続・竹林の愚人 元素周期表で世界はすべて読み解ける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

元素周期表で世界はすべて読み解ける


元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)
(2012/10/17)
吉田 たかよし

Amazonを見る

元素は、原子炉などで人工的につくられたものを除くと、天然には90種類あまりが存在します。
その中には、健康のために摂取することが望ましい元素と、決して摂取してはいけない元素があります。
周期表を眺めれば、少なくとも次の2つの法則が瞬時に見えてきます。
 ① 周期表で人体がよく使う元素の真下にある元素は、毒性があることが多い
 ② 遷移元素が健康に有益か毒になるかは、周期表の横一行がだいたい同じ
これを最も典型的に示しているのが、グループ12の亜鉛・カドミウム・水銀です。
亜鉛は宇宙にも比較的多く存在しているため、人体も積極的に利用しています。
一方、カドミウムや水銀は宇宙で誕生した量が圧倒的に少なく、人間が文明を持ち鉱物を掘り出すまでは、人体に触れる機会がほとんどありませんでした。
このため、亜鉛は健康のために積極的に取るべき元素になったのに対し、カドミウムと水銀は人体にとって毒となってしまったのです。

カドミウムと水銀は、周期表では亜鉛の真下に位置しています。
このため、外側の電子の軌道がきわめて似ています。
つまり、この3つの元素は化学的な性質もよく似ているのです。
カドミウムと水銀は、化学的な性質が亜鉛と似ているため、亜鉛を吸収するルートに沿って人体に吸収されてしまいます。

人間にとって亜鉛は必要不可欠な元素で、なんと100種類を超える酵素が亜鉛によって活性を高めています。
カドミウムについて真っ先に思い出すのはイタイイタイ病で、神岡鉱山から採れる亜鉛の鉱石に不純物として1%程度のカドミウムが含まれ、これが神通川を流れてきたのです。
水俣病は化学物質の工場で触媒として使われていた水銀が環境中に漏れ出たために起こりました。
四大公害病のうち四日市ぜんそくを除いて、イタイイタイ病、水俣病、第二水俣病の3つもがグループ12の元素が原因だったわけです。

グループ12の亜鉛・カドミウム・水銀に共通した特徴の中で決定的に重要なのは、イオウと結合しやすいということです。
実は、亜鉛が私たちの健康を守ってくれるのも、カドミウムや水銀が私たちの健康を破壊するのも、究極的にはイオウと結合する性質によるものです。
水銀は16世紀から徐々に増え始め、工業化が進んだ18世紀から一気に増加が加速し、1950年代の半ばには、環境中の水銀の量は以前の100倍の量になりました。
メチル水銀は食物連鎖の中で濃縮されていくため、食物連鎖のピラミッドの上位にいる動物ほど、メチル水銀の含有量が多くなる傾向があります。

水娘やカドミウムが体内に入っていくのは、亜鉛を取り込む仕組みに紛れ込むからです。
だから、亜鉛を豊富に摂取すれば、水銀もカドミウムも席取り競争に敗れ、吸収されにくくなるのです。
加工食品を多くとっている現代人は、亜鉛が不足気味の方が圧倒的に多いのが現状です。
亜鉛が含まれた食材をとるということは、水銀やカドミウムの対策だけでなく、亜鉛不足を防ぐ意味でも積極的に取り組むべきです。
亜鉛は、牡蠣や牛肉、ウナギ、ナッツ類に豊富に含まれています。
普段から積極的に取るように心がけることをおすすめします。
関連記事

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/07/17(水) 21:09:57|
  2. BOOK
  3. | コメント:0
<<荒天の武学 | ホーム | 祇園会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。