続・竹林の愚人 誓願寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誓願寺


誓願寺(せいがんじ) 京都市中京区新京極通三条下る桜之町453
浄土宗西山深草派総本山
寺伝では天智天皇の勅願により奈良に創建され、平安遷都で京都深草に移転、中世に上京の元誓願寺通に移った。醍醐天皇が浄土三部経を納め、源信は50余日参籠、不断念仏を修した。清少納言、和泉式部も訪れたという。
再三火災に遭い、現在地には天正19年(1591)に豊臣秀吉の命により移転、秀吾の側室・松の九殿の援助で広壮な伽藍が複興された。
55世法主の安楽庵策伝は.落語の元祖といわれ、笑語集『醒睡笑』(せいしゅいしょう)は現在も落語のマクラに使われる。
明治2年(869)には6000坪のうち4割が上知され、新京極の開発でさらに打撃を受けた。
本堂は昭和39年の再建。
飛び地の墓地には安楽庵策伝や日本で初めて刑死者の人体解剖を行った山脇東洋、歌舞伎『桂川連理柵」のモデルのお半・長石衛門の墓がある。


「迷子道しるベ」  「月下氷人石」といわれ 捜し物や落とし物・尋ね人の仲介役。


本尊:阿弥陀如来


鐘楼


扇塚
世阿弥の作と伝えられる謡曲『誓願寺』は、和泉式部と一遍上人が主な役となって誓願寺の縁起と霊験を物語り、和泉式部が歌舞の菩薩となって現れることから、能楽をはじめ舞踊など芸能の世界で尊崇された。


北向地蔵尊


『都名所図会』
誓願寺 は京極三条にあり。浄土宗にして、探草流義の一本寺なり。
本願は天智天皇、開基は恵隠僧都といふ。
初めは和州平城にあり。桓武天皇遷都の後、上京元誓願寺通小川の西にうつす。専貞(せんてい)法師、源信(けんしん)僧都も暫くこゝに住し、十余世の後、蔵俊僧正、法然上人の法徳に帰入し浄土宗となる。
本尊阿弥陀仏は長八尺の坐像にして、仏工賢問子(けんもんし)・芥子国(けしこく)両人の作なり。また春日大明神夜々影向ありて扶助し給ふ。故に春日の神作ともいふ。
仏面に朱字の名号あり。これ天智帝の宸筆なり。腹内に五臓六腑あり。稀代の霊仏にして奇験古今に著し。
額は大覚寺空性法親王の筆。当寺再興大施主大相国北御方佐々木京極女、為二世安楽也と書す。
六字額は一遍上人の筆なり。堂内の壇上には天智帝の宸影、恵隠和尚の影を安んず。
三重塔は元和八年の草創にして、本尊は谷薬師なり。開山堂には法然上人の像あり。釈迦堂には宝冠釈迦仏を安置す。
鎮守は春日明神なり。五輪石塔は秀吉公の愛妾松丸殿の墓なり。法名は寿芳院月晃盛久禅定尼と銘す。当寺再興の施主ゆゑ檀都塔と称す。
弁慶右は方丈の庭、仮山の上にあり。いにしへは三条京極の西、弁慶町にありしとなり。柏石は小方丈の西、手洗鉢の本にあり。羽二重井は方丈の前にあり。当寺の什物に烟除仏舎利あり。弘法大師よりの伝来とぞ。また法然上人の一枚起請を美嘆する一休和尚の筆あり。表具の中縁は紫地の牡丹からくさにして、古竹屋町織なり。小縁は萌黄地の宝づくし。これを誓願寺切とも、安楽庵ともいふ。
その文に日く、ロに法然上人の一枚起請あり。之を略す。
 伝聞法然活如来 安坐蓮華上品台 尼入道同愚癡輩 一枚起請文最奇哉 南無阿弥陀仏
この外達磨虚堂いらぬもの、唯法然の一大事と存じ奉る。我等今日より浄土宗に成申候穴賢〈
 応仁二年二月五日    薪酬恩院主一休 判
   仏御所さま
当寺の境内には紅梅数株あり。如月の頃は都下の人々.こゝに来り、未開紅の艶色を賞して美観とす。
 立ちならぷ木もふるぴたり梅の花       舎羅
塔中竹林院には小堀遠州の数寄庭あり。これを遠州の八窓といふ。庭中の風景絶倫なり。同じく長仙院の庭佳境なり。世に名高し。



関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/27(火) 07:15:02|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<錦天満宮 | ホーム | 宝蔵寺>>

コメント

「狩野博幸」という人を知りませんでした

■bittercupさま。
お早うございます。
上田秋成の記事から始まって、関連のある記事が続いています。
「狩野博幸」という人を知りませんでした。
検索してみまして京都国立博物館から今は同志社大学に居られるのですね。
私も蕪村が好きで、詩や記事にもしていますが、行事などの検索が下手で、
なかなかうまく聞いたり見たり出来ません。
せめて、あなたの記事で楽しませてもらっています。
では、また。
  1. URL |
  2. 2010/07/27(火) 08:15:11 |
  3. sohya #-
  4. [ 編集 ]

sohyaさま
狩野博幸さんは京博で若冲展を企画し、今日の若冲ブームを主導した人です。
今回の上田秋成展も企画されたので、24日の講演となりました。

18世紀のヨーロッパで画家と作家が合作した作品があるだろうか?
ところが、蕪村が讃を書き、応挙が亀を描いた扇面が残っているように、
この時代の京には画家と作家が広く交流しているサロンのようなものがあったことに驚かされる。
と云われていました。
  1. URL |
  2. 2010/07/27(火) 09:31:36 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2367-c2dcf6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2010/07/28(水) 18:08:10 |

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。