続・竹林の愚人 錦天満宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

錦天満宮


鳥居 昭和10年(1935)建立。 笠木が両脇のビルの中にめり込んでいます。


錦天満宮(にしきてんまんぐう) 京都市中京区新京極通四条上ル中之町537
平安時代の長保5年(1003)、菅原道真の父親である菅原是善の旧邸「菅原院」を嵯峨天皇の皇子である源融の旧邸・六条河原院の跡地に移築して「歓喜寺」が創建され、その鎮守社として天満天神を祀って創建されたのに始まる。
天正15年(1587)、豊臣秀吉の都市計画のため、寺とともに錦小路東端の現在地に移転し、その所在地名から「錦天満宮」と呼ばれるようになった。
明治の神仏分離により歓喜寺は東山五条に移り、神社だけが残された。


拝殿


本殿 祭神:菅原道真公


塩竈神社 源融を祀る。


日の出稲荷神社


白太夫神社


七社  八幡神社・床浦神社・市杵島神社・熊野神社・事比良神社・竈神社・恵美須神社


『都名所図会』
錦天神社(にしきのてんじんのやしろ) は京極錦小路東行当にあり。祭る所天満天神なり。
鳥居の額は天満宮と書して、青蓮院尊英法親王の筆なり。拝殿の額は宝鏡寺宮理秀(りしゅう)尼公の筆とぞ。
宗旨は時宗にして、紫苔山歓喜光寺河原院六条道場と号す。開基は一遍上人の坊、聖戒(しょうかい)上人なり。
元亨3年2月15日寂す。
当寺の旧地は東六条本願寺の境内、枳殻(きこく)馬場なり。
左大臣融(とほる)公の住み給ひし河原院を改めて寺となし、六条道場とす。
千鳥池 当寺庫裡の後にあり。河原院にありしをこゝにうつす。
塩竃社(しほがまのやしろ)千鳥池の中島にあり。祭る所河原左大臣なり。
そもそも当社は寺内の鎮守にして、古は左大臣融公を祭れり。中頃より天満宮を勧請しけるなり。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/28(水) 06:55:10|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豊国祭礼図屏風 | ホーム | 誓願寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2375-c35adedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。