続・竹林の愚人 誠心院

誠心院


誠心院(せいしんいん) 京都市中京区新京極通六角下ル中筋町
華獄山東北寺誠心院と号する真言宗泉涌寺派の寺で、通称和泉式部の名で知られている。
寺伝によれば、関白藤原道長が、女の上東門院(藤原彰子)に仕えていた和泉式部のために、法成寺東北院内の一庵を与えたのが当寺の起りといわれている。当初、御所の東側にあったが、その後一条小川(上京区)に再建され、さらに天正年間(1573~91)この地に移された。
和泉式部は平安時代の代表的な女流歌人で、才色兼備で知られ、代々の勅撰集に収められている和歌は247首に及んでいる。
本堂は小御堂と呼ばれ、堂内には、本尊阿弥陀如来像をはじめ、和泉式部、藤原道長のそれぞれの像を安置している。
境内には、式部の墓と伝える宝篋印塔及び式部の歌碑が建てられている・また、傍らの梅の木は、式部が生前愛木した「軒端の梅」に因んで、後に植えられたものである。   京都市


本堂


宝篋印塔
和泉式部誠心院専意法尼の墓所
   あらざらむ この世のほかの 重ひ出に いまひとたびの あふこともがな  (和泉式部 百人一首より)
寺伝によりますと、平安の女流歌人の代表とされる、和泉式部は当誠心院の初代住職と言われています。
   大江山 いく野のみちの とほければ まだふみもみず 天の橋立  (小式部内侍 百人一首より)
その歌を 母と共に百人一首に収められている、娘小式部内侍は、若くして他界します。娘に先立たれ、この世のはかなさを思った和泉式部は、当寺、女人には出来ぬとされていた、往生のすべを求め、誓願寺のご本尊のお告げにより、六字名号を念仏し女人の往生を成し遂げます。
その後、和泉式部は六字名号を念仏する人があれば、25菩薩と共にお迎えに来てくださるという、謡曲「誓願寺」の舞台にもなっている宝篋印塔が左の石塔です。
 「わらわがすみかも他所ならず。あの石塔こそすみかにてさむらへ。不思議やなあの石塔は和泉式部の御墓とこそ聞きつるに そもすみかとは不審なり。」 (謡曲 誓願寺より)
この石塔は正和2年(1313)に改修建立されたもので、高さ約4m、幅約2.4mあります。
江戸時代の名所絵図には、石塔と共に、傍らにあった軒端の梅が描かれています。和泉式部を慕い多くの旅人が参拝した様です。


歌碑   霞た津 はるきにけりと 此花を 見るにぞ鳥の こゑもまたるる  和泉式部 軒端梅
 

山口甚介一族の墓
山口城(宇治田原城)城主山口甚介は豊臣秀吉の命を受け、誠心院を移転、再興した。


『都名所図会』
誠心院(じやうしんゐん) は西光寺の北に隣る。俗に和泉式部といふ。古は小川一条の北にあり。御堂関白道長公の草創にして、和泉式部もこの寺に入りて尼となりて住みしなり。
本尊は阿弥陀仏、脇壇には関白道長公の影を安置す。和泉式部の塔、軒端の梅あり。軒端の梅の傍に俳諧師紫藤軒言水の墓あり。 
     凧の果は有けり海の音                言水

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/20(月) 07:05:01|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<染殿院 | ホーム | 西光寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2710-9928150b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク