続・竹林の愚人 多武峯内藤神社
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多武峯内藤神社


多武峯内藤神社(とうのみねないとうじんじゃ) 東京都新宿区内藤町1-8
内藤氏始祖藤原釜足公を多武峯大明神とし、藤原氏守護神並びに内藤家歴代藩主を祀る。
創建は元禄とも寛永ともいわれ、寛政4年(1792)に12代内藤銀次郎藤原頼以公が再興。
昭和28年10月17日に内藤家より譲り受け、多武峯神社と改める。
昭和42年5月11日、呼び慣れた社称内藤神社を加え、現在の社名に改める。


拝殿 祭神:藤原鎌足公  武甕槌神・秋津主神・天児屋根神・姫神・内藤家歴代祖霊


神楽殿


稲荷神社 倉稲魂神   八幡神・大国主神・市杵嶋姫神


駿馬塚(しゅんめづか) 新宿区登録有形文化財 歴史資料(平成5年3月5日指定)
内藤清成の駿場の伝説にかかわる石碑である。
徳川家康は江戸入府後、家臣の内藤清成を呼び、現在の新宿御苑一帯を示し、「馬でひと息に回れるだけの土地を与える」と語ったという。
清成の乗った駿馬は、南は千駄ヶ谷、北は大久保、西は代々木、東は四谷を走り、疲れ果て死んでしまったので、大樫の下に埋めたと伝えられる。
後に内藤家の森林の管理役となった中家休昌と木下正敷が、文化13年(1816)8月に樫の古木の跡に塚を造り、駿馬塚の碑を建てた。
碑はその後、明治5年(1872)9月に現在地に移されたものである。
平成5年11月   東京都新宿区教育委員会


駿馬舎  内藤修理亮清公愛馬
関連記事

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/10/22(土) 07:00:32|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<本性寺 | ホーム | 秋のお魚調査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。