続・竹林の愚人 白毫寺

白毫寺


白毫寺(びやくごうじ) 京都市下京区富小路通 五条下る本塩竈町539
寺伝によれば、初め東山知恩院総門北側、粟田口にあったといい、知恩院開境のときに当地に移ったという。
塩竈太子堂の名で知られたが、天明・安政・元治の大火で類焼した。


本堂 本尊:聖徳太子立像(南無仏)

『都名所図会』 太子堂白毫寺 は上徳寺の南にあり。速成就院と号す。
宗旨は律宗にして、本尊聖徳太子は御自作の南無仏の像、長一尺余なり。脇壇の四天王は唐作なりとぞ。開基は忍性律師にて、もとは知恩院中門の北、浩玄院の後にあり。今その地に古井あり。太子水と号す。
慶長年中、知恩院再建の時こゝにうつす。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/03/30(水) 07:20:33|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上徳寺 | ホーム | 極楽寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2891-f8389d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク