続・竹林の愚人 不動堂明王院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不動堂明王院


不動堂明王院(ふどんどうみょうおういん) 京都市下京区油小路塩小路下ル南不動堂町
本寺の開基は今から凡そ1千余年前の弘仁14年(823)に弘法大師空海が嵯峨天皇の篤い帰依をうけて京都洛南に東寺を賜ったとき、東寺の鬼門(東北)にあるこの地を択んで、法城守護のため一体の不動尊を祀ったのに由来します。
この不動尊像はたまたま大師がこの地に発見した一基の妙霊なる石にみずから彫り刻んだものでした。
大師はこの霊験あらたかなる霊石不動が穢れた凡夫の目に触れるのを憚って、石棺に納め、更にこれを地中の井戸ふかくに安置したのです。
寛平11年(899)宇多天皇の御代に、ふかく仏道に帰依されていた天皇が法皇となられたとき、この地をふくめて京都西洞院に東西に2町(約220m)南北に4町という宏大壮麗なる東七条御所(または亭子院)をいとなまれました。
その亭子院の造営にあたって宇多法皇はここに霊石不動の安置された井戸のあることえお知り、人に命じて取りださせようとしたところ、霊力のためか井戸の石をみるもの悉く眼を病み恐れをなして終に果せなかったといいます。
そこで法皇は勅して井戸を封じ以後何人もうかがうことを許さず、大いなる堂宇をいとなみ、これに霊石不動明王の号を賜って、日夜御念持仏としていたく尊崇されたのです。
下って室町時代、応仁の兵火に亭子院はじめこの堂宇も焼失したが、井底に安置されたままの霊石不動は多くの信仰をあつめ、篤志家たちの手になって再び堂宇の造建をみました。
その後、江戸時代に入って明和元年(1764)11月本堂の改築修理に及び、今に至っています。
建立当所、本寺は宇多法皇が任和寺と縁浅からぬ関係上、同寺の直属道場をして天明2年(1782)までその下にありましたが、以来西山浄土宗に属して現在に至っております。


役行者・前立の不動尊・弘法大師像

『都名所図会』
不動堂(ふどうどう)稲荷社の南にあり。不動尊を本尊とす。不動堂この所の名とす。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/29(木) 07:10:34|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<年金夫婦の海外移住 | ホーム | 道祖神社>>

コメント

暑中お見舞い申し上げます

暑い日々も寺院巡りをされていらっしゃるのですね。

この、霊石不動さんは井底に安置されていたために、火炎にさらされずにすんだわけですね。
そして、それがお堂の再建に繋がったということで、霊石の不思議な力を感じました。
  1. URL |
  2. 2010/07/29(木) 09:02:19 |
  3. Hulaさん #amXlFcx2
  4. [ 編集 ]

凡夫の目に触れるのを憚って、石棺に納め、更にこれを地中の井戸ふかくに安置したというのですから、
このパワーストーンの威力は相当強力なモノだったのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2010/07/29(木) 17:18:59 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2373-e81b01d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。