続・竹林の愚人 青不動明王御開帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青不動明王御開帳

0
青蓮院 (しょうれんいん) 京都市東山区粟田口三条坊町69-1
12月14日まで、庭園のライトアップと青不動をご開帳されています。本院でのご開帳は1144年の創建以来初めてとのこと。
東山の山頂、将軍塚に青不動明王をお祀りするための「大護摩堂」の建立を計画されています。

0 池泉回遊式庭園ライトアップ

0  小御所

0 0
お不動様に祈念させて頂きました。                              頂いたお守り

0
国宝「青不動明王二童子像

0 大楠
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/10/24(土) 08:17:08|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<SONEにて | ホーム | 脳のしくみ>>

コメント

迫力

国宝「青不動明王二童子像、すごい迫力!
びっくりしました。
1144年の創建以来初めてのご開帳なんて、、
近くだったら観にいきたいんですが、いけないのが残念。
  1. URL |
  2. 2009/10/24(土) 19:47:15 |
  3. スー #-
  4. [ 編集 ]

青・黄・赤・白・黒の五色に配せられる不動明王の中で青不動明王は「不動明王中の不動明王」と云われています。
青蓮院の青不動は秘仏で、大切に保管されており、ご開帳の青不動は複製と聞き及びます。
しかし、博物館での鑑賞とは異なり、信仰の対象として、今回ありがたく拝見させて頂きました。
そして今、五色の不動を全て見てみたいという思いに駆られています。
  1. URL |
  2. 2009/10/24(土) 23:10:51 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

私も11月には行く予定です

■bittercupさま。
お早うございます。
私も11月には友人と一緒に行く予定です。
私は国立博物館の「日蓮と法華の名宝」展と共に
見るつもりです。
狩野元信、長谷川等伯、本阿弥光悦、俵屋宗達、
尾形光琳、尾形乾山など近世日本美術の潮流を築いた
これらの芸術家たちが皆、法華の信者だったことは驚くべきことに思えます。
私の方の宗旨は日蓮宗なので、先日のお彼岸の際に
割引券をお寺さんから買って用意しています。
では、また。
  1. URL |
  2. 2009/10/26(月) 08:00:00 |
  3. sohya #-
  4. [ 編集 ]

Sohyasさま
「日蓮と法華の名宝」展は、知恩院末寺を汚す私には少々荷が重く、
後半の加賀光悦など、琳派の工芸品を中心に楽しみました。
ご指摘の通り、この人も法華信者だったのかと驚かされました。

「立正安国論」には強烈な個性の日蓮と変幻自在な光悦を見、
伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」の元とも云うべき「蓮紙織画」を拝見できたのは幸いでした。
  1. URL |
  2. 2009/10/27(火) 02:13:24 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

138のコメントを訂正します。

普段はお前立として青不動の写しが奉懸されています。

本日、本物を拝見した訳ですが、紗がかかったように見えました。
  1. URL |
  2. 2009/11/14(土) 19:35:07 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/1748-2d443071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。