続・竹林の愚人 葛飾北斎生誕地
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛飾北斎生誕地



葛飾北斎(かつしかほくさい)生誕地  東京都墨田区亀沢1~4
宝暦10年(1760)9月23日、本所南割下水(墨田区亀沢)に生まれた北斎は、浮世絵の役者絵を出発点として、狩野派、光琳派、大和絵など、さまざまな流派の技法を学び、新しい画風をどんどん確立させて、多くの名作を遺しました。
代表作『富嶽三十六景』は、天保2年(1831)から天保4年(1833)にかけて制作。とても70歳を過ぎてからのさく
80を過ぎても創作意欲は衰えず、死の床に就いた嘉永2年(1849)、「あと10年、いや5年でよいから生きさせてくれ、そうすれば真の画工になれる」といって息を引き取ったといわれています。
常に新しい画法に取り組んできた北斎らしい臨終の言葉でした。
びらり両国街かど展実行委員会

葛飾北斎は、宝暦10年(1760)9月23日、本所割下(現在の北在通り)に生まれ、
その生涯のほとんどを墨田区内で過ごしながら多くの名作を残しました。
北斎は、30回以上画号をかえ、一生のうちに93回の引っ越しをしたと伝えられています。
その多くは、本所・向島・浅草など隅田川に近い場所でした。


関連記事

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/12/29(水) 07:15:17|
  2. Historic sites
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸田露伴 | ホーム | 舟橋聖一生誕地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2740-8df4e566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。