続・竹林の愚人 長講堂

長講堂


長講堂(ちょうこうどう)  京都市下京区富小路六条上る本塩竈町528
平安時代末期、寿永2年(1183)に、後白河法皇が晩年を過ごした院御所「六条殿」内に建立した持仏堂が起こり。
正式には「法華長講弥陀三昧堂」といい、後白河法皇は莫大な寺領を寄進し、没する直前には長講堂と所領を寵愛していた丹後局の子・宣陽門院覲子内親王に譲った。
その後、第89代後深草天皇に譲与され、以後、持明院統によって相続された。
もとは六条西洞院にあったが、度重なる火災のため転々と寺地を変え、天正6年(1578)に豊臣秀吉によって現在地に移された。


本堂 本尊:阿弥陀三尊像(重要文化財) 後白河法皇の臨終仏。


御影堂 後白河法皇坐像(重要文化財)を安置。



『都名所図会』
後白河法皇の宸影 は来迎寺の南、長講堂にあり。当寺は法皇の御建立にして、時々御幸ありて、貴賎を論ぜず叡聞に達する亡魂を名帖に記し給ひ、常に御回向ありて御講を修し給ふ所なり。故に長講と称しける。
『平家物語』に日く、されば後白河法皇の長講堂の過去帳にも、祇王・祇女・仏・刀自等が尊霊と四人一所に入れられたり。

 
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/03/31(木) 07:05:51|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<萬年寺 | ホーム | 蓮光寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2893-7cf1e85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク