続・竹林の愚人 推古天皇・聖徳太子の憧憬の仏たち
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

推古天皇・聖徳太子の憧憬の仏たち

水野正好水野名誉館長の『口誦日本全史』講座

第8回 推古天皇・聖徳太子の憧憬の仏たち

水野 正好 名誉館長

12月21日(金) 13:30~15:00

今城塚古代歴史館2階 映像研修室 

奈良に初めて文化財研究所ができて初めての発掘が昭和30年に始まりました。
そうすると、飛鳥寺の全貌が地上に現れました。
中国や韓国なら、こうした場合は全ての土地を買い上げて、寺院を復元するところですが・・・。

飛鳥寺は蘇我馬子が588年に乾さんから土地を求めて、8年で完成しました。
発掘で、塔を挟んで金堂が3つもあり、日本では初めての伽藍配置です。
全国の研究者に呼びかけ、皆さん手弁当で駆けつけてくれましたが、誰も分からない。
飛鳥寺
そこへ遅れてきた藤沢一夫先生が「あそこと一緒やね」と、清岩里廃寺を教えてくれました。
今まで八角形なので塔とは考えず、高句麗王の宮殿と考えられていたのです。
それなら僕も小泉顕夫「高句麗清岩里廃寺址の調査」(1958)を持っている。
坪井さんから「お前も変わった本を持ってるな」と呆れられてしまいました。

飛鳥寺は高句麗の影響を受けている。
おそらく高句麗のことをよく知る匠か僧侶が百済に来たのだろう。

飛鳥寺は1体の銅造釈迦如来坐像(飛鳥大仏)だけが残り、後は何も分かっていません。
台座
現飛鳥寺の本堂床下を覗くと、真っ白な仏を載せる壇が残っており穴が左右にあります。
これで両方に脇仏を擁する真ん中の仏さんだということが分かりました。
すぐに仏の研究が始まりました。

飛鳥大仏

百済や高句麗を越え、雲崗とか敦煌に繋がる古い姿の仏です。
ではなぜ、このような古い仏が伝わったのでしょうか?
実は司馬という家の存在があります。
中国洛陽の貴族が日本に渡来していのです。
蘇我氏は司馬達等(しばたっとう)と付き合いがありました。
鞍作止利(くらつくりのとり)が飛鳥大仏を作ったことがはっきりしています。
飛鳥寺は奈良に都が移った後荒廃して、飛鳥大仏も露仏となり酷い状態です。
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/12/22(土) 07:00:03|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<飛鳥寺 | ホーム | 男のロングスティ成功指南>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。