続・竹林の愚人 蛸薬師堂

蛸薬師堂


蛸薬師堂(たこやくしどう) 京都市中京区新京極蛸薬師東側町503
正しくは浄瑠璃山永福寺といい、本堂に『蛸薬師』と呼ばれる薬師如来の石造を安置している。
昔、この寺が二条室町にあったころ、付近に池があったことから、水上(みなかみ)薬師又は澤(たく)薬師と呼ばれ、これが訛って蛸薬師となったといわれている。
また、一説には、この寺にいた善光という親孝行な僧侶が、戒律に背いて病気の母のために蛸を買って帰るところを町の人々に見とがめられ、箱を開けるよう求められたとき、薬師如来に「この難をお助けください」と念したところ、蛸の足が八巻の妙法蓮華経に変わり、難局を逃れたという。
その後、母の病気も薬を飲まずに全治し、これは、親孝行の僧侶を守った本尊の霊験であるとして、本尊の薬師如来を蛸薬師とうようになったと伝えられている。
病気平癒の祈願のために参拝する人々でにぎわった参道は蛸薬師通と呼ばれるようになった。   京都市




円福寺(えんぷくじ)は明治維新で境内が没収され、明治16年(1863)に檀家の多い三河に移ることになり、岡崎市の妙心寺と社号を交換しました。その妙心寺が堂の奥にあります。


『都名所図会』
蛸薬師(たこやくし) は永福寺と号して、円福寺の境内にあり。旧地は三条室町なり。水上薬師といふ。
本尊薬師仏は石像にして、長二尺、伝教大師の作なり。もと比叡山の北谷にあり。また蛸薬師と号するは、旧地に沢あり。これによって都下の人沢薬師と称せしを、後世誤って蛸薬師といひ風俗せり。いにしへの堂の梁の銘には、三条室町水上薬師堂と記し侍る。
○鯉地蔵は堂の前にあり。由来繋ぎによって略す。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/19(日) 07:15:50|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙からメリークリスマス! | ホーム | 矢田寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2708-e77104d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク