続・竹林の愚人 蘆山寺

蘆山寺


蘆山寺(ろざんじ) 京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397
日本廬山と号する圓淨寺の大本山で、正しくは廬山天台講寺という。天慶元年(938)、慈恵大師良源(元三大師)が鮒岡山南麓に開いた與願金院(よがんこんごういん)に始まる。寛元3年(1245)、法然上人に帰依した住心房覚瑜(じゅうしんぼうかくゆ)が出雲路に蘆山寺を開き、この2カ寺を兼務した蘆山寺第3世明導照源(みょうとうしょうげん)上人(1339~1368)によって蘆山寺を與願金院に統合し、円、浄土、戒、密の四宗兼学寺院となった。
その後、応仁の兵火に遭い、天正元年(1573)、当地に移った。現在の堂宇は、1788年の「天明の大火」による炎山以後のものである。
当地は紫式部の邸宅跡で源氏物語執筆の地と伝えられ、本堂前の「源氏の庭」には「紫式部邸宅址」の石碑が立っている。
本堂には、恵心僧都の作と伝えられる阿弥陀三尊等が安置されている。そのほか、国宝の慈恵大師自筆遺告状、また、重要文化財として、鎌倉時代の如意輪観音半跏像、後伏見天皇及び正親町天皇の宸翰、法然上人選択集などを蔵し、境内には、光格天皇父の閑院宮典仁(すけひと)親王(慶光天皇)陵などがある。
良源が修行の邪魔をする悪鬼を退散させたという故事に由来する2月3日の節分会は「鬼の法楽』の名で知られ、悪疫退散を祈願する行事が行われる。   京都市


元三大師堂

元三大師良源(諡名・慈恵)

良源延喜12年(912)9月3日、近江国(滋賀県)浅井郡虎姫で生まれる。父は饗場重頼、母は物部憲興の娘月子といい、幼名を日吉丸あるいは観音丸という。
延長元年(923)12才の時仏門に入り理仙大徳に師事する。良源は得度し、正式の僧となる徳期日前に来て、師理仙の突然の死に遭遇し、後に伊勢国朝明郡の郡領船木良見の尽力により得度を許されたため良見の一字を得て僧名を良源と名乗り、修行を重ねる。
良源55才で第18世天台座主となり叡山の諸堂を復興し、山侶2,700人に及び中興の祖と号せられる。その間累進して僧正に任ぜられ、つづいて行基以来の大僧正に任ぜられる。名声は高く当時並ぶ者がなかったといわれる。



鐘楼


紫式部・大弐三位 歌碑
ありまやま ゐなのさきはら かぜふけば いてそよひとを わすれやはする  大弐三位
めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかげ  紫式部


『都名所図会』
廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ) は浄華院の南にあり。宗旨(天台・律・法相・浄土)兼学なり。開基は慈恵大師にして、与願金剛院と号し、中興は住心上人なり。一日、化人来ってわれは唐の恵遠法師なりとて、廬山の二字を書し住心和尚に与ふ。故に廬山寺と改む。
本尊は元三大師自作の像なり。南の壇上には薬師仏を安んず。聖徳太子の作なり。世に小屋の薬師と称す。北の壇上には聖観音を安んず。伝教大師の作なり。世に船来迎観音と称す。
当寺の什物に法然上人自筆の『選択集』あり。また親鸞上人自筆の四句の文あり。これ六角堂観世音より授与し給ふ四句の偈文なり。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/17(金) 07:05:56|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お土居 | ホーム | 常施無畏寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2697-c6ada6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク