続・竹林の愚人 安楽寺

安楽寺


安楽寺(あんらくじ) 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21
住蓮山と号し、浄土宗の寺院である。
鎌倉時代の初め、現在地より東1kmばかりのところに、法然上人の弟子住蓮房、安楽房二信が念仏道場を建てて人々に念仏をすすめた。たまたま、後鳥羽上皇の官女松虫、鈴虫両姫が教化をうけてひそかに出家する事件がおこり、上皇の立腹をうけ、「念仏停止」の宣下によって二僧は死刑、法然聖人は土佐へ、親鸞聖人は越後へと配流された。
これがいわゆる建永2年(1207)の法難であるが、下って務る町時代の末、天文年間(1532~55)二僧の供養のため伽藍をこの地に再興したのが当寺である。
本堂には本尊阿弥陀三尊像を安置し、傍に住蓮・安楽両上人の像等をまつっている。また、境内右手に住蓮・安楽両房の五輪石塔、東方山林中に松虫・鈴虫両姫の五輪石塔がある。    京都市



  『都名所図会』
住蓮山安楽寺(じゆうれんさんあんらくじ) は鹿谷にあり。本尊は阿弥陀仏の坐像にして、恵心の作なり。脇士は観音・勢至を安置す。ともに運慶の作なりとぞ。当寺は法然上人、如法念仏を修したまふ地なり。徒弟住蓮・安楽の二僧に附属したまふ。しかるに、後鳥羽院の愛妃松虫・鈴虫の二婦、一向専修の勧めに入り、忍んでこの庵室へ来り尼となる。上皇おはいに逆鱗あって二人の僧を刑し、法然上人を四国に左遷す。その後、年経て念仏弘法の旧跡なれば寺となし、住蓮・安楽の二師を開山とす。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/07(日) 07:05:56|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<法然院 | ホーム | 霊鑑寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2574-5ac1d649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク