続・竹林の愚人 五條天神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五條天神社


五條天神社(ごじょうてんじんじゃ) 京都市下京区松原通西洞院西入ル天神前町
祭神として、大己貴命・少彦名命・天照大神を祀る。
社伝によれば、延歴13年(794)、桓武天皇の平安遷都に当たり、大和国宇陀郡から天神を勧請してのが当社の始まりといわれる。
当初は「天使の宮」(天使社)と称したが、後鳥羽天皇の時代に「五條天神宮」と改めた。
創社の頃は社域も広く、社殿も広壮であったが、中世以来度々火災に遭い、元治元年(1864)の蛤御門の変で社殿は焼失した。
現在の社殿は近時の再建である。
当社は古来、医薬・禁厭(まじない)の神として広く崇敬され、今なお節分には、厄除け祈願のために参詣する人が多い。
例祭は、毎年5月10日に行われる。  京都市


拝殿


本殿  祭神:大己貴命・少彦名命・天照皇大神


筑紫天満宮


福部神社・金刀比羅神社・大国主神社・白大夫神社


天神大明神・猿田彦神社・弁財天


北鳥居


『都名所図会』
五条天神宮 は松原道西洞院にあり。天使社と称す。祭る所少彦名命・相殿天照皇大神宮・大己貴命なり。桓武帝遷都の初め、平安城鎮衛の為造営し給ふ。医道の祖神とす。
古は宮殿魂々として東西四町、南北五町の神領なり。巡りには樹林森々たり。伝教・弘法の両大師も入唐の時、帰朝安全の祈額を籠め給ふ由、社記にあり。承安二年文覚上人配流の時、当社の鳥居の下に黄金を埋みたる計略にて難風を免れしよし、『源平盛衰記』に見えたり。安元元年には源牛若丸、鬼一法眼と兵書の遺恨あって戦ひ、忽ち感応を待て打ち勝ちしもこの所なり。また武蔵坊に逢ひ給ひしもこの森とかや。至徳元年には将軍義満公殿舎を再建し給ふ。祭は九月十日。また節分には白光・小餅・宝船を禁裏に上る。
小餅料は天文二年将軍義輝公の母公慶寿院より御推挙ありて賜はる。それより今に至り公務の沙汰として年々その料を賜ふ。この夜諸人群参して厄難除減を祈り、三種の神物をうくるなり。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/30(火) 07:05:19|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神明神社 | ホーム | 若宮八幡宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2634-9f1180b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。