続・竹林の愚人 2013年03月

大斎原

大斎原

大斎原(おおゆのはら)
ここは、大斎原と称して熊野本宮大社の旧社地です。
明治22年夏、熊野川未曾有の大洪水にて、上、中、下各4社の内、上四社を除く中下社の8社殿2棟が非常なる災害を蒙り、明治24年、現在地(ここより西方700mの高台)に御遷座申し上げ、今日に至っております。
中4社、下4社並びに摂末社の御神霊は、ここ太斎原に、仮に石祠2殿を造営し、左に、中、下各4社を、右に、元境内摂末社(八咫烏神社・音無天神社・高倉下神社・海神社 他)をお祀りしています。

大斎原


大斎原

石祠

大斎原 

東石祠(左)
中四社(五所王子) :禅児宮(忍穂耳命)・聖宮(瓊々杵尊命)・児宮(彦穂々出見尊)・子守宮(鵜葺屋葺不合命)
下四社(四所明神):  一万宮十万宮(軻遇突智命)・米持金剛(埴山姫命)・飛行夜叉(彌都波能賣命)・勧請十五所(稚産霊命)
西石祠(右)
元境内摂末社合祀別社
式内社:海神社三座(底津綿津見命・中津綿津見命・上津綿津見命)・天手力男神社(天手力神)
摂社:瀧姫神社(瀬織姫命)・市杵島神社(市杵島姫命)・八咫烏神社(武角見命)・高倉下神社(高倉下命・穂屋姫命)・大國主神社(大國主命)・須勢理姫神社(須勢理姫命)
末社:祓戸天神社(天兒屋根命)・音無天神社(少彦名命)・素戔嗚社(素戔嗚尊)・天神社(菅丞相)・水戸社(罔象女)

大斎原
熊野坐神社 旧社(大斎原)水害前の絵図
熊野坐神社(現・熊野本官大社)は、熊野川・岩田川・音無川、3つの川が合流するここ大斎原の中洲に鎮座していました。
熊野の神々は、中洲のイチイの巨木の梢に3体の月の姿で降臨したとも伝えられています。
1889年(明治22年)、熊野川の大洪水によって建建物が倒壊しましたが、辛うじて倒壊を免れた上四社(3棟)を北西の丘陵に遷し、倒壊した中社・下杜と摂末社の神々を2基の石祠それぞれに祀りました。
図の江戸時代に描かれた『熊野本宮井藷末社図絵』から、かつての1万坪を超える境内の概要がうかがえます。
一番大きな川が熊野川であり、左方より流れ込んでいるのが岩田川、大きく蛇行した後、街並みに並行して流れているのが音無川です。
森に囲まれた中洲中央には、横一列に並ぶ12柱の神々を祀る社殿と上神楽所、その前には大きな礼殿がみえます。
礼殿の前の大釜は、現存する『伝源頼朝寄進鉄湯釜』(宝物殿展示)です。
ごれらを囲む形で門を設えた塀が廻り、その外には幾棟もの摂末社が立ち並び、宝蔵・文庫・神馬舎・能舞台どが散在しています。
街並みから音無川を越えて境内へ入る箇所に太鼓橋(高橋)が架かっています。江戸時代までは橋が無かった為に、参詣者は川を渡り足を濡らさなければ境内に入れませんでした。
これを「濡藁沓(ぬれわらくつ)の入堂」といい、全ての参詣者が自然に身を清める禊をしたわけです。
下流の三川合流地点には船着場がみえよすが、ここが新宮へと向かう「川の参詣道」の出発点でした。

大斎原 

大斎原

一遍上人神勅名号碑 
一遍上人は伊予国の豪族河野通広の第二子として延応元年紀元1899年道後に誕生し童にして仏門に入り幼名松寿丸ついて随緑のち智真と改名苦修練行すること多年学解進み浄教の奥旨を極めたが猶意満たざるものあり諸国の名社聖佛に巡礼して祈誓し最後に文永11年(紀元1934年)熊野本宮証誠殿に祈念し百日の参籠の誠を捧げ大神の霊告を感得してその證成を受け遂に獨一念佛を開顕し熊野の本地は弥陀の信仰より之を弥陀直授の神勅相承と呼ばれる。
之上人成道の聖節にして名を改めて一遍と称し遊行賦算を本宮より始め南は鹿児島北は陸中岩手まで40ヶ国に及ひ悩める者を助け病める者を救ひ民衆に和と慈愛の心を説き社会福祉社会教化につとめ神勅遊行賦算の途正応2年紀元1949年齢51才にして神戸兵庫に於て身に唯衣一つにて往生せらる。
わか化導は「一期はかりそ」と言はれ自坊もなく宗派を形成することもなく遷化され後世時宗の開祖とならる。
時宗獨一念仏開顕の源泉たる熊野本宮の聖地に一遍上人の聖徳を偲ひ今日上人真筆の名号碑を建立。
熊野大神の御神意を敬仰し念佛の衆徒を初め信不信を問はす謹みて神勅獨一念佛の功徳を念願するものなり。    敬白。
昭和46年4月14日  熊野別当34代 九鬼宗隆撰 永田鱗谷書

テーマ:和歌山 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/03/31(日) 07:10:17|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

産田社

産田社

産田社(うぶたしゃ) 田辺市本宮町本宮
熊野本宮大社の末社。

産田社
祭神:伊邪那美命荒魂

テーマ:和歌山 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/03/31(日) 07:05:41|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ) 田辺市本宮町本宮1100

熊野本宮大社

祓戸大神

熊野本宮大社

拝殿

熊野本宮大社

神門

熊野本宮大社

結宮 第一殿(西御前) 祭神:熊野牟須美大神・事解之男神
   第二殿(中御前) 祭神:速玉之男神

熊野本宮大社

本宮 第三殿(証誠殿) 祭神:家都美御子大神

熊野本宮大社

若宮 第四殿(若一王子)祭神:天照大神

熊野本宮大社 

満山社 祭神:結ひの神・八百萬の神

テーマ:和歌山 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/03/31(日) 07:00:31|
  2. Shrines
  3. | コメント:0

熊野古道 発心門~熊野本宮大社

紀伊田辺駅

JR紀伊田辺駅  田辺の3人として南方熊楠・植芝盛平・武蔵坊弁慶が紹介されています。
駅前ロータリーには弁慶の像が聳え、現在移設中です。

龍神バス

龍神バスのマイクロバスで約1時間、終点の発心門王子まで。

発心門王子

スタート地点の発心門王子に到着。


発心門王子跡(ほっしんもんおうじあと)  (Wikiuser:KMR)
熊野川の中洲に鎮座する熊野本宮まで約7kmの所にあるこの王子の名は、発心門すなわち「悟りの心を開く入り口」とされる大鳥居があったことに由来する。
天仁2年(1109)に参詣した貴族・藤原宗忠(1062~1141)は、まず門前で祓いをし、発心門は大鳥居であり、参詣の人々じゃ必ずこの大鳥居をくぐると、また、はるかに見遣ると恐れを感じることを日記に書き残している。
また、建仁元年(1201)に和歌の講師として後鳥羽上皇の熊野御幸に供奉した貴族・藤原定家(1162~1241)は、王子社の背後にあった南無房という尼の居宅を宿舎とし、門柱に感動と祈願を込めた漢詩と和歌を書き付けている。
熊野九十九王子の名称は地名や地形に基づくものが多いが、発心門王子の場合は信仰に関連する命名の代表であり、この王子が果たした役割の大きさを表している。    和歌山県

水呑王子

水呑王子跡(みずのみおうじあと)
貴族・藤原宗忠(1062~1141)の天仁2年(1109)の参詣日記には「内水飲王子」、「新王子」とある。
この「内水飲」とは、2日前に宿泊した「水飲仮屋」に対して、発心門の内すなわと本宮寄りにあることを意味している。
また、「新王子」とは文字通り新たに設けられた王子の意味であるが、これはほとんどの王子社が以前から祀られていたことを証している。
「水呑王子」と刻んだ石碑は、他の王子跡のものと同じく享保8年(1723)に紀州藩が熊野御幸の史跡顕彰のために建てたもので、紀北産の緑泥片岩製である。   和歌山県

熊野古道

伏拝王子

伏拝王子跡(ふしおがみおうじあと)
京都を出発した熊野参詣の人々は、およそ260km,歩行12日前後でこのあたりにたどり着いた。
そして、熊野三山巡拝の最初の目的地である本宮が、遥か彼方の熊野川の中洲に鎮座する光景を目の辺りにして、感動のあまり「伏して拝んだ」という。
また、この王子には、熊野本宮を目前にしてにわかに月の障りとなり、参拝を断念しようとした女流歌人・和泉式部を、熊野権現が快く受け入れたという伝説もある。
境内には和泉式部の供養塔と、一定の距離を示すために13世紀に建てられた笠塔婆がある。  和歌山県

熊野古道


祓所王子

祓所王子跡(はらいどおうじあと)
前世と現世に心身に積もった汚れを祓い清め、日本第一の霊験をもって知られる熊野三所権現の神威にすがって、祈願し、生命力を蘇らせることを目的とする熊野参詣では、禊ぎや祓いが重視された。
中でもこの王子での祓いは、熊野本宮参詣の前に行うもので、これまでの道中での祓いにも増して重要であった。
天仁2年(1109)に貴族・藤原宗忠(1062~1141)は、水呑王子に参拝したのち野路をたどり、祓いを済ませてから本宮の宿所に入って、翌日の参拝に備えた。
また、およそ百年後の建仁元年(1201)に、和歌の講師として熊野御幸に供奉した貴族・藤原定家(1162~1241)は、この王子近くの地蔵堂で後鳥羽上皇の一行を待ち、本宮の神前に向かった。  和歌山県

熊野本宮大社

ゴールの熊野本宮大社。約7kmの山道を3時間程のトレッキングでした。

テーマ:和歌山 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/03/30(土) 07:00:32|
  2. Historic sites
  3. | コメント:3

聖磁堂

聖磁堂茨木スイーツフェア

聖磁堂(せいじどう)

茨木市西中条5-19
 
元カステラ屋さんの作るオーソドックスなケーキは、良心的な価格でボリュームもあります。

15-聖磁堂02

おいもとりんごのおやつパイ 840円

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/29(金) 15:00:24|
  2. GOODS
  3. | コメント:0

ティラコッテパティスリー茨木店

ティラコッテパティスリー茨木店茨木スイーツフェア

ティラコッテパティスリー茨木店

茨木市野々宮1-9-16
 
2003年に寝屋川で創業のTea(紅茶)とco(チョコ)latte(ミルク)の店で、茨木には昨年の11月に開店。

24-ティコラッテパティスリー

黒ごまさつまいもモンブラン 450円

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/28(木) 15:00:38|
  2. GOODS
  3. | コメント:0

北摂末広庵

北摂末広庵茨木スイーツフェア

北摂末広庵

茨木市総持寺駅前町1-36
 
大阪の末広さんの「暖簾分け」。

02-北摂末広庵02

芋きんとん 150円

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/27(水) 15:00:12|
  2. GOODS
  3. | コメント:0

寿屋餅店

寿屋餅店茨木スイーツフェア

寿屋餅店

茨木市本町1-16
 
名前の通りお餅屋さんです。

06-寿屋餅店02

いもかりんとう饅頭 120円

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/26(火) 15:00:49|
  2. GOODS
  3. | コメント:0

熊野観心十界曼荼羅


熊野観心十界曼荼羅熊野観心十界曼荼羅
(2011/04)
小栗栖 健治

Amazonを見る

熊野比丘尼と絵解き
江戸時代に成立した「比丘尼縁起」は、熊野比丘尼(伊勢比丘尼)の起源を都藍尼(光明皇后)の上臈・女房とし、その宗教活動の「宗意」を記している。
熊野比丘尼は諸国を勧進してわずかな助成を集め、熊野三山で年籠りを行い、花香・燈明・仏供を奉納し、破損した堂社の修理を担うのを「宗意」、本義だとしている。
こうした使命を持って熊野比丘尼は諸国を廻国し、勧進のための宗教活動を展開したのである。
熊野比丘尼は地獄や天道への転生が、全て自分の心から生じるものとして「一心」の勤めの重要性を説いていた。
したがって、熊野比丘尼が用いた説教用の絵画は「心」の字が図像に大きく描き込まれた「一心十界図」、「観心十界図」ではなかったかと推測される。
熊野比丘尼と「熊野観心十界曼荼羅」との結びつきは強い。
そして、「悪業の女人をみちひき、念仏をすゝめ、菩提の行をなし侍る」とあることからも、女性の救済を基本に据え、念仏の功徳を説いていた。

『東海道名所記』(1689)は、次第に熊野比丘尼が尼としての修行を行わず、「傾城・白拍子」になっていったとする。
江戸などの都市部において熊野比丘尼は宗教者から次第に「傾城・白拍子」という遊芸の女性へと姿を変えていくが、それは『我衣』(1818~30頃)が記す衣装の「白色(または、浅黄色)」から「黒色」へという色調に変化を生じさせていた。
こうした熊野比丘尼の風紀の乱れは、熊野の本願が衣類、化粧、還俗、茶屋への出入りなどについて定書を作成していることからも窺われる。

一方、江戸時代中期以降においでも「熊野観心十界曼荼羅」は大量に制作され、地方に多く残存していることが明らかになっできた。
近松門左衛門の浄瑠璃『主馬判官盛久』「ほうしやうがく道行」には熊野比丘尼が背負う厨子に「九品十界の絵像」が納められていたことが記されている。
熊野比丘尼は「御寮」と称される年かさの比丘尼を中心に2、3人から数人が行動を共にし、その中には「小比丘尼」、「小尼」と称される子どもが含まれていた。
『色道大鏡』(1678)には師匠の「お寮」が幼年の貧女を集め尼とし、早歌を習わせ、腰に柄杓を挿し、菅笠を被らせで勧進に出し、勧進に出なければ鞭で打つという。
『艶通通鑑』(1715)によれば、熊野比丘尼は脇に抱えた箱に巻物を入れて持ち歩いたという。
熊野比丘尼は絵解きによる勧進を主体とし、彼女らが用いてきた掛軸には「老いの坂図」、「閻魔王の裁きの場面」、「十界図」、「地獄極楽図」、「女の地獄図」などを描いた図像が描かれていたことが風俗画等からわかっている。

備前国邑久都下笠加(岡山県瀬戸内市)に定着した熊野比丘尼の「邑久都下笠賀村旧記」(1753)によると、天文(1532~55)頃に熊野を信仰する公家の姫松美が5人の弟子を連れてこの地に定着し、熊野権現の霊験を説き、仏教の功徳を説いたという。
そして、熊野比丘尼の宗教活動が「末世」である天文頃を契機にそのあり方を変えたと記している。
近国の武士や町や村の「御内所」(家)を中心に「絵説キ教化」と呼ばれる宗教活動を展開していたが、「末世」になると聴聞する者がいなくなり、町場など巷間で「勧進修行」をする「哥比丘尼」となり渡世したという。
屋内の場合は絵巻や小さな掛軸でも対応できたが、屋外で大勢の人を対象に絵解きをするようになると、聞く人・見る人を引きつけるわかりやすい内容の、大きな画面の「熊野の絵」が必要とされたと考えられる。
そうして生み出された「熊野の絵」の代表例が、「熊野観心十界鼻茶羅」だったのである。
と同時に、屋外での絵解きは歌や楽器をともなう、見て楽しい、聞いで楽しい魅力的な説教へと変わっでいったと推察される。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/03/26(火) 07:00:22|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

うっふぷりん

うっふぷりん茨木スイーツフェア

うっふぷりん

茨木市永代町7-27
 
居酒屋時代のデザートで好評だったプリンを専門店として3年前に開業。

05-うっふぷりん02

能勢セレクトぷりん 336円
ノミネート中唯一のさつまいもを使っていない一品。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2013/03/25(月) 15:00:42|
  2. GOODS
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (39)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (8)

FC2カウンター

リンク