続・竹林の愚人 知恩寺

知恩寺

知恩寺
知恩寺(ちおんじ) 京都市左京区田中門前町103
浄土宗大本山 長徳山 功徳院  法然上人二十五霊跡第22番札所
百万遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)
長徳山功徳院と号し、浄土宗八総大本山の1つである。
もと加茂社(上賀茂神社と下鴨神社の総称)の社頭とされた今出川の北(今の相国寺の辺り)に賀茂の河原屋と呼ばれる草庵があり、賀茂宮司の懇願により法然上人もこの庵に止宿し、布教の地とした。
上人の死後、勢観房源智上人が尊師を敬慕し、その地に御影堂を建て功徳院智恩寺と名付けたのが当寺の起こりで、賀茂社の神宮寺としての起源を持つ。
元弘元年(1331)、疫病が流行した際、第8世の善阿上人が御所にこもり、7日がかりで百万遍の念仏を唱えて疫病を退散させたので、後醍醐天皇から「百万遍」の寺号を賜った。その後、各地を転々とし、寛文元年(1661)にこの地に移った。
本堂には、本尊として法然上人43才の頃の姿を現したと伝える木像を安置し、その東南の御堂には釈迦如来座像を、西方の阿弥陀堂(念仏堂)には阿弥陀如来立像をそれぞれ祀る。
重要文化財の顔輝筆「蝦蟇鉄拐図」をはじめ、多くの寺宝を所蔵し、墓地には法然上人や源智上人の廟、画家土佐光起の墓などがある。     京都市

知恩寺
御影堂 本尊;阿弥陀如来
堂内には百万遍念仏で回す千八百顆の大念珠が飾られています。

知恩寺
阿弥陀堂

知恩寺
釈迦堂

阿弥陀経石碑
阿弥陀経石碑
宗像大社の阿弥陀経石の模刻。

知恩寺
勢至堂

知恩寺
鐘楼

知恩寺
稲荷社

知恩寺
鴨大神宮

知恩寺
百萬辨財天

圓光大師御廟
念字門

圓光大師御廟
御開山圓光大師(法然上人)御廟

鳥居元忠の墓
鳥居彦右衛門尉元忠主の墓
鳥居 元忠(とりい もとただ・1539-1600) 徳川家康の忠臣。

知恩寺
『都名所図会』
長徳山知恩寺百万遍 は浄土鎮西四ケの一本寺なり。古は加茂の神宮寺にして、慈覚大師の草創なり。
法然上人鴨下上を尊信ありて感応を得給ひ、一宗を弘通し給へり。またある時、鴨皇大神宮懇望ありて、末世衆生のため一枚起請を書かしめ給ふ。
これより当寺を改めて念仏の道場とし、徒弟勢親房源智上人に附属し給ふ。源智上人は当寺の二世にして、備中守師盛の男なり。無双の智者といひ伝ふ。 
後醍醐天皇の御宇に日本大いに疫癘流行て死するもの数しらず。帝これを憐み給ひて諸の祈祷ありといへども更に験なし。
時に当寺の八世善阿上人に勅命ありてこれを祈らせ給ふ。善阿参内して更に余行なく、一七日の間念仏すること一百万遍なり。疫病忽ちに退いて天下安堵す。この時、修する所の大珠数今にあり。
帝大いに叡感ありて号を百万遍と賜はる。この時弘法大師の筆跡利剣の大名号を賜ふ。当寺の什宝なり。 
本堂には元祖大師の像を安置す。本師堂の釈迦如来は慈覚大師の作なり。鎮守は鴨大神宮なり。毎歳葵祭には当寺に於ても法楽の神事を執行あるなり。
堂前の石碑は、建久年中に小松内府重盛宋朝へ黄金を渡さる。その志に感じて襄陽の竜興寺より石刻の阿弥陀経を賜はる。已下二十一字の増字はこの石経を濫觴とす。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/01/29(火) 07:15:43|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<国会図書館の蔵書、無料配信へ | ホーム | 関西日仏学館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク