続・竹林の愚人 Makiki Cemetry

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Makiki Cemetry

Makiki Cemetry

Makiki Cemetry  マキキ日本人墓地  1630 PENSACOLA ST Honolulu
1900年代の初めに、ホノルル在留日本人の募金により、先覚者の霊を慰めるために建造された墓地。

Makiki Cemetry

明治元年渡航者之碑
今より約六十年の前明治元年即ち西暦1868年に、日本人150余名が母国より布哇へ渡航して来た。
それより以前にも時々日本からの漂流民があったが、一団となって渡航したのは、此の時が最初であった。
此の一団は「元年者」と称せられ、その内一部の者が帰国したのみで、多くは既に布哇の土と化し、最近数年間にも其の生存者の中吉田勝三郎翁(79歳)は1925年12月ホノルルにて死亡し、佐久間米吉翁(88歳)は、本年3月加哇島リフユにて永眠し、現存者は石井仙太郎翁(94歳)、棚田半造翁(89歳)の2名に遇ぎない。
此等元年者の渡航以来、布哇と日本の関係は極めて密接となり、今日に於て日本人の人口約13万に達せんとしている。
亦以て共の一班を察するに足る。
我等在留民有志が茲に此の碑を建設する所以のもの、全く是れ布哇同胞の草分けである元年者諸氏を永久に記念すると共に、長く此の地の日系市民の為、其の父祖及び先進の努力の跡を偲ばしめ、同時に亦布哇の国土に対する報恩の念を忘れしめぬ為である。
1927年5月8日
  在布哇ホノルル 在留日本人会有志

三界萬霊碑  大正6年8月建之

Makiki Cemetry

日本海軍軍人鎮魂碑     「鎮魂」  海軍大将長谷川清書
  建碑之辞
遠く萬延元年4月1860年、日米修好条約批准書の交換の遣米施設護衛艦咸臨丸が帰国の途次、初めてハワイに寄港して以来、日本軍艦の来航は50数回を重ね、在留邦人の権益擁護と日布親善に寄与した功績はまことに大なるものがあった。
これら旧帝國海軍は各々その任務を全うしたが、中には不運にも任務なかばに病のために倒れた将兵もあった。
当マキキ日本人墓地は明治元年1868年以来、ハワイ開拓日本人移民の縮図ともいうべき由緒有る日本人最古の墓地である。
またこのマキキの日本海軍墓地には、明治9年1876年、日本海軍創設当時の帝國海軍、軍艦初代筑波二等若水夫、荒川又十郎ほか、明治32年までの間に病没者16柱の英霊が埋葬されている。
これが海外における日本海軍最初の墓地であるが、爾来幾星霜、茲に壱百年、墓標は傾き霊域は荒廃し、見るに忍びないものがあった。
依って我々同志相諮り、日本朝野関係各位の賛同と、当地日系有志諸士の協力の下に「明治元年移民渡航者の碑」と共に墓地改修を発願し、ハワイ海域に眠る無名諸英霊をも招魂合祀し、茲に 鎮 魂 碑 を建立、史跡を保存し、記録を永く後世に伝え、以って太平洋永遠の平和と、これら諸霊の冥福を祈念するものである。   合掌
   1971年10月

Makiki Cemetry

ハワイ日本人移民慰霊碑
この記念碑は日本人墓地協会の協賛のもとに官約移民百年祭行事の一環としてオアフ官約移民百年祭委員会によって建立されたものである。
1985年には官約移民がハワイの発展に貢献した偉業に対し敬意と感謝を捧げる行事が常陸宮同妃殿下御臨席のもとに挙行された。
1885年に官約移民第1回船渡来により爾来40年間に22万の日本人移民がハワイに移住する端緒を開いた。
日本人移民はハワイ原住民及び日本人より先に渡来している他国移民とともにハワイ各地の砂糖耕地並びに他の産業に勤務してこれらの発展に寄与し、ハワイの多民族社会設立のため他人種と協力してその基礎を築いた。
日本人移民は職業道徳並びに教育を重んじ、これらの観念を後世に伝えた。
彼等は第二の故郷であるハワイに日本文化をひろめ現在これらはハワイ文化の花と咲き匂っている。
移民はハワイに来てハワイ人が好意的で親切であることを知り、即座にアロハの精神を取り入れた。
この碑の下にはこのマキキ墓地又は他の墓地の無縁の墓の遺骨を集めて埋葬されてある。
最早遺族がゐないので掃除する者、香華を供える者もない墓が多数あった。
それでこれらの墓の遺骨を集めて寄せ墓を建立することになった。
寄せ墓にしておけば、これらの先駆者に対し敬意と尊敬を捧げることが出来るのである。
この碑を創作した職工及びみかげ石は岡山県からである。
初期時代のハワイ原住民によつて蒔かれたアロハの種子は移民によって培われ、彼等の子孫によって永続されてゐる。
アロハの象徴であるこの碑が多国人種間に好意と厚情を永久に促進させることを念願する。
  1986年2月8日  オアフ官約移民百年祭委員会 総委員長 後藤健治氏書

Makiki Cemetry

墓地の上の方には古い墓があり、中でも惹かれたのはモルタル製の釈妙安信女の墓。
裏には親族が書いたと思しtき拙い字で「明治41年3月16日河上ユカ」とあります。

Makiki Cemetry

子供の墓も多く、移民の幼児の死亡率の高さが伺えます。
関連記事

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

  1. 2013/06/04(火) 07:00:31|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<Royal Mausoleum State Monument | ホーム | マヌー流 DHの撮影ポイント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。