続・竹林の愚人 本能寺

本能寺


本能寺(ほんのうじ) 京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
法華宗本門派の大本山で、応永22年(1415)、日隆上人によって創建された。
当初は本応寺と称していたが、英享年(1433)、六角大宮に移転した際、本能寺と名を改め、更に天文14年(1545)、油小路蛸薬師一帯に広大な寺域を得て大伽藍を復興した。
本寺は、天正1年(1582)、織田信長が明智光秀によって襲撃(本能寺の変)され、自刃したところとして世に名高いが、その折、20余りの宿坊を構えた大伽藍は廃燼に帰した。その後、豊臣秀吉の都市計画により、天正17年(1589)、現在の地に移転再建したが、江戸時代後期に天明・元治の大火にかかり、堂宇は悉く焼失し、現在の本堂は昭和3年(1928)に再建されたものである。
寺宝には、花園天皇宸翰、伝藤原行成筆の書巻等の貴重な逸品を蔵し、境内には、織田信長及びその側近達の供養塔、並びに江戸時代後期の南画家浦上玉堂父子の墓などがある。


本堂

織田信長公廟  


円信院殿妙蓮幽儀 元亀3年12月23日
島津義久夫人の石塔

清光院殿浄心信敬尊儀
菅中納言庸子の石塔
五条中納言為庸の娘で、霊元天皇の寵愛を受けた。

徳川家重夫人の供養塔
伏見宮邦永親王の姫宮で、徳川家重に嫁し、享保18年(1733)19才で急逝。
遺骨は寛永寺に葬られ、ここには遺髪と爪が納められている。


宗祖日蓮大菩薩御廟・開祖開山日隆大聖人  当山歴代諸聖人御廟


後伏見天皇7世皇孫 日承王墓 宮内庁
日承王は後伏見天皇6世の皇孫伏見宮邦高親王の王子で幼少にして当寺に入り、天文12年(1543)43歳のとき、貫主になった。在任すること37年、その間に天文法難で焼亡した。当寺を四条西洞院に再興し、寺内僧侶の法度を定め、また教学の研鑽に努めて多くの書物を著わし、そして遠く種子島、下関、越前などに廻教して各地に芳蹟寺院を今日に残している。こうした日承聖人の活躍により本能寺派の教線は戦国末期に西日本で雄飛し、その功績はまことに偉大であったので、本能寺は中興の称号を贈り遺徳を讃えている。


浦上玉堂・春琴 父子の墓


本能寺跡 京都市中京区油小路通蛸薬師山田町
応永22年(1415)御開山日隆聖人は本門八品の正義を弘通せんがため、油小路高辻と五条坊門の間に一寺を建立して「本応寺」と号されたが、後に破却された、永享元年(1429)小袖屋宗句の外護により町端に再建、次いで永享5年(1433)如意王丸の発願により、六角大宮に広大な寺地を得て移転再建。本門八品能弘の大霊場として「本能寺」と改称された。
その後、天文5年(1536)天文法乱によって焼失、天文14年(1545)第八世伏見宮日承王上人によって旧地より四条西洞院の此地に移転、壮大なる堂宇の再興をみた。然るに天正10年(1582)彼の「本能寺の変」によって織田信長とともに炎上、天正17年(1589)、この地に再建せんとし上棟式の当日、豊臣秀吉より鴨川村(現在の寺町御池)の地に移転を命ぜられる。一山の大衆声を放って号涙つと。因みに本王子は度々火災に罹りたるをもって「ヒヒ」と重なるを忌み、能の寺を特に「能」と書くのが慣わしである。            大本山 本寺  


『都名所図会』
本能寺 は京極通押小路の南にあり。法華宗にして勝劣派なり。古は妙顕寺の塔頭たりしが、日像上人より四世日斉上人、勝劣の一派を興隆す。開基は日隆上人。初めの地は六角の南、池小路の東にあり。いま本能寺町といふ。
中興権大僧都日与上人『筑波集』といふ和語の書を著はす。方丈の前の門は聚楽城よりこゝに移す。彫物花実なり。左甚五郎の作とぞ。
三十番神の社は、もと愛宕山権現の古社なり。瓦葺にして他に類なし。
織田信長公塔 本堂の東にあり。天正十年六月二日、当寺旧地において明智光秀が為に自殺す。委しくは『信長記』に見えたり。
題目曼荼羅 宗祖日蓮上人の筆なり。表具は紺地の純子に唐草の地紋あり。これを世に本能寺切といふ。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/19(日) 07:00:29|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天性寺 | ホーム | 白雲神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2705-2951a5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク