続・竹林の愚人 難宗寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

難宗寺

難宗寺

難宗寺(なんしゅうじ) 守口市竜田通1-5-2
浄土真宗本願寺派
文明7年(1475)吉崎を退出し、枚方市出口にj光善寺を創立した蓮如上人が文明9年(1477)に守口坊として創立したのが始まりと言われ、慶長16年(1611)には本願寺掛所となり、西御坊と呼ばれるようになりました。
元和元年(1615)兵火によって焼失し、寛永13年(1679)再建されましたが、その後、度重なる風水害などで朽廃したため、文化4年(1807)に再建されたものが現在の本堂であります。
この本堂の平面は完全に左右対称で、典型的な信州寺院本堂の形式がとられています。
また、当寺は、周囲を築地塀で囲み、西南に鐘楼、西面に山門、北に長屋門・太鼓楼を配し、本堂東北に玄関・書院、庫裏を配しており、守口市内の真宗寺院として最も整った構えが残されている重要な文化財であります。
さらに、この寺の境内には、樹齢約500年、高さ約25m、直径約1.5m、枝張り約15mの大きないちょうの木があり、これは昭和50年に大阪府の天然記念物に、そして、昭和55年に市の保存樹木に指定された貴重な樹木であります。
  平成7年3月 守口市教育委員会

難宗寺

本堂 本尊:阿弥陀如来

難宗寺

難宗寺

太鼓楼

難宗寺

鐘楼

難宗寺

明治大帝聖跡  正二位大勲位侯爵松方正義謹書

難宗寺

「難宗寺のいちょう」 大阪府指定天然記念物(昭和50年3月31日指定)
いちょうは中国原産の裸子植物で落葉性の雄雌異株の高木である。
我国にも古くから渡来し、各地の寺社等に植えられた。
本樹は難宗寺境内の本堂西側に所在し、樹高は25mを超え、目通りの直径1.5m(南北の方向に長円形の長軸を示す)をはかる雄株である。
枝張りは幹より南へ約15m、北へ約13m張り出している。
樹齢は葉がやや小型化して老齢化を示し、約400年と想定できる巨木である。
     昭和60年2月  大阪府教育委員会
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/05/15(水) 07:15:31|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<日本の神像 | ホーム | 盛泉寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。