続・竹林の愚人 若宮八幡宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若宮八幡宮


若宮八幡宮 京都市下京区若宮通花屋町上る若宮町
当宮は天喜5年(1058)源頼義が後冷泉天皇の勅を奉して創建され、六条八幡とも左女井八幡とも言われました。
平安時代は五條条路までが市街地で、六条の地は堀川館をはじめ当町に頼義・義家の館。その東には後に義経が居を構えるなど、長く源氏の邸宅があったところとして著名で、「拾芥抄(1540)」には「八幡若宮義家宅」の書入れがあり、「古事談」にも「六条若宮はかつて源頼義が邸宅の家向に構えた堂に始まる」とあります。また頼義の誕生水と称される井戸の伝承地があると記されています。(義家誕生1041年)
「吾妻鏡(1190年代)」によると文治3年(1187年)正月15日六条以南 西洞院以東の壱町の左女井御地を社地として六条若宮に寄進されたとあります。
そもそも左女井(さめごい)とは、現在の醒ヶ井通りのことではなく、平安京条坊図によれば北から五条大路(現松原通)・樋口小路(現万寿寺通)・六条坊門小路(現五条通)・揚梅小路・六条大路・左女井小路(現花屋町通)。七条坊門小路(現正面通)・北小路・七条大路とあり、寄進された壱町とは正しく若宮八幡宮を中心とした一画であります。
以来、源頼朝からも格別の崇敬を得、文治3年6月18日には放生会を始行すべき沙汰あり。同年8月15日に鎌倉八幡宮と共に放生会が行われたのが今日の祭事の始まりであります。
さらに室町時代に足利将軍家の崇敬を得て、ますます栄え応永17年(1410年)8月、四代将軍義持がお参りした時の様子を伝える「義持社参絵巻」には本殿のほか公文所・楼門・三重塔などが見え、壮麗な殿舎を彷彿させられるのですが、惜しくも応仁の乱(1470年)で焼失。その後、秀吉の京都改造(短冊形町割・寺院街形成・御土居築造)に際し、天正12年(1584年)当時の御旅所のあった東山へ移され天正16年には方広寺の北へさらに慶長10年(1605年)現在の五条坂へ移って今日に至っているのですが、東遷の後も町民の信仰あつく、創建以来の宮を守り、まつりごとを斎行し、年々盛んになってきているのであります。       若宮町


本殿 祭神:応神天皇・神功皇后・市杵嶋姫命・湍津姫命・田心姫命


若宮稲荷神社 若宮稲荷大明神

『都名所図会』
若宮八幡(わかみやはちまん) は五条橋東五町にあり。
例祭は八月十五日放生会なり。旧地は若宮通(今の仏具屋町なり)六条(今の魚棚通なり)の南、人家の裏に小社あり。これその旧蹟なり。天正年中にこの所にうつす。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/30(火) 07:00:33|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五條天神社 | ホーム | テーマ展 「茨木城」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2633-b1437a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。