断します。
また、電池のトップカバーには、温度上昇により内部抵抗が増大するPTC素子が内蔵されており、温度上昇が生じた際には電流を電気的に遮断する構造になっています。
このようにリチウムイオン電池にはいくつかの安全機構が備えられています。

USB出力型の小型リチウムイオン電池がいくつか市販されています。
また、2011年12月に日産自動車から電気自動車「リーフ」が発売されました。
ラミネート型といわれる薄い形状のリチウムイオン電池を2直列×2並列に接続したセルを192枚使用して、48個のモジュールを直列接続して車の底部に搭載しています。
バッテリパックの電圧は355V、容量は67.6Ah(24kWh)になります。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/24(土) 07:00:45|
  2. BOOK
  3. | コメント:1

多文化社会ハワイのリアリティー


多文化社会ハワイのリアリティー―民族間交渉と文化創生多文化社会ハワイのリアリティー―民族間交渉と文化創生
(2011/04)
白水 繁彦

Amazonを見る

城田 愛 「フラにみる多文化社会ハワイのポリフォニー」

「フラは心の動きを表した言葉であり、ハワイの人びとの鼓動である。」
この有名な格言を残したデイヴイッド・カラーカウア王は「陽気な王様」と親しまれ、ハワイの音楽や舞踊の良きパトロンであった。
1820年以降、ヨーロッパやアメリカ大陸部からの宣教師によって、フラは「異教のもの」・「みだらなもの」とされ、半世紀以上わたって公の場で演じることが禁じられていたフラの再興をカラーカウア王がなしとげたのである。
1970年代からハワイ島ヒロで開催されているフラの競技会「メリー・モナーク・フェステイヴァル」の大会名は王の愛称にちなんだものだ。
フラの根幹にはハワイ語で「メレ(mele)とよばれる詩が存在し、メレでうたわれている内容を手先や腕・腰・つまさき・足・目などの動きや表情であらわしたものがフラといえる。
欧米社会と接触する以前のハワイは、書き言葉の存在しない「無文字社会」で、メレやフラはハワイ諸島の創世神話から神々・自然現象・航海・魚労・農耕・王族などに関する物語や出来事を伝えてきた。

現在、フラは「フラ・カヒコ」(hula kahiko・古典フラ)、および「フラ・アウアナ」(hula 'auna・モダン・フラ)に大別されている。
明確に区別されるようになったのは、メリー・モナーク・フェステイヴァルでの種別として「カヒコ部門」と「アウアナ部門」が設けられたことによる。
ハワイ土着の打楽器をもちいるフラには、サメ皮の太鼓を使用する「フラ・パフ」(hula pahu)と、ヒョウタンからつくられた打楽器「イプ」(ipu)を使う「フラ・アーラアパパ(hula 'ala'apapa)」があった。
フラ・パフは,祭祀場「ヘイアウ」(heiau)でとりおこなわれる宗教儀礼の一環として舞われたフラであり、最も神聖なフラとされている。
パフは「フラの鼓動」とされ、クム・フラのように許可された者以外は手にすることができない。
フラ・アーラパパは詩を詠唱する語りもの的なスタイルである。
また、フラ・カヒコは踊り手たちが立って演じるものと、座って演じる「フラ・ノホ」(hula noho)とがある。
踊り手たちが立った状態で演じる場合、踊り手たちはクム・フラやフラ・チャンター(ホオパア(ho'opa'a))の唱えるメレと楽器が奏でるリズムにあわせ、詩のテーマを身体の動きで表現する。
いっぽう、フラ・ノホでは踊り手たち自身がメレを唱え、手にした楽器や道具で音を出しながら演舞する。
フラ・カヒコの踊り手たちは、葉や植物で編まれたレイ、葉で編まれたスカートやプリント無しの布、またはポリネシア特有の幾何学模様などが刻まれた「カパ、タパ」(kapa,tapa)とよばれる樹皮布でできた衣装を身にまとう。

モダン・フラは観光、ショー・ビジネスやハリウッドの映画産業などに影響をうけて発展してきた。
「パオレ」(白人)がつくった「楽園ハワイ」のイメージを英語の歌詞でハワイアン音楽にあわせて、ホテルなどで観光客むけに上演されるスタイルは「ハパ・ハオレ・フラ」(hapa haole hula)とよばれ、「偽物」としてとらえられる傾向が強く、フラの競技会などで演じられることもほとんどない。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/23(金) 07:00:05|
  2. BOOK
  3. | コメント:2

居留地の街から

居留地の街から居留地の街から―近代神戸の歴史探究

 (2011/11)

土居 晴夫

かつて、神戸布引・丸山に岩倉具視旧居が存在した。
この建物は、大正11年(1922)に東京から神戸に移築され、維新6人の英傑(岩倉具視、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、三条実美、伊藤博文)を祀り、「六英堂」と命名された。
場所は、神戸布引の丸山と呼ばれる小高い丘の頂上で、現在の新幹線・新神戸駅のすぐ北である。

明治11年(1878)、川崎正蔵は東京築地に官有地の払い下げを受けて西洋型船舶の建造に着手し、明治20年(1887)7月に官営兵庫造船所の払い下げを受け、先に設立した築地造船所をここに移して川崎造船所と改称した。
明治18年(1885)ごろ、正蔵は布引に豪壮な邸宅の建設に着手し、明治23年、本館と茶室、長春閣(美術展示館)が竣工。
続いて松風庵、美術館(保蔵庫)を増設していった。
  徳光院 本堂
正蔵は自邸の裏山である丸山北麓に川崎家の菩提寺を創開し、明治40年9月大圓山徳光院が落慶大仏供養を行なった。

岩倉邸は、東京市麹町区宝田町三番区馬場先門内にあるもと埼玉忍藩の江戸屋敷で、岩倉の死後、宮内省は岩倉邸を買上げて取り壊すこととした。
そのことを知った宮内省勅任御用掛の多田好間は、伊丹重賢、内大臣秘書官桜井能監と相談して、この建物を保存することとし、東京角筈村に二千余坪の荒地を購入して、木立の中にこの建物を移築し、建物を「隣雲軒」と名づけた。
建物移築後しばらくして新宿駅拡張用地となり、川崎造船所副社長の川崎芳太郎が建物を買い取り、神戸布引丸山に移築することとした。
  川崎正蔵の銅像跡
大正7年(1918)12月1日、布引丸山で川崎正蔵の銅像除幕式が行われ、所有の布引山を一般公開すると発表。
大正9年7月13日に急逝した芳太郎の遺志を継いで、岩倉旧居を神戸に移築したのは息子の川崎武之助である。
移築工事は、大正10年5月に着工し、大正11年2月に完了。 
芳太郎の遺志をついで、市民に「布引山を開放する」ため、芋川から徳光院までの道路を建設することを披露した。
昭和9年(1934)2月1日、文部大臣は、六英堂を史跡名勝天然記念物保存法に基づく「史跡」として指定した。

昭和22年の阪神大水害で布引山麓にあった豪壮な川崎邸も崩壊した。
水害後、川崎邸跡は、新たに市民公園に生まれ変わることとなった。
川崎武之助は昭和21年4月13日に死亡した。
相続税、新税制が川崎財閥と川崎家を直撃し、六英堂がある布引丸山も手放さざるをえなかった。

新たに丸山を購入した大和観光株式会社社長米田茂氏は、布引丸山が「生田神垂連の地」という緑で、移築先を生田神社と相談。
 明治天皇行幸所 旧蹟岩倉邸建物
「境内にはそのスペースがない」として、西宮神社に相談を持ちかけ、昭和51年(1976)六英堂は大和観光から西宮神社へ「寄進」された。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/11/22(木) 07:00:51|
  2. BOOK
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。