続・竹林の愚人 嘉祥寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嘉祥寺


嘉祥寺 (かしょうじ) 京都市伏見区深草坊町
天台宗 深草聖天
嘉祥4年(851)、文徳天皇は父帝・仁明天皇の菩提を弔うため、父帝の山陵の傍に内裏の清涼殿を移築して寺院とし、真言僧の真雅僧都(法光大師)を開山とし、当時の年号をとって嘉祥寺と名付ける。
鎌倉時代中期に藤原道基が嘉祥寺の再建を図り、安楽行院と名付けられ、境内の法華堂には後深草天皇以降の十二人の天皇の遺骨が納められた。明治の廃仏棄釈で本堂等を壊され、明治27年法華堂を中心に十二帝陵が造られて、歓喜聖天堂を残すのみとなった。


歓喜聖天堂 本尊:歓喜天

 安楽行院の十二帝供養塔
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/11/14(土) 08:05:35|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<深草北陵 | ホーム | 真宗院>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/1799-e8329864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。