続・竹林の愚人 正法寺

正法寺



正法寺(しょうぼうじ)  京都市東山区清閑寺霊山町35
時宗 霊山 霊鷲山無量寿院 
延暦年間(782~805)最澄が開創し霊山寺と号したと伝える。元久年間(1204~1206)法然上人がここを法然念仏の道場としたが、永和2年(1376)国阿上人が入寺して時宗霊山派の本山とし、寺号を正法寺と改めたという。
後小松天皇、足利義満など当寺の権門勢家の多くは国阿上人に深く帰依し、盛時には数十の塔頭がたちならび寺運大いに栄えた。
近世に至って、これら塔頭の中には京洛眺望の地として書院造庭園の美を尽し庶民の遊宴地となるものもあり賑盛を極めた。
しかし、その後火災にあうなど次第に衰微し、今は現境内内、その他の建物を残すのみである。
本堂には本尊として国阿上人像をまつる。
本堂背後には国阿上人石塔があり、上人の名と応永12年の示寂年紀が刻まれている。              京都市


本堂 (開山堂・国阿堂) 本尊:釈迦如来 



五輪卒塔婆
裏面に文保2年(1319)の刻銘

国阿上人板碑
阿弥陀三尊の種子
国阿上人、応永十二年(1405)乙酉九月十一日歳九十二往生子剋


 

 
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/04/13(水) 07:05:58|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都霊山護国神社 | ホーム | 霊明神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2931-cb97754b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク