続・竹林の愚人 宗徳寺

宗徳寺


粟嶋堂宗徳寺(あわしまそうしゅうとくじ) 京都市下京区岩上通塩小路上ル三軒替地町124
粟嶋堂は西山浄土宗に属する宗徳寺境内のお堂です。昔より「あわしまさん」と呼ばれ、親しまれてきました。
宗徳寺は応永年間(1394~1427)に行阿上人がこの地に開山し、ご本尊は阿弥陀如来です。粟嶋堂は宝徳年間に南慶和尚が紀伊の国、淡島にて虚空蔵菩薩像を感得せられて上洛の途上、俄かにこの辺りで重くなったのを、ご神意として鎮守粟嶋明神としてお祀りしたのが始まりといいます。 
江戸時代には粟嶋明神の霊験は広く伝わり、孝明天皇、光格天皇は度々ご代参され、歴代の后妃も篤くご信仰されました。また俳人の与謝蕪村や文人画家の富岡鉄斎も当堂にお参りし、今もその足跡を残しています。


粟嶋堂鎮守:粟嶋大明神、本地佛:虚空蔵菩薩、垂迹:少彦名命
宗徳寺本尊:阿弥陀如来


弘法大師 庚申堂


正一位咲分稲荷大明神


人形供養で知られています。


俳人与謝蕪村翁が娘の病気平癒を祈願されたときに読まれた句。
   粟嶋へ はだしまいりや 春の雨  蕪村

『都名所図会』
粟島社 堀川の西、生酢屋橋通の南、宗徳寺の内にあり。紀州粟島の勧請なり。祭は三月三日
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/28(日) 07:15:04|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茨木遺跡 | ホーム | 芹根水跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2631-a6666435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク