続・竹林の愚人 安養寺

安養寺

安養寺

安養寺(あんようじ) 京都市東山区円山町
旧くより、山号、慈円山の慈を外し、円山として親しまれ公園の名称のもとになった。
時宗に属する。
延暦年間(782~806)最澄(伝教大師)が開創したと伝え、法然・親鸞両上人念仏発祥の地・吉水(よしみず)草庵として有名である。
のち、建久年間(1190~1199)に至って慈鎮(慈円・関白九条兼実の弟)が中興し、安養寺と称した。
その後、次第に衰微したが、至徳年間(1384~1387)には国阿上人によって再興され、以後、時宗に改まった。
境内には、もと六阿弥坊があって、いずれも林泉の美と眺望に富む楼閣を構え、遊客に席を供して風流行楽の域となった。
しかし、明治維新の際に六坊は廃寺され、また火災にあうなど次第に衰弱し、今は門内境内に阿弥陀堂・書院を、飛地の境内(ここから約50m南へ下る)には弁天堂、慈鎮和尚多宝塔を残すだけである。
弁天堂は、慈鎮が叡山から勧請したものといい、技芸上達の祈願の信仰が厚い。
弁天堂の東北隅にある慈鎮和尚多宝塔は、塔身正面に扉を開き、多宝、釈迦二仏が並座する鎌倉時代初期の逸品(重要文化財)である。   京都市

安養寺

本堂

安養寺

本尊:阿弥陀仏

法然上人尊像

法然上人尊像

親鸞聖人尊像

親鸞聖人信決定御満足(しんけつじょうごまんぞく)尊像 昭和14年建立。
承安4年(1174)法然上人43才の時に、叡山黒谷の師の坊、叡空上人の膝下で勉強されたが、善導大師の観経の疏を披見され「一心専念弥陀名号・行住座臥不問時節久近・念々不捨者是名正定之業・順彼仏願故」(常にお名号を称えて、南無阿弥陀仏のお名号を離れないのが、仏道修業者の勤めである。是れは弥陀の本願に叶う道だから)の文を発見され、はじめて信念が固まりました。
経典や自力の修業を捨て、南無阿弥陀仏の念仏ひとすじに生きる浄土門を「撰択」されました。
専修念仏の道に入られた法然上人は叡山を下り最初は西山広谷に住はれ、やがて東山吉水に移り念仏を宣揚。
かくして43才より75才まで、承元元年(1207)の住蓮・安楽の騒ぎで、讃岐に流罪されるまで、吉水を本拠として布教伝道された。
法然上人の門下には、関白九条兼実公、武家では熊谷直実、僧侶ではそれぞれ浄土宗の一派をあみ出した高僧たち、それに阿波介という盗賊もいれば、遊女、白拍子もあつまり、吉水の禅坊は漸次発展して、中・西・東と三坊に拡張された。
親鸞聖人も建仁元年(1201)29才の時に六角堂の観世音の夢のお告げに従って吉水に参入念仏門に投ぜられた。
吉水禅坊は法然上人が流罪の後念仏停止となり、慈鎮和尚が経営され、慈円山大乗院安養寺と号した。
        (吉水草庵安養寺略縁起抜粋)


安養寺

『都名所図会』 円山安養寺(まるやまあんようじ)
長楽寺の北にあり。これも山門の別院にして、伝教大師の開基なり。本尊の阿弥陀如来は安阿弥の作。
建久年中に慈鎖和尚すみ給ふ。その後時宗と改め、国阿上人住職せり。
こゝに盲人源照といふ者、琵琶の妙曲を奏せしかは天聴に達し、後小松院の恩寵を蒙り、紫衣を賂ふ。これ盲人紫衣の始りといふ。
源照はじめより当山に祈暫し、世に名誉あらん事をねがふ。しかうして顧望成就せしかは当寺の本堂を建立す。
吉水の井は鎮守弁才天の傍にあり。慈鎮和尚この地に住み拾ひしゆゑに宮水和尚といふ。
青蓮院宮御代々の法親王灌頂の時、この水を閼伽とし、夜深更に例式の列を糺し来臨し給ひ、御手づから汲ませらるゝといふ。
当山坊中の書院は昇らずして高楼に至り、清奇典麗いはん方なし。
庭中には石を畳んで飛泉を催し、池を鑿りては舟をうかべ、緑樹芳草、四季に花絶えず、蹴鞠の履の音涼しく、中には多蔵魔(眼阿弥)の庭は相阿弥の作なり。
多福庵(也阿弥)の書院の画は雪渓の筆なりとぞ。凡そ洛陽游筵の地多かめれど、この地に勝るゝはなし。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/04/24(水) 06:31:26|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<円山聖天堂 | ホーム | 吉水弁財天堂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク