続・竹林の愚人 行燈山古墳

行燈山古墳

行燈山古墳

行燈山古墳(あんどんやまこふん) 天理市柳本町
行燈山古墳は天理市柳本町に所在し、龍王山から西に延びる尾根の1つを利用して築かれた前方後円墳です。
現在は「崇神天皇陵」として宮内庁により管理され、アンド山古墳・南アンド古墳を含む周辺の古墳4基が陪塚に指定されています。
map墳丘は全長242m、後円部径158m、前方部幅100mを測り、前方部を北西に向けています。
柳本古墳群では渋谷向山古墳(景行天皇陵)に次ぐ大きさです。
墳丘は後円部、前方部ともに3段築成です。
周濠は3ケ所の渡り堤によって区切られ、前方部側は高い外堤によって囲まれていますが、現在の状況は江戸時代末に柳本藩がおこなった修陵事業によるもので、古墳築造当時の姿とは異なるものになっています。
周濠の護岸工事に先立つ宮内庁書陵部の調査では、円筒埴輪、土器が出土しました。
また、江戸時代末の修陵の際に、後円部周濠の南東くびれ部から銅板が出土したと伝えられます。
残されている拓本によると、片面には内行花文鏡に似た文様が、もう一方の面には田の字形の文様が表現されています。
行燈山古墳の築造時期については、埴輪の特徴や銅板の存在から古墳時代前期後半(4世紀中葉)と想定されています。
柳本古墳群の盟主墳として、渋谷向山古墳(景行天皇陵)とともに重要な古墳です。
                平成23年(2011)3月  天理市教育委員会


行燈山古墳


行燈山古墳

崇神天皇陵

崇神天皇 山邊道勾岡上陵((すじんてんのう やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ)

崇神天皇陵


陪塚い号

陪塚い号 アンド山古墳

陪塚ろ号

陪塚ろ号 南アンド古墳

行燈山古墳
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/08/10(土) 07:15:30|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<伊射奈岐神社 | ホーム | 櫛山古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク