続・竹林の愚人 水火天満宮

水火天満宮


水火天満宮(すいかてんまんぐう) 京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10
延長元年(923)、醍醐天皇の勅願により水難火難除けの守護神として延暦寺の尊意僧正に勅命があり、菅原道真の神霊を勧請。以前は上天神町にあったが、堀川通の拡張に伴って1952年、現在地に移転。


拝殿


本殿 祭神:菅原道真


玉子神石  珠姫弁財天・金玉竜王・福寿大明神


白太夫社  秋葉大神


六玉稲荷大明神


登天石


西鳥居  鳥居脇「孝学堂跡」の石碑は、江戸時代に天満宮宮司の孝道が境内に開設した学問塾跡。

延喜3年(903)菅原道真大宰府の地にて59年の生涯を閉じた後、都では天変が相次ぐ。人々は道真の怨霊のせいだと信じ込み、時の醍醐天皇は延暦寺の法性坊尊意僧正に祈祷を依頼。勅命を受けた尊意は早速に山を下り、宮中に急いだ。途中賀茂川まで来ると突如として、水位が増し町へと流れ込んだ。尊意は騒がず数珠をひともみして川に向かって、祈りを捧げた。すると不思議なことに水位は下がり、真っ二つに分かれた水流の間にひとつの石が現れた。その上に道長の霊が現れ、やがて雲の中に消えて行った。その遺志を供養し登天石と名付けた。

『都名所図会』
水火天神は堀川の北、天神の辻子にあり。祭る所水火の霊神なりといふ。
(一説には天満天神なりとぞ}

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/11(木) 07:15:10|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<興聖寺 | ホーム | 大応寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2587-8d254734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク