続・竹林の愚人 願徳寺宝菩提院跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

願徳寺宝菩提院跡

願徳寺宝菩提院跡
願徳寺宝菩提院跡(がんとくじほうぼだいいんあと) 向日市寺戸町西野 例慶公園

願徳寺宝菩提院跡 願徳寺宝菩提院跡
湯屋跡                              湯屋跡  五重塔(推定)

今からおよそ1300年前の白鳳時代、当地付近に本拠地を置いた豪族が五重塔や金堂などの荘厳な仏教建築を造営しました。
この建物は、長岡京の時代に入ると国家が管理する大寺院に整備されました。
「日本紀略」にみえる大同5年(810)、嵯峨天皇の病気回復を祈願した「長岡寺」は当寺院のことであったと思われます。
別名を「願徳寺」といい、鎌倉時代には宝菩提院が併設され、以降は天台密教の道場として発展しました。
織田信長の兵火による焼失を経て慶長8年(1603)に再興しましたが、昭和39年(1964)に廃寺となりました。
そして、昭和48年(1973)京都市西京区において再建されました。
発掘調査で確認された寺院の遺構のなかで、平成15年(2003)に発見された平安時代の湯屋跡はわが国最古の入浴施設として大変注目されます。
東西7.4m、南北2.7mの掘立柱建物内に設けられた直径1.7mの大型竈跡には鉄釜を据えて湯が沸かされ、幅約4mの方形石敷遺跡の上では、湯浴みがおこなわれていたとみられます。
隣接して井戸や排水溝が備わり、現存する寺院の浴室や中世の絵巻物にみえる湯屋と共通するところが多くあります。
本尊であった国宝の木造菩薩半跏像(伝如意輪観世音)と同じ時代の遺構でもあります。
当時の僧侶たちは仏事法会の前にはこの湯屋で汗や汚れを洗い流して心身を清潔にしていたものと思われます。
 平成17年(2005)  向日市教育委員会

願徳寺宝菩提院跡
国宝 木造菩薩半跏像

湯屋
湯屋跡を復原したペーパークラフト

『都名所図会』
寺戸の願徳寺(てらどのがんとくじ) は法菩提院と号す。
宗旨は天台にして、本尊は聖観音なり。
開基は慈覚大師。山門の別院とぞ。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/02/16(土) 07:20:19|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<野比家の借金 | ホーム | 堂ノ前地蔵堂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。