続・竹林の愚人 本法寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本法寺


本法寺(ほんぽうじ) 京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617
叡昌大と号し、日蓮宗本山の一つである。
永享8年(1436)本阿弥清信が日親上人を開基に請じて創建したのが当寺の起りという。
はじめ四条高倉にあったが、天文5年(1536)法華の乱によって山徒に焼かれ、のちここに移った。江戸時代には後水尾天皇・紀州徳川家の保護を受けて繁栄し、中山法華経寺(千葉中山にある日蓮宗本山)輪番にあたる上方三山の一つでもあった。
現在の堂宇は江戸時代後期に再建されたものであるが、本阿弥光悦作庭の「巴の庭」は有名である。このほか当時は本阿弥家の菩提寺であったことでも名高く、一門の墓もあり、本阿弥光悦は多くの書画・什器をよせている。
寺宝には、銭舜挙(せんしゅんきょ)筆と伝える蓮華図、群介図・中文殊左右寒山拾得画像、長谷川等伯筆の仏大涅槃図など絵画10点と本阿弥光悦筆の法華題目抄など書2点の重要文化財を所蔵している。    京都市


本堂


開山堂


多宝塔


経堂  天正16年(1588)建立。宝蔵と共に天明の火災を免れた当山最古の建造物の一つ。


鐘楼


麻利支尊天堂

 
摩利支尊天                                     北辰殿:妙見大菩薩・鬼子母神・七面大天女・大黒天


本阿弥家一族墓

 
等伯像                       長谷川等伯墓は行方不明となり、2002年に再建された。


『都名所図会』
叡昌山本法寺(えいしやうさん) は大応寺の麻にあり。法華宗にして、開基は日親上人なり。
本堂の額は光悦書す。初めは綾小路の西にあり。中頃、一条堀川の西に移し、また天正年中に今の地にうつす。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/12(金) 07:05:20|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<妙覚寺 | ホーム | 妙蓮寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2590-2a2475a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。