続・竹林の愚人 2013年06月

日本のバラ


日本のバラ日本のバラ
(2012/04/18)
松本 路子

Amazonを見る

大場秀章 「日本のバラの歴史と文化をたどる」
日本には10数種のバラの仲間の植物が野生する。
またバラには古くから観賞を目的に日本に渡来し栽培されたものもあった。
観賞にも供せられる一方で、棘だらけのバラは嫌われものの植物でもあった。
ところが『古事類苑』(1896~1914)には、バラやバラに関係した名称がまったく採用されていない。
8世紀末に成立したとされる『万葉集』に、「棘原」(巻16、3832番)あるいは「字万良」(巻20、4352番)という植物が登場する。
明治時代の白井光太郎をはじめとする植物学者はこれらをノイバラだと解した。
『本草和名』(918)には「営実 一名薔薇。和名字波良乃美」の記述があり、ウマラは日本に分布し今でも各地に普通にあるノイバラを指しているといってよい。
『常陸国風土記』(721)には「茨をもちて城を造りき。この所以に、地の名を便ち茨城と謂う」など、茨や茨蕀の表記でバラが登場するが、それらはいずれもノイバラを指したとみてよい。
バラには「茨」、「荊」の字が用いられるが、バラのもつ棘に着目しての文字である。
ちなみに「栄実」とはバラの果実を乾燥した薬物の名である。
丹波泰頼に仮託され、康暦2年(1380)に成立したと推定される『本草類編』には、「営実和宇和良乃美八九月採乾干又薔薇子也」と記されている。
『延喜式』(927)には「典薬寮 如金桜子核 八月採之根采無時」という記述があり、ノイバラの根も薬用に利用されていたと推察される。

コウシンバラは、中国原産で古くから中国で観賞用に栽培されていた。
『枕草子』の「草」の段に「蓄薇は近くて枝のさまなどむつかしけれど、おかし。……黒木のはしなどのつらに乱れ咲きたる夕ばえ」として薔薇が登場する。
中国では「月季」と呼ばれるコウシンバラは、清少納言の時代にはすでに日本に渡来し栽培されていたと推測される。
『源氏物語』の「賢木」に「『階のもとの薔薇』けしきばかり咲きて、春秋の花ざかりよりも‥‥」「少女」に「木高く森の様なる木ども、木深くおもしろく、山里めきて、卯の花咲くべき垣根、ことさらにし渡して、昔思ゆる花たちばな・撫子・薔薇・くたになどやうの花、くさぐさを植えて」とある。
藤原定家は『明月記』に「花籬下長春花猶有紅蘂早晩不似例比」との記述を残す。
「長春」とは春、すなわち開花期が長い、コウシンバラの特色から名付けられた名である。
『春日権現記絵』の巻5に描かれる、寝殿造りの建物の前庭に植えられた深紅の花をもつ植物は、奇数羽状複葉(小葉数は5または9)の葉、放射相称の八重咲き花をもち、コウシンバラ以外には考えられない。

平安時代も後期になると園芸を趣味とする貴人も増え、その傾向は鎌倉・室町と続いた。
だが、中国南部が原産であるモッコウバラやナニワイバラが日本に渡来したのは、記録をみるかぎり、江戸時代になってからだった。
江戸時代初期の園芸書である水野元勝『花壇綱目』に「長春花芽薄色なり‥…」と記され、江戸時代にもコウシンバラの栽培が続いていたことが判る。
コウシンバラを愛でる一方で、江戸時代は、「路たえて香にせまり咲くいばら哉」(蕪村)とか「古里は西も東も茨の花」(一茶)にいう俳句にあるように、野生のバラにも注意の目が注がれている。
イバラは各地で最も普通にあったノイバラであったであろう。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/30(日) 15:00:21|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

社会福祉


社会福祉 (保育者養成シリーズ)社会福祉 (保育者養成シリーズ)
(2013/03/30)
山﨑 順子、和田上 貴昭 他

Amazonを見る
 
稲葉光彦 「社会福祉と高齢者」
わが国の65歳以上が総人口に占める高齢化率は、1950年には5%に満たなかったが、2010年には23.1%となり、総人口の5人に1人が高齢者で、9人に1人が75歳以上となった。
高齢化率は2030年に31.8%、2055年には40.5%に上昇し、2.5人に1人が65歳以上となり、現代世代1.3人で1人の高齢者を支える本格的な高齢社会になると推計される。
わが国の高齢化率を先進諸国と比較すると、高齢化率が7%から14%に達するまでの期間が、フランスが115年、スウェーデンが85年、ドイツが40年、イギリスが47年かかっているのに対して、日本はわずか24年と、高齢化率が世界に類を見ない速度で進行している。

現代、家族の規模の縮小と家族機能の低下により、老後を家族の扶養のみで支えられることは極めて困難である。
1961年に国民すべてが公的年金制度に加入する国民皆年金体制となった。
2011年度の国民医療費は37.8兆円と前年度に比べ約1.1兆円増加した。
今後急速な高齢化が進めば、さらに必然的に国民医療費が増加していくことになる。
1980年代後半以降、老親の扶養に関する意識は大きく変化し、親子中心から夫婦中心へと変わり、親への扶養意識は急激に低下してきた。
近年急速に進む人口動態の変化、女性の社会進出による共働き家族の増加等による家族機能も大きく変化してきている。
21世紀に入り単独世帯や夫婦のみ世帯が増加し、とりわけ、夫婦のみ世帯の増加が著しく、老々介護という問題が発生してくる。
また、単独世帯も今後は増え続けると予想され、特に女性の一人暮らし世帯の増加が予想される。
また、男女とも65歳以上の一人暮らしの増加が顕著で、1980年には男性約19万人、女性約69万人であったのが、2010年には男性約139万人、女性約341万人となっている。

急速な高齢化や核家族化、一人暮らしの高齢世帯の増加により、2000年4月に介護保険制度が高齢期における介護を社会全体で支えるしくみとして施行された。
要介護認定者が増加し、介護保険の給付が拡大してくる中、2011年6月15日、「介護サービス強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」が成立した。
この改革の趣旨は、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが切れ目なく提供されるように、医療と介護の連携の強化である。
2000年4月に介護保険制度の施行により制度的にケアマネジメントが導入された。
保健、福祉、医療サービスの連携の中で、介護を必要とする人のニーズに合致した適切なサービスが受けられるよう総合的支援をするものである。
2006年には地域包括支援センターが市町村に設置された。
地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、安心して生活を継続できるよう、保健・医療・福祉サービスを総合的に支えるために設けられ、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)の3種の専門職員がそれぞれの専門性を生かしながら連携して対応する。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/29(土) 20:38:53|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

観光考古学


観光考古学 (考古調査ハンドブック)観光考古学 (考古調査ハンドブック)
(2012/05)
坂詰 秀一

Amazonを見る

高橋一夫  「史蹟の保存と活用を考える」
周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)は法的に保護されているが、事前の発掘調査を行うとなればその開発計画は阻止できない。
そのため、重要な遺構等が検出された場合を想定し、「別途協議する」旨の一文を通知文に加えて、発掘調査で重要な遺構等が発見された場合、「別途協議」を経て史跡に指定される。
史跡整備の現状を大雑把に見ると3つの類型が存在する。
第1類型が現状にあまり手を加えない整備で、旧石器時代の遺跡や貝塚がその代表である。
第2類型が植栽や擬木等での遺構表示で、この手法が採られている史跡が多い。
建物復元に比べ整備に費用がかからず、管理も容易だからである。
第3類型は遺構の一部や古墳等の場合はすべて復元を行っているもので、最近、この類型が増えている。
古墳のように地上に遺構がある場合を除き、わが国の遺跡はその特性から上屋構造を復元することは難しい。
多少のリスクを冒しても復元するのは、文化財は国民の共有の財産なので、まずは整備して歴史的価値を付加し、学習の場、憩いの場、観光地として活用してもらい、それが文化財保護につながるからである。
だが、史跡は一部を除き来訪者が少ないのが現状のようだ。
史跡を管理側にとってはまず「学習の場」としての活用を考えざるを得ない。
これが「楽しむ場」、「癒しの場」を目的とする観光地との大きな相違である。
観光の「観る」が端的に示しているように、視覚的要素が少ないようだ。
遺跡・史跡は現状のまま保存することが望ましいといわれている。
史跡は税金を投入しているので、保存とともに活用が重視されて当然だが、保存は活用より優先する。

遺跡と津波の到達範囲を表示した航空写真を見ると、古代以前の遺跡は台地上に立地しているので、津波の影響をまったく受けていない状況がひと目でわかる。
被災地では二度と津波被害を受けないために、高台への集落移転案が浮上しているが、延焼防止地あるいは公園として遺跡を保存し、防災・減災拠点として活用することが考えられる。
防災拠点や避難場所として指定している自治体が多いが、今回の津波被害を考えると、低地の場合は避難場所としての役割は果たせない。
南相馬市の例からもわかるように、古代以前の遺跡に津波は到達しないので、災害に強い街づくりのために遺跡を保存し、防災・減災拠点として活用する視点が今後求められよう。
史跡には自然や名勝地といった観光地同様、変化しないという安定感がある。
史跡は学問の進展により復元整備が進化する可能性がある。
安定と進化が史跡のもうひとつの魅力といえる。
さらに今後、史跡は防災・減災拠点としての役割を担う必要があると考えるのである。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/27(木) 23:16:56|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

ノンステップバス

The Bus の福祉サービスの充実ぶりに日本のバスはどうなのだろう?と思って少し調べてみました。


大阪市交通局 ノンステップバス


中央乗降口脇に折り畳まれたスロープ。 
床が低くなったため、前輪の上のシートにはよじ登らないと座れません。

尼崎市交通局
尼崎市交通局のノンステップバス。
ステップのない乗降口
尼崎市交通局

車いす固定場所
尼崎市交通局

中央乗降口のスロープ板
尼崎市交通局

1997年に初めて国産のノンステップバスが走り始め、平成15年12月に「標準仕様ノンステップバス認定要領」を定め、国土交通省が、平成16年度から補助金を交付して、ノンステップバスの普及促進を推進しているとのこと。

しかし、残念ながら、まだ車椅子の乗客を見かけたことがありません。

尼崎市交通局

ノンステップといってもそれは前部の床のことで、後部はエンジン・タイヤがあるため、旧来の床の高さでステップがあります。
この幅が狭く、安全確保のポールでさらに狭いため、混雑時にはどうしても前部に乗客が偏るようです。

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山) - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/26(水) 22:22:31|
  2. NEWS
  3. | コメント:2

琳派のデザイン学


琳派のデザイン学 (NHKブックス No.1202)琳派のデザイン学 (NHKブックス No.1202)
(2013/02/23)
三井 秀樹

Amazonを見る

日本美術が西洋絵画と決定的に異なる点は、二次元絵画と三次元絵画という次元の異なる表現性にあった。
本来、絵画という芸術は作者の捉えた三次元の物体や情景を平面上に三次元に見えるように描く再現性の表現であるというのが西洋人の思い描く絵画の美学でした。
これに対し東洋画、ことに日本絵画では対象を観察し、平面上に写しとる上で、作者が対象に対するさまざまな思い入れや自由な発想力と、装飾的な意匠を統合した表現に生き甲斐を見出したのです。
これは西洋の写実(リアリズム)が究極的に「芸術のための芸術」という純粋美術(ファインアート)を至上目標としたのに対し、日本絵画は写実と装飾、つまり意匠性を共存した美学・哲学を有していたからでしょう。
つまり西洋では写実の概念と装飾美術は相反する対立の関係であったのに対し、日本美術は写実と作者のイマジネーションと装飾を巧みに融合させた装飾美術であり、また屏風絵、襖絵のように人々が生活する住空間を愉しむための生活美術、すなわち応用美術であったという、相反する美学なのです。
さらに装飾性という飾る文化を大切にした日本人の美意識があったからこそ、写実的な表現に終始することなく、華やかな紋様と抽象形体をコンバイン(組み込んだ)させた装飾性の高い応用美術でもあるという解釈も成り立ちます。
つまり、日本美術は装飾美術や応用美術を超えたデザインという概念で捉えれるのではないでしょうか。

西洋人が浮世絵や屏風絵など日本美術に遭遇するまで、西洋では装飾美術・工芸の領域を応用美術と決めつけて純粋美術より芸術的価値が劣るという見方が大勢を占めていました。
その後彼らは日本美術の大部分が生活の中に取り込まれた応用美術であることを知り、また産業革命彼の成果としてのデザインの重要性に覚醒し、これまでの西洋の芸術に対する価値観が誤りだったことを悟ります。
小袖という衣裳にさえ、これを芸術表現のメディアとして捉え、着飾り、装飾や絵画的な描写の対象としてしまう日本人の美に対する感性の鋭さに西洋はたちまち虜になりました。
これが基となり19世紀末ファッションやテキスタイルデザインに革命的な変革を起こしたのです。

19世紀末、西洋にジャポニスム旋風が吹き荒れていた頃、日本は明治時代の文明開化を迎え、琳派の影響は社会の欧風化とは反対に見る見るうちに衰えていきました。
ところが、アールヌーヴォーの流行が西洋に流行りはじめると、国内で「琳派」美術を再評価する機運が高まりました。
こうした琳派美術の影響は、明治、大正時代を経て現代に及び、近代日本画の潮流を形成していったのです。
京都画壇の村上華岳、山口華楊、小野竹喬、前田青郷から東京美術学校を中心とする東山魁夷、加山又造、平山郁夫まで、琳派の美を継承する多くの日本画家が育っていきました。
一方、江戸時代につくられた蒔絵の調度品、箸など髪飾り、刀剣、兜などの武具から金工による飾りものが大量に万国博覧会に送られ、その高い芸術性と精敵な細工で西洋人を魅了しました。
これに気をよくした日本政府は、明治時代の博覧会に欧米の嗜好を採り入れた豪著な装飾工芸品を次々と送り込みましたが、日本の伝統的な芸術品とは評価されず、その人気は急激に衰えていきました。
こうしてジャポニスムは終焉を迎えたのです。
しかし琳派の美学、そこに宿る私たち日本人の美意識は脈々と生きつづけていました。
その答えが21世紀を境に海外から湧きあがった「クールジャパン」など日本文化礼賛の潮流だったのです。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/25(火) 22:43:49|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

集合知とは何か

集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)集合知とは何か - ネット時代の「知」のゆくえ (中公新書)
(2013/02/22)
西垣 通

Amazonを見る
 
3.11束日本大震災と東京電力福島第1原発事故は、21世紀の日本社会の深部に巨大な地殻変動をもたらした。
その変化の実相は、渦中にいる私たちにはまだはっきり見えていない。
だが、最大の変化は、一般の人々のあいだに生まれた「専門知にたいする根深い不信」である。
実際、福島第一原発が完全に安全になったと断言できる「専門家」はどこにもいないだろう。
さらに、長期的に見て今後、放射線による環境汚染が食品や水などを通じて健康にあたえる影響がどの程度のものになるかば、まさに神のみぞ知るのである。
2012年7月にまとめられた国会の事故調査報告書は、原発事故を「あきらかに人災」と決めつけた。
東電も保安院も、全電源喪失や炉心損傷の危険性を知っていたのに、「原発は安全」という大前提がゆらぐのを嫌って、安全対策をとらなかったというのである。
一方、この報告書が出る少し前に、東電は社内の事故調査報告書を発表している。
そこでは「専門家も予測できなかった、想定外の高さの津波」が原因だとし、最新知見をふまえた対策をおこなってきたと、まるきり正反対の主張を展開している。

いわゆる専門家が権威をもってつくりあげる専門知を、一般の人々が有り難がって無批判に信じられた時代は、もはや終わりつつある。
福島第1原発事故がきっかけとなり、関連専門家の事故発生直後の言動が、専門知への不信感を倍増させた罪はたいへん重い。
だがそれ以前に、学問研究への無制限な市場原理の導入と過度の専門分化によって、研究者の視野が恐ろしくせまくなり、短期的成果にとらわれるという傾向が一般的につよまっていた。
これはいわば、伝統的な研究教育の場における制度疲労に他ならない。

その一方で、新たな知のかたちが芽ばえつつある。
高等教育が普及し、ウェブ2.0が導入されて以来、ネットを通じて誰でも自分の主張を公表し、自由に意見を交換できるようになってきた。
今後、縦割りの専門知とはちがったかたちで、非専門家をふくむ一般の人々による、横断的な知の形成の場が徐々にひらけていくことは間違いない。
ネット集合知ほ数年前、検索エンジンを中核としたウェブ2.0の出現とともに注目をあつめた。
たしかにグーグル社の検索エンジンをはじめ、近年の高速検索技術はすばらしいものだし、フェイスブックやツイックーによって人々の意見が交換されることの意義は否定できない。
しかし、そこにコンピュータ処理が介在し、一般ユーザの知らない自動的な選別がおこなわれがちなことも事実である。

とはいえ、ネットを介して事実上の討論が可能な人数は、せいぜい数10名から100名ていどではないか。
こう考えると、近未来の集合知を支援するITの姿は、大量のタイプⅡコンピュータをつないだ巨大なタイプⅠの汎用人工知能マシンではない。
切望されるのは、人間のコミュニケーションにおける身体的・暗黙知的な部分を照射し、人間集団を感性的な深層から活性化し、集団的な知としてまとめあげるためのマシンだ。
これを「タイプⅢコンピュータ」と呼んでおこう。
タイプⅠ、タイプⅢともにコンピュータ技術は米国がリードしてきたが、タイプⅢのようなきめ細かい技術は、日本人に向いているような気がしてならない。
集合知とはもともと、共同体的な知なのである。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/24(月) 21:44:29|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

世界が一目置く日本人、残念な日本人


世界が一目置く日本人、残念な日本人世界が一目置く日本人、残念な日本人
(2013/02/21)
辺 真一

Amazonを見る

2011年3月4日の日本経済新聞社説になんと「世界に躍進する韓国企業に学ぼう」と題する社説を掲げていたのです。
安価なサムスン製デジタルテレビの攻勢によって、シャープの液晶テレビがたち行かなくなり、シャープは重大な経営危機を迎えています。
日本の家電業界は「サムスンショック」におびえ、大新聞まで「韓国に学べ」と叫ぶ。
しかし、韓国の経済規模は日本の5分の1以下で、経済面では日本が圧倒的に韓国を上回っています。
私に言わせれば、日本人は理由もなく自信をなくしているように見えます。

第2次世界大戦の敗戦から奇跡の復興を遂げ、今日の繁栄を築くことができたのは、間違いなく日本人の勤勉さがあればこそです。
日本人は「言ったことは守る」「相手に迷惑をかけない」といった、生真面目さが特長です。
親切、勤勉、誠実は、日本人のかけがえのない国民性です。
世界中に日本のファンがたくさんいるのも、また日本の震災復興を手助けしようという動きが世界中に広がったのも、日本人の国民性が海外の多くの人に絶賛されているからでしょう。
海外から尊敬のまなざしで見られる国民性を日本人はもっと誇るべきです。

親切、勤勉、誠実に加えて、私は日本の国民性に「忍耐強さ」をつけ加えたい。
アジアにおいて、日本人ほど我慢強い民族はほかにいないと思います。
韓国人にとって、日本人のこの忍耐力の強さは驚異以外の何物でもありません。
日本人のこの忍耐強さは、東日本大震災の際にもいかんなく発揮されました。
被災された人々はパニックを起こすことなく、人々が暴徒化することもなく、泣きわめいたり、半狂乱になることもなく、お互いに助け合いながら、整然と、沈着冷静にしていました。
この日本人の忍耐強さを世界の人々は尊敬と驚愕のまなざしで見ていたのです。

現在、日本と韓国、中国との関係がかつてないほど悪化しています。
しかし、こういうときだからこそ、民間は関係改善に汗を流すべきなのです。
日本、韓国、中国が組んだ新しい観光戦略の立案です。
欧米人が中国を訪れたら、韓国や日本にも足を延ばしてみたい。
しかし、現在はなかなかそのようなことが実現していません。
なぜなら、日中韓の間に連携がないからです。
年間5000万人以上も中国を訪れる観光客にさらに日本に足を運ばせる戦略もなければ、日本への観光客を中国、韓国に招き入れる策もありません。
これは非常にもったいないことです。
アジアが連携すれば、もっと欧米から観光客を迎え入れることができます。
ビジネスチャンスを広げることができるのです。
まずは、観光分野で東アジア共同体を形成すべきです。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/22(土) 15:31:43|
  2. BOOK
  3. | コメント:0

大津の社寺

ootsu.jpg
続きを読む

テーマ:滋賀県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/21(金) 21:58:35|
  2. Table of Contents
  3. | コメント:0

おとせの浜

おとせの浜

堅田雄琴湖岸公園(かたたおごとこがんこうえん) 大津市堅田2-1

おとせの浜

おとせの石
源平争乱の時代、堅田の出身で京都の源氏の屋敷に奉公していた、おとせという女性がいた。
おとせは、平家滅亡の際に源氏の白旗を守って大津に逃れ、平家の追手をさけて湖に飛び込むが、
平家の侍に白旗を握った手を切り落とされて死んだ。
片腕はこの地に流れ着き、浜の石を血で染めた。
そして 片腕はおとせの子が指を開かせるまで、忠義を貫いて白旗を離さなかったという。
以来この浜はおとせの浜と呼ばれるようになった。
その子は母の遺志をついで白旗を守護し、のち木曾義仲の武将手塚太郎光盛になったという。
この話は、寛延2年(1749)浄瑠璃「源平布引滝」に役名を小万と替えて取り入れられている。
                                   (大津市史より)

おとせの浜

おとせ桜
船をひきあげ 漁師は帰る
あとに残るのは 櫓と櫂
浪の音 ヨイショコショ
浜の松風
  神友会 1988年11月吉日

テーマ:滋賀県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/21(金) 07:10:53|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0

満月寺

満月寺

満月寺(まんげつじ) 大津市本堅田1-16-18
臨済宗大徳寺派 海門山  江州三十三観音7番

満月寺

本堂 

満月寺

観音堂 聖観音座像(重要文化財)を安置。

浮御堂

浮御堂

浮御堂

昭和12年(1937)再建。

浮御堂

恵心僧都が湖上交通の安全と、湖の魚鳥の冥福を祈り、衆生救度のため1000体の阿弥陀如来を刻んで湖上に建てた。

浮御堂

芭蕉句碑  「鎖あけて月さし入れよ浮御堂」

浮御堂

阿波野青畝句碑 「五月雨の雨垂ばかり浮御堂」

テーマ:滋賀県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/21(金) 07:05:49|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (738)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (39)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (4)
TRAIL (8)

FC2カウンター

リンク