続・竹林の愚人 神明神社

神明神社


神明神社(しんめいじんじゃ) 京都市下京区綾小路通高倉西入ル神明町
祭神:天照皇大神・文子天満宮・菅原道真
近衛天皇が度々行幸された摂政関白藤原忠通公の邸内にあった鎮守社で、後に天台宗護国山立願寺によって管理され、明治の神仏分離によって神社だけが残った。
社頭に榎の大木があったので榎神明と称された。近衛帝を毎夜悩ました鵺(ぬえ)を源頼政が退治した2本の矢尻が社宝として伝えられている。明治30年に文子天満宮を合祀。
謡曲「鵺」は、古典「平家物語」から取材した曲。鵺とは頭が猿、尾が蛇、手足が虎、鳴く声は鵺に似た怪獣だったといわれています。
芦屋の里で一夜を明かす僧の前に、うつぼ舟(丸木舟)が着く。舟人に尋ねると近衛天皇の時代、源頼政に討ち取られた鵺の亡霊と名乗り、姿を消す。僧が供養していると鵺の姿となった亡霊が再び現れ、供養に感謝し、勝者・頼政の栄光と、うつぼ舟で冥途に流されてゆく自分の有様を語るのです。
この神明神社は鵺が退治された屋敷跡とされ、神社にはそのとき頼政から奉納された「やじり」2本が宝物として伝わっています。   謡曲史跡保存会

『都名所図会』
神明宮(しんめいぐう) は綾小路高倉の西にあり。祭る神伊勢内外太神宮なり。td>

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/30(火) 07:10:01|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<源氏ゆかりの地 | ホーム | 五條天神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2635-b2380f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク