続・竹林の愚人 世界が一目置く日本人、残念な日本人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界が一目置く日本人、残念な日本人


世界が一目置く日本人、残念な日本人世界が一目置く日本人、残念な日本人
(2013/02/21)
辺 真一

Amazonを見る

2011年3月4日の日本経済新聞社説になんと「世界に躍進する韓国企業に学ぼう」と題する社説を掲げていたのです。
安価なサムスン製デジタルテレビの攻勢によって、シャープの液晶テレビがたち行かなくなり、シャープは重大な経営危機を迎えています。
日本の家電業界は「サムスンショック」におびえ、大新聞まで「韓国に学べ」と叫ぶ。
しかし、韓国の経済規模は日本の5分の1以下で、経済面では日本が圧倒的に韓国を上回っています。
私に言わせれば、日本人は理由もなく自信をなくしているように見えます。

第2次世界大戦の敗戦から奇跡の復興を遂げ、今日の繁栄を築くことができたのは、間違いなく日本人の勤勉さがあればこそです。
日本人は「言ったことは守る」「相手に迷惑をかけない」といった、生真面目さが特長です。
親切、勤勉、誠実は、日本人のかけがえのない国民性です。
世界中に日本のファンがたくさんいるのも、また日本の震災復興を手助けしようという動きが世界中に広がったのも、日本人の国民性が海外の多くの人に絶賛されているからでしょう。
海外から尊敬のまなざしで見られる国民性を日本人はもっと誇るべきです。

親切、勤勉、誠実に加えて、私は日本の国民性に「忍耐強さ」をつけ加えたい。
アジアにおいて、日本人ほど我慢強い民族はほかにいないと思います。
韓国人にとって、日本人のこの忍耐力の強さは驚異以外の何物でもありません。
日本人のこの忍耐強さは、東日本大震災の際にもいかんなく発揮されました。
被災された人々はパニックを起こすことなく、人々が暴徒化することもなく、泣きわめいたり、半狂乱になることもなく、お互いに助け合いながら、整然と、沈着冷静にしていました。
この日本人の忍耐強さを世界の人々は尊敬と驚愕のまなざしで見ていたのです。

現在、日本と韓国、中国との関係がかつてないほど悪化しています。
しかし、こういうときだからこそ、民間は関係改善に汗を流すべきなのです。
日本、韓国、中国が組んだ新しい観光戦略の立案です。
欧米人が中国を訪れたら、韓国や日本にも足を延ばしてみたい。
しかし、現在はなかなかそのようなことが実現していません。
なぜなら、日中韓の間に連携がないからです。
年間5000万人以上も中国を訪れる観光客にさらに日本に足を運ばせる戦略もなければ、日本への観光客を中国、韓国に招き入れる策もありません。
これは非常にもったいないことです。
アジアが連携すれば、もっと欧米から観光客を迎え入れることができます。
ビジネスチャンスを広げることができるのです。
まずは、観光分野で東アジア共同体を形成すべきです。
関連記事

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/22(土) 15:31:43|
  2. BOOK
  3. | コメント:0
<<集合知とは何か | ホーム | 大津の社寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。