続・竹林の愚人 赤根神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤根神社

赤根神社

赤根神社(あかねじんじゃ) 長岡京市今里赤根4-214-1
当神社は赤根天神社と称し、祭神は伊弉諾尊・伊弉冊尊を祀っている。
古い昔より、その神徳を願し、地域住民は家内安全、五穀豊饒を祈願して参り、 古い書物や今里自治会館に保存してある古文書にも色々と記録されている。
古老の話などでは、その昔、今里には神輿が1基あって向日神社の御旅所でもあった。
年間の行事には元旦祭を初め、お節会祭・向日神社還行祭・お千度参りなどがある。
その他、五穀豊饒にまつわる祭も盛大に行われている。
現在、神社のお守りは、今里区民が1年交替で毎月1日と15日に本殿や参道を掃き清め、御神酒をお供えし、鎮守の神として区民の安全を祈願している。
近年は、近郷の人々の参拝もとみに多い。        長岡京市観光協会・(社)京都府観光連盟

赤根神社

赤根天神社は、伊弉諾尊・伊弉冉尊を祭神とする。
もとは、井ノ内の旧石田家が奉祀する神社で、応仁の乱で焼失したが、それまでは、この地に石田家の屋敷があり、屋敷内にたつ鎮守社であったという。
現在、赤根天神社は、今里区民の鎮守として奉られている。
今里集落の北端に位置し、社地は南北に長く、南に鳥居をおき、参道は北へのびて本殿・社務所に達する。
本殿は、正徳3年(1713)10月の造営と伝えられるが、蟇股・虹梁絵様などの細部意匠は18世紀前期のもので、正徳3年造営の可能性は大きい。
本殿は、覆屋内に建つこけら葺の一間社流造で、正面に奥行1間の前庇を付けて拝所としている。
身舎は、亀腹基壇の上に土台を据えてたち、正・側面3方に高欄付きの切目縁をめぐらして、正面に浜床を設けている。
身舎内部は2室からなり、内陣正面に板扉、外陣正面に格子戸4枚をたてている。
比較的規模の大きい一間社流造で、全体に堅実な造りとなっている。
本殿には「寛永二歳酉三月日、源平寺町、久右衛門」の刻名のある瓦製狛犬1対を安置している。
また、境内には、宝永6~7年(1709~10)に石田瀬兵衛政永が寄進した石灯籠や石鳥居が現存している。
当社は、在地の土豪の旧鎮守社という由緒も加わって、当地の歴史を語るうえで興味深い存在である。
  平成12年3月   長岡京市教育委員会

赤根神社

祭神:伊弉諾尊・伊弉冉尊

赤根神社

太神宮・天神社
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/07/30(火) 23:19:11|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<乙訓寺 | ホーム | 角宮神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。