続・竹林の愚人 瀧尾神社

瀧尾神社

瀧尾神社02
瀧尾神社(たきお) 京都市東山区本町11-718
天正14年(1586)10月、豊臣秀吉の方広寺大仏殿建立に伴い、当地に移ったと伝える。京の豪商下村彦右衛門正啓(大文字屋・大丸百貨店創業者)は元文3年(1738)以降、数度にわたって社殿を修復。現在の社殿も下村家の援助により、天保10年(1839)から翌11年にかけて造営された。

瀧尾神社03
本殿  祭神:大国主命(おおくにぬし)
本殿は北山貴船奥院御社旧殿を移築し、一部改築したもの。その前に幣殿、拝所、東西廊が並んでいる。

瀧尾神社01
朱鳥居と拝殿

瀧尾神社05
拝殿の龍  8mもある木彫りの龍が「夜な夜な今熊野川へ水を飲みに出る」と噂がひろがり、人々の気持ちを静めるため、神社は拝殿の天井に網を取り付けたとか。
関連記事

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/08/23(土) 08:57:28|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三嶋神社 | ホーム | 鴨神社 島下郡の式内社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/1089-9643fa59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク