続・竹林の愚人 矢田寺

矢田寺


矢田寺(やたでら) 京都市中京区寺町通三条上ル523
金剛山矢田寺と号する西山派浄土宗の寺で、通称、矢田地蔵の名でしられている。
寺伝によれば、当寺は、平安時代の初め、大和国(奈良県)の矢田寺の別院として五条坊門(下京区)に創建され、以後、寺地を転々とし、天正7年(1579)に現在の地に移されたといわれている。
本堂に安置する本尊の地蔵菩薩<矢田地蔵)は高さ約2mの立像で、開山の満慶(まんけい・満米)上人が冥土へ行き、そこで出会った生身の地蔵尊の姿を彫らせたものといわれ、俗に代受苦地蔵と呼ばれ、地獄で亡者を救う地蔵として人々の信仰を集めている。
また、当寺の梵鐘は、六道珍皇寺の「迎え鐘」に対し、「送り鐘」と呼ばれ、死者の霊を迷わず冥土へ送るために撞く鐘として人々から信仰され、1年を通じて精霊送りには、多くの参拝者で賑わう。      京都市


12月23日には諸病退散を願う「カボチャ供養」が営まれます。


大日如来

『都名所図会』
矢田山金剛寺 は天性寺の南に隣る。浄土宗にして、本尊地蔵は満米上人の作なり。夕貌薬師 本堂の前に安置す。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/19(日) 07:10:28|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蛸薬師堂 | ホーム | 天性寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2707-db41b4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク