続・竹林の愚人 櫛山古墳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

櫛山古墳

櫛山古墳

櫛山古墳(くしやまこふん) 天理市柳本町
天理市柳本町に所在する櫛山古墳は、古墳時代前期後半(4世紀後半)に築造された全長155mの大型古墳で、柳本古墳群を構築する。
墳形は、東西に主軸を持つ前方後円形を基調とするが、前方部とは反対側の後円部先端にも前方部に匹敵する 大型の祭壇を伴うため、双方中円墳と呼ばれている。
昭和23・24年に行われた発掘調査では、この大形祭壇上から排水施設を伴う白礫を敷き詰めた遺構や、白礫層の下部に 赤色顔料と含む砂層を施した方形の土抗などが検出されている。
遺物も鍬方石、車輪関、石釧等の 腕輪型製品や、高坏形土師器の破片が白礫層の上部から出土し、古墳の墓前祭祀に関する遺構が見つかっている。
中円部の頂上に築かれた竪穴式石室はすでに撹乱を受けていたが、全長7.1m、幅1.4mの南北に主軸を持つ埋葬施設で 扁平な石材を用いて石室の側壁を築いている。
石室床面の中央には、石棺を据えたと思われる方形の落ち込みがあり、長持形石棺の一部が出土している。
調査では、石棺を据えてから石室の側壁を築いたものと考えている。
同様な、石室の構造を持つ古墳として、御所市宮山古墳の南石室がある。
櫛山古墳の西側には全長260mの巨大前方後円墳、行燈山古墳(崇神天皇稜)がある。
そうした巨大古墳に隣接して櫛山古墳が造営されていること、石棺を用いた石室の存在、大形祭壇に白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡など特別な印象を秘める櫛山古墳の様子は、この被葬者が行燈山古墳と関係する有力な人物であったことを想像させてくれる。
            天理市教育委員会

櫛山古墳

櫛山古墳
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/08/10(土) 07:10:48|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<行燈山古墳 | ホーム | 水口神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。