続・竹林の愚人 藤森神社

藤森神社


藤森神社(ふじのもりじんじゃ) 京都市伏見区深草鳥居崎町609
神功皇后3年(203)、三韓征伐から凱旋した神功皇后が、山城国・深草の里の藤森に纛旗(とうき)を立て、兵具を納め、塚を作り、祭祀を行ったのが発祥という。
藤森に稲荷神が祀られることになったため、真幡寸神社の現在地に遷座し、それに伴い真幡寸神社も城南宮に遷座した。

 鳥居 
正徳元年(1711)建立。 
後水尾天皇宸筆の額が掲げられていたのを新撰組の近藤勇がはずしたという。


藤森祭に奉納される駈馬神事がこの長い参道で行われる。
陸奥の反乱で征討将軍早良親王が戦勝祈願して、5月5日に出陣したことに倣った神事。

  狛犬

 拝殿


本殿は正徳2年(1712)、中御門天皇より賜った宮中内侍所の建物。


中座 祭神:素盞鳴命(すさのお)・別雷命(わけいかずち)・日本武尊(やまとたける)・応神天皇(おうじん)・仁徳天皇(にんとく)・神功皇后(じんぐう)・武内宿禰(たけのうちのすくね)
東座 祭神:舎人親王(とねり)・天武天皇(てんむ)
西座 祭神:早良親王(さわら)・伊豫親王(いよ)・井上内親王(いがみ)
東殿は天平宝字3年(759年)藤尾の地に崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀った藤尾社を永享10年(1438)に合祀。
西殿は延暦19年(800年)早良親王を祀る塚本の神社を文明2年(1470年)に合祀。
  本殿木造狛犬(重文)

 八幡宮社(重文) 祭神:応神天皇

 租霊社

 七宮社 
天満宮社・熊野神社・厳島神社・住吉神社・諏訪神社・廣田神社・吉野神社

 大将軍社(重文) 
祭神:磐長姫命 延暦年中桓武天皇平安遷都の折り、王城守護のために四面に祀られた社の一つ。
永享10年(1438)室町幕府第6代将軍足利義教が造営。

 天満宮社

 旗塚
神功皇后の軍旗を埋納した塚。

 藤森稲荷神社

 神鎧像(かむよろいぞう) 
藤森祭は菖蒲の節句発祥の祭として知られ、節句に飾る武者人形には藤森の神が宿ると云われています。

  狛犬

 西二の鳥居
  狛犬

 西鳥居
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/11/13(金) 08:15:28|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<真宗院 | ホーム | 海寶寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/1796-97c6cffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク