続・竹林の愚人 清閑寺

清閑寺



清閑寺(せいかんじ) 京都市東山区清閑寺山ノ内町3
真言宗智山派 歌乃中山
ここから清水寺までの山路は、かつては歌の中山と呼ばれる名所で、桜や紅葉の美しさから数多くの歌が詠まれた。
延暦21年(802)に、天台宗の寺として比叡山の紹継法師によって創建され、一条天皇の時代(986~1011)に勅願寺となった。
「平家物語」の悲恋で知られる高倉天皇と小督局(こごうのつぼね)ゆかりの寺で、平清盛の娘を中宮とする高倉天皇に寵愛されたために清盛の怒りに触れた小督局は、宮中を負われてこの寺で出家させられたと伝えられている。天皇は深く心を痛め、自分が死んだら局のいるこの寺に葬るよう遺言を残し、21歳の若さでこの世を去った。背後の山に、六條天皇と高倉天皇の御陵があり、高倉天皇陵のの傍らには、天王の死後、生涯にわたって菩提を弔ったといわれる局の墓がある。かつては法華三昧堂や宝塔などが並んでいたが、現在は菅原道真が梅樹から彫ったという本尊・十一面観音像を安置する本堂を残すのみである。         京都市





本堂


小督局供養塔


要石(かなめいし) ここからは扇を広げたように市内を一望でき、願いをかけると叶うという。


鐘楼


茶室「郭公亭」跡 平成3年に解体。
清閑寺は、幕末に清水寺成就院住職の月照上人と西郷隆盛がしばしば勤王の誅議をした所で、安政5年(1858)月照が水戸藩密使降下に尽力し、幕府から狙われた時、ここで西郷と密かに会い、都落ちの計画を茶室「郭公亭」で行われた。
 
 
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/04/15(金) 07:10:57|
  2. Shrines
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正林寺 | ホーム | 清閑寺陵・後清閑寺陵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/2941-5763a65e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク