続・竹林の愚人 妙顕寺

妙顕寺


妙顕寺(みょうけんじ) 京都市上京区寺之内通新町西入妙顯寺前町514
正しくは四海唱導(しかいしょうどう)妙顕寺といい、日蓮宗の大本山の一つである。
日蓮聖人の孫弟子に当たる日像上人が、元亨元年(1321)に、京都における日蓮宗最初の道場として創建したのが当寺の起こりである。
建武元年(1334)には、後醍醐天皇から法華宗号と勅願寺の綸旨(詔の趣旨)を受け、法華宗最初の勅願寺として洛中洛外の宗門の第一位に認められた。
しかし、度々の法難と災禍により寺地を転々とし、天正11年(1583)に秀吉の命により西洞院二条の旧地から現在地に移された。
その後、天明の大火(1788)で焼失したが、天保5年(1834)に再建され、今日に至っている。
寺宝として尾形光琳筆の「松竹梅」図三幅などがあり、塔頭の泉妙院には、降臨と陶工として有名な弟乾山の墓がある。  京都市


本堂  (現在、改修中のため、昨年の写真を載せる)


尊神堂 鬼子母神を祀る。


三菩薩堂 日蓮・日朗・日像の三祖を合祀。


御真骨堂 日蓮・日朗・日像のお堂。


庫裏・大玄関



慶中大菩薩


鐘楼 梵鐘は正徳3年の鋳造。


妙見大菩薩


勅使門         壽福院塔  加賀の藩主、前田利家の室、壽福院日栄の壽塔。寛永5年建立。
『都名所図会』
具足山妙顕寺(ぐそくさんめうけんじ) は小川の北にあり。
法華宗にして、開基は日像上人なり。
洛陽において日蓮宗最初の寺なり。後醍醐天皇の勅願所とす。
初めは酉洞院二条の南にあり。天正年中この地にうつす。
立像の釈迦仏は長三寸にして黄金仏なり。日蓮上人常に持念し給ふとぞ。
萄錦の曼荼羅、経一丸の曼荼羅、ともに日蓮の筆にして当寺の什物なり。
経一丸は日像上人の字(あざな)なり。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/12(金) 07:15:33|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾形光琳菩提所・興善院旧跡 | ホーム | 妙覚寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2592-64bac461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク