続・竹林の愚人 大応寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大応寺


大応寺(だいおうじ) 京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722
金剛山と号し、臨済宗相国寺派に属する。この地は9世紀初期、壇林皇后によって悲田院(病人・貧窮者・孤児の救済施設)が建てられ、文明2年(1470)後花園天皇が没したとき、その遺骸が火葬されたところでもある。応仁の乱後、久しく荒廃していたが、天正14年(1586)に虚應(きいん)和尚がその由緒ある遺跡を惜しんで、一宇を建立したのが当寺の起こりである。
堂宇は度々火災にあい、現在の建物は文化5年(1808)以後の再建である。本堂内には、本尊として釈迦如来、脇侍に迦葉・阿難を安置するほか、後花園天皇の念持仏という観世音菩薩を祀る。
境内にある織部稲荷社は当寺の鎮守社で、17世紀初期の織部流茶法の祖、古田織部が伏見稲荷から勧請したものという。開運福徳の神として、また織物技術上達の神として土地柄から西陣織物業者の信仰が篤い。2月・8月・11月
二は織部稲荷奉賛会によって祭祀が行われる。本堂背後には後花園天皇の火葬塚がある。     京都市




庫裏


織部稲荷大明神


後花園天皇火葬塚    宮内庁
『都名所図会』
金剛山大応寺 は妙覚寺の西にあり。宗旨(天台・真言・禅兼学)比叡山に属して関山は虚応和尚なり。
仏殿には釈迦仏を本尊とし、迦葉・阿難を脇士とす。額ほ大応寺と書して黄檗隠元の筆なり。
後花園院の陵は坤の隅、竹林の中にあり。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/11(木) 07:10:42|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水火天満宮 | ホーム | 下御霊神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2586-0068393d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。