続・竹林の愚人 行願寺

行願寺


行願寺(ぎょうがんじ) 京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町17
霊麀山(れいゆうざん)行願寺と号する天台宗の寺院で、西国33所観音霊場の第19番札所である。
寛弘元年(1004)に行円(ぎょうえん)上人によってm一条小川(上京区)に創建された。子を孕んだ母鹿を射止めてしまったことを悔いた上人が、常にその皮をまとって鹿を憐れみ、人々から皮堂と呼ばれていたことから、この寺も革堂と呼ばれるようになったといわれている。
以後、人に戸からの厚い信仰を受け、町堂として大いに栄えたが、度々の災火により寺地を転々とし、宝永5年(1708)の大火の後、この地に移された。 
現在の本堂は、文化12年(1815)に建てられたもので、堂内には行円上人の作と伝えられる本尊千手観音像を安置している。
境内には、都七福神巡りの1つになっている寿老人神堂をはじめ。愛染堂、鎮宅霊符神堂、加茂明神塔などがある。また、宝物館には、若い女性の幽霊は描かれている幽霊絵馬が展示されている。        京都市


本堂 本尊:千手観音


愛染堂(あいぜんどう)


壽老人神堂(じゅろうじんしんどう)


朕宅霊符神社(ちんたくれいふしんどう) 


種楼


五輪石塔 加茂明神塔


『都名所図会』
行願寺(ぎやうねんじ) は下御霊の南に隣る。一名革堂。天台宗にして、本尊十一面千手観音は長八尺の立像、行円上人の作なり。西国第十九番の巡礼所。また洛陽巡りの第四番なり。加茂明神の石塔 五輪の塔婆にして高さ壱丈余なり。塔前に鳥居あり。行円上人これを建つる。当寺の開基行円上人は原鎮西の人なり。寛弘二年に皇城に遊び、頭に宝冠をいただき、身には革服を着せるゆゑ、都の人、革上人と呼べり。行円御手に千手大悲陀羅尼を持し、良材を求め、観音の像を刻まん事を願へり。ある夜の夢に一人の沙門来り、霊木を送らんといひて覚めぬ。翌朝果して一僧来り告げけるやうは、鴨杜の傍に苔蒸したる槻樹あり。六斎日毎に千手の神咒を誦する声聞えぬ。むかし鴨大神宮この樹下に天降り給ふとぞ。則ち行円これを尋ね求め、則ち神官に乞ひうけ、菩薩の像をきざみ、行願寺を営みて安置す。これ当寺の本尊なり。また行円革服をつねに着けるゆゑ、この寺を革堂と称す。その後、行円の弟子仁弘法師、この余材を得てまた八尺の像を作り、西山善峯寺の本尊とす。当寺初めは一条通新町の西にあり。故に一条革堂といふ。


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/16(木) 07:15:37|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FC2ブログのヒント | ホーム | 熊野神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2692-d65661d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク