続・竹林の愚人 東福寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東福寺

 北門
東福寺(とうふくじ) 京都市東山区本町15-778
臨済宗東福寺派大本山 慧日山 (えにちさん)
開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は聖一国師円爾(しょういちこくしえんに)


仁王門(重文) 慶長2年(1597)に三聖寺の仁王門として建立。
三聖寺廃寺後は万寿寺仁王門となり、今は東福寺仁王門となる。三間一戸の八脚門。


通天橋 仏殿から開山堂に至る渓谷に架けられた橋廊。昭和36年再建。
天授6年(1380)に春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が谷を渡る労苦から僧を救うため架けたと伝えられる。

 勅使門


三門(国宝) 応永年間(1394-1428)、足利義持の再建で、昭和52年(1977)大修理。
現存する禅寺の三門としては日本最古のもの。大仏様の二階二重門。


東司(重文) 室町時代唯一、日本最大最古の禅宗式の東司(便所)の遺構。


浴室(重文) 京都最古の浴室建築の遺構。

 
五社明神(成就宮) 鎮守社    もと法性寺の鎮守と伝える。

 
石清水・賀茂・稲荷・春日・日吉の五社神を祀る。              荒熊大明神

 大鐘楼 寛文11年(1672)建立。

十三重石塔(重文) 
台石に康永2年(1343)の刻銘がある
高さ450cmの花崗岩製。


法堂(仏殿) 本尊:釈迦三尊像  明治14年(1881)焼失、昭和9年(1934)再建。

日蓮柱之碑
本堂巽(南東)の柱は,日蓮が迫害を受けたとき、聖一国師が庇護したという縁で、日蓮宗が寄進した。
これに習い、昭和の本堂にも日蓮宗門徒が台湾阿里山檜を寄進した。


禅堂(重文) 貞和3年(1347)再建。僧堂、選佛場ともいう座禅専修の道場。

 鐘楼と経蔵
銅鐘(重文)は平安初期のものとされ、もと西寺にあったものを九条道家が寄進したという。


庫裏 明治14年(1881)焼失し、明示42年(1909)竣工した昭憲皇太后の恩賜建築物。


恩賜門  昭憲皇太后の寄進とつたえる向唐破風の方丈表門。

 
方丈 1890(明治23)年再建。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/11/27(金) 08:00:59|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同聚院 | ホーム | 最勝金剛院>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/1830-15f429a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。